SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠中の暮らし
  4. つわりで吐いてしまうとき、なるべくラクになるコツ【専門家】

つわりで吐いてしまうとき、なるべくラクになるコツ【専門家】

更新

吐き気
deeepblue/gettyimages

何かを食べるとえずいたり、吐いてしまう「吐きづわり」。吐かないまでも、吐きけが続くだけでもつらいですね。そんなとき、少しでも食べるためのコツや、食べるといいもの、吐くときのコツを、つわりの軽減を目的とした研究を行っている、関西医科大学看護学部・岩國亜紀子先生に教えてもらいました。

吐いてしまってもかまわないので、食べたいもの、食べられるものを食べる

吐いてしまうからといって食べたり飲んだりしないと、低血糖になったり、脱水になり、つわりが悪化しやすくなります。吐くとわかっていても、まずは食べられるものをなんでも口にしてみましょう。

どんな食べ物を選ぶといい?

消化の働きが低下しているため、消化しやすいものを選ぶのが基本。吐きけがある場合は、のどを通りやすいもの、吐きやすいものがおすすめです。



●水分を多く含むもの

豆腐、アイス、スープ、ところてん、雑炊、おかゆなど水分を多く含むものは、食道を通りやすく、おすすめ。あまりかまずに食べた場合でものどに詰まりにくく、吐きやすいと考えられます。
そうめん、うどんなどめん類も水分を多く含み、食道を通りやすいです。長いめんがのどに詰まらないようによくかんで食べましょう。しょうゆなどで味つけされていると、吐いた後味がマシになるかも。
ゼリーも水分を多く含み、吐きやすいでしょう。ただ、柑橘系など酸味のあるものは、吐くときに胃酸と相まって後味の悪さを感じやすいことも。

●小さいもの、小分けにしやすいもの

小さめのおにぎり、一口サイズのゼリーなどは、比較的、のどや食道を通りやすいです。

●粘りけがあるもの

納豆、オクラ、めかぶ、とろろなど粘りけのあるものも◎。水分と一緒にとりましょう。何を食べても吐いてしまう場合は、すぐに吐いてしまってもいいので、このようにラクに出せるものを選んで。

しょうがは、吐きけの軽減に効果的

しょうがの成分は弱った消化の働きを調整し、吐きけの軽減が期待できます。おろししょうがティースプーン1杯程度を3日以上食べると効果的。しょうが湯や、炭酸水に入れても。

なるべくつらさを軽減するために、食べたあとや吐き方にもコツが

えずいたり、吐いてしまうのは、心身ともにつらいもの。少しでもつらさを軽減するためには、吐き方に気をつけることも大切です。下記を参考に、少しでもラクになる方法を探してみて!

胃に何か食べ物を入れてから吐く

胃の中に何もない状態で、消化液だけを吐くのはつらいもの。できるだけ胃に何か入れてから吐きましょう。

我慢せずに食べてすぐでも吐く

食べてすぐでも、吐きたいときは無理に我慢せず吐いてみるのも一つ。多少の水分や栄養は吸収されているはず。

吐いたあとはうがいをする

吐いたあとは後味が悪いうえ、胃酸によって歯がダメージを受けることがあります。しっかりうがいをしましょう。

吐いたあとはガムなどをかんで唾液を出す

ガムなどをかむと唾液が出ます。唾液は、胃酸による歯のダメージを防ぎ、修復を促すのに効果的。

食後は横になる

吐きそうで吐かないときは、食後は右を下にして横になるなど、消化しやすい姿勢を。食べ物が逆流する場合は、左を下にして横になったり、上体を起こすと吐きにくくなり、つわり症状がマシになることが。

監修/岩國亜紀子先生 イラスト/德丸ゆう 取材・文/たまごクラブ編集部

つわりのときは、無理せずなるべく休むことがいちばん。食べたものを吐いてしまっても、多少の水分や栄養は吸収されています。ただし、尿の回数が減って濃くなった、体重が妊娠前より5%以上(体重50㎏の人なら2.5㎏以上)減った場合などは、点滴による水分投与が必要な場合も。症状が見られたら受診しましょう。


『初めてのたまごクラブ』2021年夏号には「つら~いつわりを少しでもラクにするコツ!」特集があります。


参考/『初めてのたまごクラブ』2021年夏号「つら~いつわりを少しでもラクにするコツ!」

Amazonで購入する

Amazonで購入する(ハンディサイズ)

楽天ブックスで購入する

楽天ブックスで購入する(ハンディサイズ)

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。