SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. たまひよ用語辞典
  3. 出産・分娩用語辞典
  4. 帝王切開分娩

出産・分娩用語辞典

帝王切開分娩

 赤ちゃんが産道を通り、腟から産まれることを「経腟分娩」といいますが、それに対し、ママのおなかを切って赤ちゃんが取り出されることを「帝王切開分娩」といいます。帝王切開術は赤ちゃんやママの体にストレスをかけず、迅速に赤ちゃんを取り出す安全な手術です。
 帝王切開分娩になるケースは大きく分けて3つあります。1つは「妊娠中から経腟分娩が難しいと判断され、あらかじめ手術日を決めて手術が行われるケース」(予定帝王切開分娩)、2つめは「分娩前や分娩中に赤ちゃんやママになんらかのトラブルが起こり、緊急に手術が行われるケース」(緊急帝王切開分娩)、3つめは「経腟分娩を試みたものの、お産が長引くなどの理由で手術に切り替えるケース」(難産による帝王切開分娩)です。
 帝王切開分娩になる原因で最も多いのはさかご(日本赤十字社医療センターの調査)。また、赤ちゃんになんらかのトラブルが起こった場合(胎児機能不全)や陣痛が弱くお産が進まない場合(微弱陣痛)も上位に挙がっています。
 妊娠中の経過が良好でも、帝王切開分娩になるケースはだれにでもあります。いざというときにあわてないように、基礎知識は頭に入れておくようにしましょう。

よく見られている出産・分娩用語

出産・分娩用語辞典に戻る