SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 梅雨・夏のじめじめ・むしむし… 赤ちゃんがよく眠る3つのポイント【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

梅雨・夏のじめじめ・むしむし… 赤ちゃんがよく眠る3つのポイント【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

楽しいことが大好きなご家族のます。
Choreograph/gettyimages

梅雨の季節は、肌寒い日もあれば、
いきなり気温が高くなって暑い日もあったり、湿気が多くじめじめしたり…と、不快指数が高くなりますよね。このような季節、子どもたちをどんな環境と服装で寝かせればいいのか、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなじめじめ・むしむしの梅雨から真夏の季節に、快適に眠れるコツをアドバイスさせていただきます。ポイントは、室温・湿度と服装の調整です!

日本人初の米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタントの愛波文さんが、米国NYから情報を発信! 

「愛波文さんのぐっすりねんねROOM#27」。

大人が“少し肌寒い”と感じる程度が子どもにはベスト

理想的な室温は、大人が寝室に入ったときに、少し肌寒いと感じる程度です。室温20~22度・湿度40~60%くらいと言われています。けれど、なかなか、この温度に保つのは難しいと思います。そういうときは、室温を上げて、子どもの服装で調整しましょう。

【室温 25~27度・湿度40~60%の場合の服装】

この室温・湿度の場合、子どもの服装は、肌着+半袖のパジャマ(※パジャマは上下つながったタイプでもOK)が基本です。もしくは、肌着+スワドル(おくるみ)でもいいでしょう。暑いと、睡眠の質も下がってしまいますので、なるべく涼しく保ちましょう。

汗をかいていたり、重ね着で暑すぎるのは要注意です。体に熱がこもってしまうと、乳幼児突然死症候群のリスクも上がってしまいます。
とくに、1歳未満の赤ちゃんは着せすぎに注意を。また、寝かせる布団やベットまわりに物を置かないなど、安全性に十分注意をしてください。

寝かせるときの服装の目安

肌着+半袖パジャマ(上下つながったタイプでもOK)

室温は、就寝前に、エアコンなどで調整をすることが大切

子どもを寝かせる寝室が暑い場合、エアコンなどで室温を整えます。ただし、冷たい風が子どもの体に直接当たらないよう、風向きを調整したり、エアコンの風よけを使用したりなど、調整してください。

就寝1時間前に25度に設定を。就寝後は2時間で切れるように調整

子どもとママ・パパ、家族全員が夜通し快適に睡眠がとれるように、エアコンで室温を整えます。

寝室は、就寝1時間前に25度ぐらいに設定。その後、就寝時は27度ぐらい・湿度は40~60%に調整します。そして就寝後は、2時間後にエアコンが切れるよう、タイマー設定をしてみましょう。
(※熱帯夜など、寝苦しい場合は夜通しエアコンをつけていてもかまいません)
朝方、暑いときは、目覚める前の30分~1時間前くらいに、エアコンがつくように設定しておくのもいいでしょう。また、エアコンをドライに設定すると、室内の湿度を下げることもできます。

サーキュレーター(扇風機)も 上手に活用して

子どもを寝かせる寝室に、エアコンがないご家庭の場合は、寝室と隣の部屋の間にサーキュレーター(扇風機)を置き、寝室に風が入ってくるように調整してみてください。

サーキュレーター(扇風機)は、エアコンと併用するのもおすすめです。サーキュレーターはエアコンが背になる位置に置き、風が体ではなく足元の方に向くように調整します。部屋の空気を循環させるようにするのがポイントです。
就寝前にタイマーを設定し、自動で切れるようにするといいでしょう。

通気性のいい寝具を選んで。汗をかいていないかの確認も

就寝用の衣類を調整することは大切ですが、寝具も注意しましょう。
タオルケットやかけ布団類は、通気性のいいものを選びましょう。シーツはコットンだと通気性がよく、洗濯もしやすいのでおすすめです。
大人も暑いと寝苦しくなりますが、子どもも一緒です。

暑いのか、適温なのかがわからない場合、お子さんの背中に手を入れて、汗をかいていないか確認してみてください。
背中やおなか、頭などに汗をかいていたら暑すぎるサイン。着せすぎていないか確認し、室温を一度下げるなどすると、快適に寝られるかもしれません。夜中にグズグズしたときなどは確認して調整してみてくださいね。

また、人は寝ている間に汗をかきます。とくに暑い季節は夜間の熱中症を防ぐためにも、寝る前の水分補給を意識しましょう。
赤ちゃんは、寝る前に授乳や水分補給をしますが、大人は水かスポーツドリンクを寝る前に一杯飲むといいでしょう。とくに電解質の入った飲み物は、体内に水を保持する性質があるので、水分不足の状態を防げます。これからの季節、室内でも熱中症になることがあるので注意してください。

今年も猛暑ともいわれています。まずは、室内環境を整えて、家族みんなで快適な睡眠がとれるようにしてみましょう。住居環境によっては、寝る場所や電化製品の種類を変更することも1つの方法かもしれません。いろいろ試して、夜ぐっすり眠れる方法を見つけてくださいね。


文・監修/愛波 文さん イラスト/眠井アヒル 構成/ひよこクラブ編集部

「子どもの睡眠コンサルタント 愛波文」に関する記事はこちら

愛波 文さん(あいばあや)

Profile
日本人初 乳幼児睡眠コンサルタント。
IPHI日本代表。Sleeping Smart Japan株式会社代表取締役。慶應義塾大学教育学専攻卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、企業やイベント講演を行うほか、子どもの睡眠に悩むママ・パパ向けのSleeping Smart子育てサロン、睡眠・子育て・教育について配信する愛波LIVEを運営。IPHIと提携し、オンラインで妊婦と乳幼児の睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。著書に「ママと赤ちゃんのぐっすり本」(講談社)「マンガでよむ ぐっすり眠る赤ちゃんの寝かせ方」(主婦の友社)、監修書に「ママにいいこと大全」(主婦の友社)がある。

■Home Page

■Instagram@aya_aiba

■Twitter

■YOUTUBE 愛波文 ねんね&教育チャンネル

■おすすめ記事
【動画】背中スイッチOFFはそもそも難しい!?プロに聞いた赤ちゃんの睡眠

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。