SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 「赤ちゃんはちょっと薄着」のほうが質のいい眠りに【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

「赤ちゃんはちょっと薄着」のほうが質のいい眠りに【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

写真はイメージです
Yuricazac/gettyimages

だんだんと寒くなり、乾燥も気になる時期になりましたね。冬は、赤ちゃんが寒くないようにと、寝るときにもつい厚着をさせてしまうママやパパが多いよう。けれど、質のいい睡眠のためには、実は厚着は逆効果なんです。 
何をどれくらい着せればいいのか、目安を紹介します。

日本人初の米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタントの愛波文さんが、米国NYから情報を発信! 
「愛波文さんのぐっすりねんねROOM#22」

室温は“親が寒い”くらいがちょどいい!

赤ちゃんがぐっすり眠るためには、親が寝室に入ったときに、肌寒いと感じるぐらいが理想です。

アメリカの国立睡眠財団は18度~19度前後をおすすめしていますが、私が実際に試したところ、この温度では寒すぎて眠れませんでした。ですので、目安としては、約20度~22度とお伝えしています。これでも、かなり寒く感じる方もいらっしゃると思います。
「22度でもかなり寒い」「20度でも日ざしが入ってくるので暖かい」など、ママ・パパの体感温度はさまざまです。

とにかく覚えておいてほしいことは、「親が寝室に入ったときに、肌寒いぐらいがちょうどいい」ということ。
そのほかのポイントとして、「赤ちゃんが夜中に起きたとき、背中や頭に汗をかいていたら暑すぎる」と覚えておきましょう。

肌着+カバーオール+スリーパー(もしくはおくるみ)が目安

室温の目安がわかっても、実際に「室温がどれくらいのときに、何を着せたらいいの?」という悩みが出てきますよね。
世界でもっとも有名な赤ちゃんのサイト「Baby Center US/UK 」で掲載されている内容を参考に私が日本語でまとめてみました。参考にしてみてください。
【室温別 夜のねんね時に着せるアイテムの目安】

●室温が20度~23度

【肌着+カバーオール+おくるみまたはスリーパー ※寝返り前はおくるみ(スワドル)/寝返り後はスリーパー】が目安です。

できれば、衣類やスリーパーの素材はコットン100%がおすすめです。
室温が23度くらいまでの場合、スリーパーの素材は通年タイプでOKです。


●室温が24度~25度以上

【肌着+カバーオール】または、【肌着+夏用の涼しい生地(ガーゼ1重または2重タイプ)のスリーパー】が目安。カバーオールは着せなくてもいいでしょう。

●室温が25度以上
【肌着+カバーオール】でスリーパーは着せません。また、赤ちゃんがカバーオールよりも、おくるみやスリーパーのほうを好む場合、ロンパースは脱がせ、【肌着+スリーパー】のパターンでもOK。

海外では、かけ布団は使わず、おくるみやスリーパーを活用するのが安全と言
われています。まだ日本では、かけ布団を使用することが多いようですが、
かけ布団は窒息の原因にもなりますので、使用は控えましょう。

肌が弱い子やアトピー性皮膚炎がある赤ちゃんに関しては、肌トラブルを防ぐためにも、直接肌に触れる衣類やスリーパーは、オーガニックコットンの生地がおすすめです。
私の次男はアトピー性皮膚炎で、2歳ぐらいまでときどき肌がかぶれたり、かゆがったりすることがありました。
保湿は徹底していましたが、寝るときのスリーパーはオーガニックコットンを着用。かゆがったりすることはなかったです。

居住地域によって環境が異なるので、気温の差が大きいものです。何より、いちばん大切なことは、“赤ちゃんが暑くなりすぎないことを心がける”ということ。目安を参考にしつつ、赤ちゃんの肌に合う寝具を選び、眠る環境を整えてあげましょう。

文・監修・図版提供/愛波 文さん 構成/ひよこクラブ編集部


愛波 文さん(あいばあや)
Profile
乳幼児の睡眠コンサルタント 『ママと赤ちゃんのぐっすり本』(講談社)著者。『ママにいいこと大全』(主婦の友社)監修。 日本人初 乳幼児の睡眠コンサルタント。APSCアジア/インド代表。IPHI日本代表。Sleeping SmartJapan株式会社代表取締役社長。Sleeping Smart Consulting LLC代表。慶應義塾大学卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、企業やイベント講演、子どもの睡眠に悩む保育者のコンサルティング、日本人向けに睡眠を専門とするSleeping Smart®子育てサロンと睡眠・育児について配信を行うぐっすりLIVEを運営。IPHIと提携し、オンラインで妊婦と乳幼児の睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。 


■Instagram:aya_aiba
■Twitter:@sleepingsmartJP
■Home Page:公式サイト
■YOUTUBE:愛波文 ねんね&教育チャンネル

■おすすめ記事
【4歳の質問期】こそ、考える力を伸ばす絶好のチャンス!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。