SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 親のストレスがゼロに!6時前に起きる“早朝起きベビー”の睡眠を整える7つのコツ【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

親のストレスがゼロに!6時前に起きる“早朝起きベビー”の睡眠を整える7つのコツ【米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント】

冬の朝の白い明るい寝室で愛らしい男の子
tatyana_tomsickova/gettyimages

赤ちゃんや子どもが早起きなことはいいけれど、早朝過ぎて大変!とお悩みの方もいるのではないでしょうか? さすがに朝の4時や5時に子どもが起きると、親は朝からぐったり疲れますよね。そこで、今回はそのような子どもの“早朝起き”の原因と対処法をご紹介します。

日本人初の米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタントの愛波文さんが、米国NYから情報を発信!  「愛波文さんのぐっすりねんねROOM#28」。

6時から“朝”と考えて。 夜の睡眠は約10時間が理想です

乳幼児の睡眠コンサルテーションでは、朝6時前はまだ夜、6時を過ぎたら朝という判断をしています。朝6時でも早いと思う方がいらっしゃるかと思いますが、朝6時に赤ちゃんや子どもが機嫌がよく元気な場合は、十分睡眠が取れているため、起きても問題ありません。

親の都合で、朝6時前に起こさないといけない場合は、もちろんそれでもかまいません。けれど、1週間くらいの期間を平均して、夜は10時間ほどぐっすり寝られていることが大切です。
赤ちゃんや子どもは朝6時~7時ぐらいに、親が起こさなくても自然と自分で起きるのが理想です。とくに小学校にあがるときに、これはものすごく大事になってきます。

“早朝起き”の原因を見つけましょう

まず、赤ちゃんや子どもが早朝起きをする理由を考えてみましょう。主な原因は以下の7つです。複数当てはまることもあるので、確認してくださいね。原因を取り除くこと=解決策となります。

【原因1&対策】朝方、寝ている部屋に光が入っている

わずかな光であっても、反応して起きてしまう子はいます。もし「光に反応しているかも」と思ったら、完全に真っ暗にしてみてください。遮光カーテン(一級)、マスキングテープなどのグッズを使用するのもいいですよ。

【原因2&対策】早朝に、何かの音がしている

朝方は、徐々に睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が少なくなってきて、浅い睡眠になってきています。そのため、ちょっとした音でも、赤ちゃんや子どもは起きてしまうことがあります。その場合、音を消すために、赤ちゃんや子ども向けの睡眠の質を高める音“ぐっすりノイズ”(ホワイトノイズ)を動画サイトなどで探して使用してみましょう。

【原因3&対策】 暑すぎるか、寒すぎる

暑すぎても寒すぎても、目が覚めてしまいます。子どものおなかや背中などの体幹を触り、汗をかいていたら暑いサイン。衣類で調整したり、エアコンをつけてあげましょう。睡眠に適している室温は、親が肌寒いと感じる20~22度が最適です。(※そのときの服装の目安は下着+ロンパース+スリーパー)
反対に、体幹がひんやりしていたら寒いサイン。スリーパーを着せる、エアコンで調節する(20~22度が目安)などしてみましょう。

【原因4&対策】夕寝(昼寝)から夜の就寝までの活動時間が長すぎる

夕寝(昼寝)から夜の就寝までの活動時間が長すぎると、脳が興奮した状態で寝るため、ゆっくり休むことができません。それが早朝起きの原因につながることがあります。
赤ちゃんや子どもの月齢・年齢ごとに、下記の表を参考に活動時間を調整してみましょう。
たとえば、赤ちゃんが6カ月の場合、活動時間が約2時間から2時間30分なので、起きてから2時間30分で寝ている状態がベストです。ということは、寝かしつけは起きてから2時間ぐらいたったときから始める必要があります。

出典:ママと赤ちゃんのぐっすり本 画像提供:愛波 文さん

もっと早く知りたかった! 「睡眠の土台」こそ赤ちゃん寝かしつけの肝。米国IMPI公認・乳幼児睡眠コンサルタントがその秘訣を語る

【原因5&対策】子どもが起きてからの対応が日々異なる

たとえば、ある日は赤ちゃんが起きてすぐ授乳したり添い寝をしたりする、別の日は、起きたらリビングに連れて行って遊ばせるなど、毎日の対応が一貫していないと、“早朝起き”が普通になってしまいます。
また、起きたらすぐに授乳すると、それが癖になってしまっていることも。

赤ちゃんや子どもが早朝起きをしても、「朝6時までは夜」と伝えるため、部屋は暗くしたまま、寝室で過ごしましょう。

【原因6&対策】朝起きてから、次の睡眠時刻が早すぎる

個人差はありますが、一般的に9カ月ぐらいから、8時前の朝寝は一日の睡眠スケジュールを崩してしまいますので、おすすめしていません。
ただ、5~6カ月ぐらいまでは、朝寝が7時30分や8時くらいになっても大丈夫ですので、あまり気にしなくてOKです。7カ月ごろからは6時までは寝かせ、目が覚めたらそのまま活動させるのを目標にしましょう。

【原因7&対策】就寝時刻が早すぎる

就寝時間が早すぎる場合、早朝に起きてしまうことがあります。就寝時刻を30分ぐらい遅くしてみると、起床が少し後ろ倒しになり、解決策につながることがあります。夜の就寝時間の目安は、19~21時くらいです。各家庭環境に合わせて調整してOKですが、できるだけ毎日同じくらいの時間に寝かせることがポイントです。

早朝起きが続いている場合、赤ちゃんや子どもの体内時計の調整が必要になってくるので、改善には2~3週間、もしかしたらそれ以上かかるかもしれません。あせらず、コツコツ続けていきましょう。できるだけ早い時期から改善していくと、調整もスムーズにできますよ。


文・監修/愛波 文さん 構成/ひよこクラブ編集部

子どもの睡眠コンサルタント 愛波文に関する記事一覧はこちら

愛波 文さん(あいばあや)

Profile
日本人初 乳幼児睡眠コンサルタント。
IPHI日本代表。Sleeping Smart Japan株式会社代表取締役。慶應義塾大学教育学専攻卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、企業やイベント講演を行うほか、子どもの睡眠に悩むママ・パパ向けのSleeping Smart子育てサロン、睡眠・子育て・教育について配信する愛波LIVEを運営。IPHIと提携し、オンラインで妊婦と乳幼児の睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。著書に「ママと赤ちゃんのぐっすり本」(講談社)「マンガでよむ ぐっすり眠る赤ちゃんの寝かせ方」(主婦の友社)、監修書に「ママにいいこと大全」(主婦の友社)がある。

Home Page

■Instagram:@aya_aiba

■Twitter:@aya_aiba

■YOUTUBE: 愛波文 ねんね&教育チャンネル

■おすすめ記事
【動画】背中スイッチOFFはそもそも難しい!?プロに聞いた赤ちゃんの睡眠

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。