SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 「赤ちゃんのうんちに何かが混ざっている?!」これって大丈夫?Q&A【小児科医】

「赤ちゃんのうんちに何かが混ざっている?!」これって大丈夫?Q&A【小児科医】

更新

うんちは健康のバロメーター。赤ちゃんのうんちを観察していると、時々何かが混ざっていることが!「うんちに何かが混じっている!大丈夫?」というママ・パパの疑問や不安について、小児科医の吉永陽一郎先生に聞きました。吉永先生は「赤ちゃんのうんちは、赤ちゃんのおなかからのお手紙です」と言います。

赤ちゃんのうんちは健康のバロメータ―。うんちの様子はよく観察しましょう

赤ちゃんのうんちは、胃腸の働きの発達とともに特徴が変化します。

生まれてすぐの赤ちゃんのうんちは、胎便と呼ばれ、黒緑色でどろっとしています。生後数日で、やまぶき色や黄色、淡い茶色、明るい緑色などに変化します。

2カ月ごろまでは水っぽくゆるめのうんち。3カ月ごろから胃腸の働きが発達するにつれ、栄養や水分がより体にしっかり吸収されるようになるため、泥状の便や軟便になります。

5カ月を過ぎ、離乳食が始まると、食べたものの影響を受けるように。うんちの色が少しずつ茶色っぽくなりますが、食べたものによって色が変わることも。

離乳食が1日3回になる9カ月ごろになると、大人のうんちに近づき、さらに茶色っぽくなります。やわらかめですが、固形状に近づいてきます。

1才を過ぎると、ほぼ大人のうんちと同じ形状に。卒乳・断乳すると、さらにうんちがかたくなることあります。

赤ちゃんのうんちは、体調のサインがたくさん現れる“健康のバロメーター”として大切なもの。うんちのときのおむつ替えは、赤ちゃんの体調を観察できるチャンス!様子をしっかりチェックしましょう。

うんちに白いつぶつぶが混ざっていてびっくり!(1カ月)

【吉永先生より】
白いつぶつぶは、赤ちゃんが飲んだ母乳やミルクの成分の中で、体内に取り込まれなかった脂肪分やカルシウムなどがかたまったもの。

低月齢のころによく混ざることがあり、とくに問題ありません。

半透明のゼリー状の粘液がうんちに混ざっている! これは何?(8カ月)

【吉永先生より】
腸内の粘液が出たものでしょう。うんちをスムーズに運ぶために、腸内には腸液という潤滑剤代わりのゼリー状の粘液が分泌されています。まれにうんちと一緒に出てくることがありますが、とくに問題ありません。

様子を見ていていいですが、頻度が多い場合は受診しましょう。

食べた食材がそのままうんちに出てきました。大丈夫?(10カ月)

【吉永先生より】
わかめやコーンなど、消化されにくい食材は、うんちにそのまま出てくることが。赤ちゃんにはよくあることなので心配ありません。

とくに離乳後期(9~11カ月ごろ)は、食材のサイズやかたさを徐々に大きく・かたくしていく時期ですが、そしゃく力が未発達で食材をまる飲みしてしまうことも。そのため、消化しきれなかった食材がそのまま出てくることも多いころです。

ただし、せっかく食べても、食べたものがそのままの形で出てくるのなら、その栄養は体に吸収されていません。続くようなら調理のしかたを見直すといいでしょう。

うんちが黒いときは、血が混ざっているって本当?(1才)

【吉永先生より】
色だけでは血なのか、黒っぽい食材が混ざって出てきたのか判断が難しいですが、一般的に口の中や食道、胃など、消化管の口に近いところからの多めの出血は黒くなってうんちから出てきます。鼻血をたくさん飲み込んだときも同じです。

一方、肛門に近いところからの出血の場合は鮮血で出てきます。
細菌による腸炎や肛門に比較的近い腸からの出血など、腸の途中での出血は、うんちに混ざりこみ、色では判断できないことがあります。
肛門近くや肛門自体が傷ついているのであれば、うんちと血がはっきり区別できたり、うんちの外に血がついたりします。

いずれも症状が続く場合は受診しましょう。

うんちに黒い繊維状のものが。バナナの筋のようですが、食べさせていません…(1才)

【吉永先生より】
たしかにバナナなどの果物や野菜などが繊維だけ残ってうんちに出てくることがありますが、食べていないんですね。
わずかな出血が繊維のように見えたのかもしれませんし、赤ちゃんの腸の古い粘膜組織がうんちに混ざって出たのかもしれません。

赤ちゃんの機嫌がよく、食欲不振や嘔吐、下痢などの症状がなければとくに心配ありません。ただし、続く場合は受診しましょう。

監修/吉永陽一郎先生 写真/鏑木希実子 イラスト/おおたきょうこ 取材・文/ひよこクラブ編集部

赤ちゃんのうんちは、体調の変化を知る大切な目安の一つです。いろいろなものが混ざって出てくると親はびっくりしてしまいますが、心配ないケースもあります。うんちだけで病気かどうかをすぐに判断するのは難しいこともありますが、「うんちがいつもと違う」と思ったときは、必ず全身の様子を要チェック。ほかに症状がないか確認してみましょう。


参考/『ひよこクラブ2021年11月号』「赤ちゃんのうんち なんでも大事典」

ひよこクラブ2021年11月号

Amazonで見る

楽天ブックスで見る

■おすすめ記事
きっかけがあればスムーズに! 1歳・意欲、知的好奇心の伸ばし方

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。