SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 篠田麻里子 「“自分の人生は自分で決める” 娘にもそういう人生を歩んでほしい」

篠田麻里子 「“自分の人生は自分で決める” 娘にもそういう人生を歩んでほしい」

更新

篠田麻里子さんの連載vol.8。篠田麻里子さんに、毎日の赤ちゃんのお世話や家事のことなどを毎月さまざまにお話しいただきます。“めいちゃんと一緒にいちにちいっぽ”連載の第8回目は、習い事について。5カ月から、自発性や個性をはぐくむ機会になればと、習い事をスタートすることに。無理にさせるのではなく、本人が楽しめることを基本にしているのだそうです。

集中力を養い、好奇心を伸ばすべく、体と脳の発達を促す教室へ

私が父から教えられたことの1つが、“自分の人生は自分で決める”ということ。めいちゃんにもそういう人生を歩んでほしいと思い、「子どもの自己教育力を信じ、自発的行動を促す」モンテッソーリ教育を掲げている英語の体操教室に5カ月から通うことに。本人が嫌がったらやめよう、くらいの軽い気持ちで始めたのですが、とても楽しそうなので、今も続けています。家や公園にはない教具で遊んだり、1人で滑り台を上り下りしたり。集中力がついたのか、1人で上手に遊べるようにも。

また、何回か会ったことのあるお友だちを見つけると、自分から駆け寄るなど積極的になったみたい。英語教育にも関心があったのですが、友人から「この体操教室で興味を持てれば、自然に話せるようになるよ」とアドバイスを受けたので、英語だけの習い事を増やす予定は今のところありません。

その後、1才から通い始めたのが幼児教室。脳を刺激するフラッシュカードや指先トレーニングをめいちゃんは楽しんでいますが、見ている私は疲れちゃいます(笑)。

同じくらいの月齢のママたちと育児の悩みを共有できるのも◎

どちらの習い事でも、先生方が豊富な知識と経験を駆使して、めいちゃんの可能性を最大限引き出してくれているのを感じます。
また、私にとってのメリットも。それは、子どもが同じくらいの月齢のママたちと悩みや不安を共有できること。話すことで気持ちがスッキリするし、共感してもらえることで、とても安心できるんです。活発なめいちゃんとの移動は体力を使いますが(笑)、親子それぞれ「楽しい!」と思える間は続ける予定です。

【プチ♡めいちゃんDIARY】

篠田さんにめいちゃんとの日々の様子をレポートしてもらいました。

椅子に座ってお話を聞いてます

幼児教室では工作をすることも。まわりのお友達からも刺激をもらっています。

バイリンガルキッズアートに挑戦

初めての絵の具に苦戦(笑)。詳しくは、私のYouTubeチャンネルをご覧ください♪

ベビーモンテ教具で遊ぶめいちゃん

約7カ月ごろのめいちゃん。月齢や発達に合ったモンテッソーリ教育の教具でお遊び中。

撮影/藤原 宏[Pygmy Company]
スタイリング/河西真弓
ヘアメイク/奥川哲也
取材・文/三宅桃子 構成/ひよこクラブ編集部

衣装協力/パサンド バイ ヌキテパ青山(篠田さん)

篠田麻里子(しのだまりこ)

PROFILE
1986年3月11日生まれ。2013年にAKB48を卒業後、女優、タレントとして幅広く活躍中。19年に一般男性と結婚、20年に第1子女児を出産。YouTubeチャンネル:篠田麻里子ん家
3月末に開設したインスタグラムの新アカウント(shinomama_diary)では、子連れで気軽に行けるお店や宿、お出かけスポットを紹介。ぜひチェックしてみてください!

■おすすめ記事
共働きでも、家庭できる! 1歳の力を引き出す3つのポイント、「好きの見つけ方」

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。