SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 俳優・敦士「史上最強にエグいつわりが妻を襲い…食べ物の救世主はコレだった」

俳優・敦士「史上最強にエグいつわりが妻を襲い…食べ物の救世主はコレだった」

更新

2022年6月、46才で第2子が誕生した俳優、敦士さん。かつて人気番組「めちゃ×2イケてるッ!」での体当たりのパフォーマンスが話題となった熱血パパです。プライベートではドタバタの妊娠・出産ライフが繰り広げられていたようで…?連載2回目では、いよいよ2人目妊娠によるつわりが始まった妻とのエピソードです。

史上最強にエグいつわりが妻を襲いました

つわりで体重激減中の妻

もう一度、言います。

史上最強にエグいつわりが妻を襲いました。「妊娠悪阻(おそ)」というやつは、字のとおり、マジで「悪」です! 

実は妻はつわりがきついタイプ。上の息子のときもかなりひどかったのですが、2人目のつわりは、そんなもんじゃなかったんですよ。

つわりが始まると、ただ水を飲んだだけでも吐きまくっていました。固形物は無理ですし、ゼリーなんかも無理。食べられないから吐くものがなくて胃液を吐き、その胃液でのどが荒れると今度は血を吐き出し…。

本当に吐きまくっていて、最終的には胆汁を吐いてました…。水が飲めないから、氷をなめて水分補給をする状態。

そんなふうに何も口に入れられないので、みるみる身体はやせていきます。普段の体重から9kgが消えました。9kgですよ?「こんなんで赤ちゃんは育つの?」と思いましたし、「その前に、妻が死んでしまうかも」と本気で心配してしまうくらいガリガリになっていました。

あまりにひどかったので、しばらく産婦人科で点滴を打ってもらい、栄養を補っていましたが、先生いわく"飢餓状態"とのこと。妻がかわいそうでなりませんでした。

なのに、そんなときも、男は何にもできない。代われるなら代わってあげたい!でも代わることもできません。「ゔぅ〜、ゔぅ〜」と、しんどそうに耐える妻を心配そうに見守ることしかできないんです。立つこともできず、はいつくばってトイレに吐きに行く妻を介助しながら、「神様、どうか妻を助けてください!」と、ずっと祈っていました。

自分の無力さが情けなかったです。

とてつもない偏食がスタート!「救世主」となる調味料を探す日々

つわり中に試した調味料の数々

吐き続ける毎日が長く続いて、やっと少しずつ食べ物を口にできるようになりました。多少味の濃いものを食べられるようになったと思ったら、今度はとてつもない偏食に!

今まで大好きだった、カレーなどの香辛料を使った料理、日本の文化のおだし系はにおいもダメ。魚を焼く、肉を焼くときのにおいもダメ。

そんな中、まず見つけた救世主は「マヨネーズ」でした。

これまで食べられなかったものを食べられるようにしてくれたんです、マヨネーズが!ただ、妻がかけるその量がとんでもなくて若干、引きました(苦笑)。サンドイッチやサラダにこれでもかっていうぐらいかけて食べる。マヨネーズがないと食べられなくなるから、常に4、5本はストックしていましたね。

次なる救世主は、辛いもの。いろいろ試してみた結果、最終的に救世主として選ばれたのは「タバスコ」でした。

グラタンにピザ、オムライス。そこにドバドバーーッとかけまくって食べる。「そんなにかけたら料理の味、しなくない?」ってくらい、かける、かける、かける!辛いソースも世の中にはたくさん種類があって、品ぞろえのいいKALDIに通いまくりました。タバスコは3日に1本は使っていましたね。たぶん、メキシコ人より摂取してたんじゃないかな。本当に「おなかの中の子は大丈夫なの?」って心配になるくらいかけていました。

ただ、ソースで味変しても、食べられる量は限られていたんです。

そして、食べてはまた吐く。その繰り返しでした。

※極端に辛いものは胃に負担がかかるため、妊娠中の体調管理のためにも食べ過ぎには注意しましょう。

夜中の救世主「ミンティア」あらわる

就寝時の妻は、胃酸が逆流しないように、基本2つ枕で頭を高くして寝ていました。妊娠中は熟睡できてなかったんじゃないかな?夜中、僕が目を覚まして見るとほぼ起きてましたから。

妻にとっての夜中の救世主は「ミンティア」の青いやつ。それさえ口に入れておけば、気持ち悪さから少しだけ逃れられたそうです。ミンティアを切らした夜は吐きまくっていましたから、ミンティアも大量にストックしていました。

結局、症状は軽くなっていったものの、出産までつわりが続き、満足な量はずっと食べられませんでした。食べなきゃいけないのに食べられないから、きっと精神的にも追い込まれていたのではないかと思います。

そんな状態でも、僕が地方の仕事で週に何回も留守にするときは、しっかりと息子の面倒をみてくれていました。においもダメなのでマスクを3重にして料理を作り、お弁当を作り、幼稚園の送り迎え、習い事の送り迎えをやってくれていました。感謝という言葉だけでは、感謝しきれません。

それにしても、つわりって何なんですかね?
なきゃダメなんですか?

痛み止めの薬みたいに、妊婦さんでも飲めるつわり止めみたいなものはないんでしょうか? 少し楽になる吐き止め薬みたいなものはあるようですが、すごく効く薬があればいいのに、と思います。つわりに苦しめられている妻をみながら、何もできない男が思ったことです。

次はだんだん大きくなる妻のおなかに息子が反応し、彼が変わっていくお話をしたいと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!

新幹線でたまひよ連載、執筆中

文/敦士 構成/たまごクラブ

敦士(あつし)

PROFILE                                                 1976年生まれ。岐阜県出身。モデルとして活動していたが2010年にフジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」新メンバーに選出。その後、俳優・モデルとして活動中。東海テレビ「スイッチ!」金曜ロケ企画(昭和すいっち)、仙台放送「あらあらかしこ」、tvk 「LOVEかわさき」などレギュラー番組多数。2012年にモデルの結花子と結婚。YOU TUBEチャンネル「敦士のクローゼット」もマイペースに更新中! ●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。