1. トップ
  2. 子育て・育児
  3. 出産・子育て現場だけじゃない! 妻たちが見た「うちのインティライミ」

出産・子育て現場だけじゃない! 妻たちが見た「うちのインティライミ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iStock.com/AndreyPopov

鈴ノ木ユウ原作、産婦人科を舞台にしたドラマ『コウノドリ』。出産にまつわるさまざまなテーマをリアルに描き、第2シーズンとなった今作も多くの視聴者を獲得しています。

その中で話題になっているのが、第1話でナオト・インティライミが演じた自称イクメンの夫。口先ばかりでまったく妻を手伝わない姿に、世の妻たちからは「うちにもいる!」と話題に。Twitterでは「#うちのインティライミ」なんてハッシュタグも誕生しました。もちろん口コミサイト『ウィメンズパーク』にも、そんな「うちのインティライミ」がいっぱい存在しています。

「携帯ゲームが大好きな夫。2人目が生まれる時には、ゲームは少し控えると約束したのに、最近家の中ではゲームか寝ているかです。外出先でまでゲームをしている時があり、子どもも呆れています」

「子どもとチャンネル争いを、真面目にするなよ……おっさん。何もリアルタイムでテレビアニメ見なくても良いですよね。そのために、録画機能があるんでしょう。情けない」

“夫は長男”とよくいいますが、もうひとりの大きな子どもがいるようですね。お子様から呆れられるまでいくと、父としての威厳はもはや形なしでしょう

「扇風機を片付けている私を横目に、息子と二人でテレビゲームをしている夫。多分『お願いと言ってくれたらやるのに』と言うでしょう……でも、言われないとせんのかい(怒)と。家のことは全て私がやるのが当たり前になっているようです」

「夫が引っ越しを機に、家のことを何もやらなくなりました。衣替え、子どもがおねしょした時の対処、掃除機のゴミ出しといった日常の家事以外も全て私。夫が共働きのメリットだけ受けていて、責任を果たしていないようで、本当に腹が立ちます」

「旦那あるあると思いますが、家事、育児、こちらが指示するまで何も手伝いません。もう、指示することに疲れて、休日旦那のいる日は空気扱いしてしまいます。家事育児以外に、教育も全部私任せ。残念ながらATMとしか思えません。熟年離婚が頭をよぎります」


誰かがやってくれると思っている系の旦那様たち。やればやるほど、ますます自主的に手伝ってもらえなくなるという悲しいループも起こりがち。お金を稼いで家事もしてくれる……妻だってそんな人が欲しいのです。

「3才と1才の息子たちと動物園に行った時のこと。夫は、『ちんたらと歩いているし、面白くない。俺はもう帰るから勝手に行けば』と、子どもに付き合いもせず、1人で歩いて先に行ってしまったんです。自分勝手で幼稚な発言に悲しくなりました 」

人混みが嫌い、めんどくさいなどいろいろな理由で、家族の時間を台無しにするタイプ、確かにいますよね。小さい頃は邪険にしたのに、手がかからなくなったとたん、突然子どもにべったりなんてケースもあるようです。

「男だからとやたら威張る夫。私が吐いてようが『夜ご飯は?』と聞いてくる。私は召使いになるために結婚したんじゃない。体調崩して辛い時くらい支えてほしかった」

「入院中と産後、実家の母が丸一カ月仕事を休んで手伝いにきて、家事全般や上の子の幼稚園の送迎などやってもらいました。しかし夫があまりに家事・育児に協力的じゃないため、母がそれとなく注意をすると、口答えをするかシカト。自分のパンツやワイシャツも私の母に洗濯してもらっているのに、聞こえるか聞こえないくらいの声で『うっせーな』などと呟きます」


産前産後や体調不良時になにもしない旦那様たちは、もはや “協力的じゃない”というレベルを超えていますね。こういう人たちを変えることはなかなか難しそうです。

悪気はないのだろうけど、妻をイラっとさせてしまう夫たち。日々のうっぷんは、痛快なドラマをみてスッキリさせたいところ。たまごクラブ12月号では、そんな話題の『コウノドリ』が表紙に登場しています! あわせてチェックしてみてくださいね。(文・山田朝子)

『コウノドリ』の綾野剛さんが表紙の「たまごクラブ」大好評発売中! 生まれ月別の出産準備・育児グッズが分かる別冊付録つき。ツモリチサト の消臭機能つきおむつポーチも応募者全員にプレゼントいたします。ぜひ書店やネットでお買い求めください。

『たまごクラブ』最新号はこちら

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る