SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 妊娠中の暮らし
  4. 4人の男の子のママ、現在第5子妊娠中!芸人・竹田こもちこんぶさん。仕事と育児の両立は“無理ゲー”。だけど、子育ては人間を成長させ人生を豊かにしてくれる

4人の男の子のママ、現在第5子妊娠中!芸人・竹田こもちこんぶさん。仕事と育児の両立は“無理ゲー”。だけど、子育ては人間を成長させ人生を豊かにしてくれる

更新

竹田こもちこんぶさんの家族写真

4人の男の子のママであり、現在、第5子となる男の子を妊娠中の、ママ芸人・竹田こもちこんぶさん。育児を頑張るママたちに向けて発信したTikTok投稿が話題になり、今では34万フォロワーという人気アカウントに。
すべての母に捧げる応援歌を一冊にした、書籍「皆様、本日も家事育児お疲れ様です。」も先月発売され、さらにもうすぐ出産を迎えられる竹田こもちこんぶさんに、日々の子育てについてやお仕事との両立について聞きました。

子どもの人数が増えれば増えるほど、母も父も強くなる!?

第5子を妊娠中、8カ月の時のお腹。

――現在4人の男の子のママ、さらに第5子を妊娠中ということで、毎日賑やかそうですね。日々の子育てについて教えてください。

こもちこんぶさん:9歳、6歳、4歳、2歳の男の子4人で、上の子3人は小学校と幼稚園に通っています。四男はまだ保育園などには行っていないので、日中は基本的に私と一緒にいます。

5番目の子は9月上旬が予定日で、普通分娩での出産予定です。妊娠中はあまり出産のことまでは考えていないんですが、やっぱり予定日が近づいてくると、「やだな〜、またあの出産か……」とか「あの苦しい時間をまた過ごすのか…」なんて思っちゃいますね。

そして、今回も見事に男の子でした!男の子は健診ですぐにわかりますからね。私、エコーで先生よりも早く見つけちゃうんで(笑)。

竹田こもちこんぶさん
第5子を妊娠中、7カ月の時のお腹。

――4人の出産を経験されて、出産もそれぞれだったかと思いますが、実際にはどうでしたか?

こもちこんぶさん:長男の時は微弱陣痛になってしまってなかなか生まれてこなくて、結局16時間ぐらいかかりました。この最初の出産が本当に辛かったので、「これをもう一度やるのは無理だな」と、次男の出産までは少し間があきました。でも結局、次男の時にはあの苦しみもだいぶ忘れていましたね。2度目の出産は長男の時の半分ぐらいの時間で生まれたので、これなら3人目もいけるかなと。

三男の時は超スピード出産で、1時間ぐらいで生まれてきて、これなら全然いける!なんて思っちゃいましたね。四男はそこまで早くはなかったですが、それでも2時間ぐらいで産まれました。これから産まれてくる五男は、果たして何時間なのか……こればかりは未知ですね。ただ、赤ちゃんも私も、生きて乗り越えられたら十分です。

竹田こもちこんぶさん
子育て話が尽きない、親友ママたちと。

――4度の出産で、大変だったエピソードがあったら教えてください。

こもちこんぶさん:とにかく、夫がどんどん大変になっていきますね。私が出産のための入院で不在にすると、その間は子どもたちの面倒を一人で見なくてはいけないし、その度に子どもの人数も増えていきますし……。私が産後で入院している間に長男の入園と次男の出産が、四男の出産と次男の入園がそれぞれかぶってしまったことがあって。その時は夫も相当大変で、家族中ドタバタしていましたね。

子どもの人数が増えれば増えるほど、人の手が必要になるので、ママ友に幼稚園の送り迎えなどを頼んだりもしています。陣痛がくると、まずはママ友に電話をするのが我が家流。「陣痛きた!頼む!」というと、「分かった!」と言ってくれて助けてくれます。

バタバタな毎日の中で垣間見える、兄弟の絆にグッとくる

竹田こもちこんぶさん
キッチンで独特な遊びをする子どもたち。

――子育てで忙しい毎日の中でも、とくに大変なことは何ですか?

こもちこんぶさん:とにかく、自分の時間がないということですね。ピーク時の居酒屋で常に注文を受けている感覚です(笑)。子どもたちが起きている間は、ずっと私に要求がくる状態ですから。

――すごく幸せだなと思う瞬間はどんな時でしょうか。

こもちこんぶさん:うちは兄弟が多いので、兄弟同士で一緒にいる姿はとても面白いです。もちろん、揉め事はあるんですが、お互いを思いやる瞬間が垣間見えたり、会話の中に出てくる兄弟だけの強い絆みたいなものが感じられます。そういう時に、なんて幸せなんだろうと思いますね。

お兄ちゃんがやっぱり、一番面倒見がいいですね。お兄ちゃんを筆頭に、下の子に対してちゃんと目をかけてくれます。危険なことやダメなことをちゃんとチェックしてくれて、それが下へ下へと伝染していく感じです。

あとは、とにかく一緒にいることが多いのもうれしいですね。買い物に行くにも大所帯で移動です。そんな集団の中で、お互いのつながりみたいなものができてきているかなと感じます。

竹田こもちこんぶさん
長男と四男。抱っこもだいぶ慣れたもの。

――動画ではいつも明るいこもちこんぶさんですが、一人目を出産した当時から、明るいママだったのでしょうか。

こもちこんぶさん:大学三年の時に、免疫系の疾患である「バセドウ病」を発症しました。その影響で体重が大きく増えたり、だんだんと両目が突出してくるなど外見の変化が起こって、周囲からの「びっくりしてるね」「整形したの?」など、心無い言葉に深く傷つき、精神的に追い詰められていた時期を経験しました。

病気を乗り越え始めてからは、いろいろなことが起こっても、「あれ以上辛いことはないだろうと」、意外と楽観的に生きてこれました。でも、子育て自体はとても辛くて、とにかく抜け出したかったし、早く子育てを落ち着かせて自分の時間が欲しかったですね。

そんな時に、同じように子育てをしている友だちに出会うことによって、そしてさらに輪が広がることによって、子育てが楽しくなったんです。これってネタと同じなんですけど、誰かに話して、一緒に笑い合える関係になった時に、それまで後ろ向きだった子育てが、前を向いてできるように、なんなら楽しめるようになりました。

竹田こもちこんぶさん
いつも助け合いながら一緒に子育てをしてきた、親友親子と。

――子育てとお仕事の両立について教えてください。

こもちこんぶさん:「両立」という言葉を意識し始めたのはここ最近になってからで、それまではほぼ「家事と育児」の生活でした。でも、お金が発生する仕事をいただくようになってからは、「この日にここに行かなくてはいけない」「この日までにこれをやらなくてはいけない」という期日が発生するわけですよね。子育てをしながら、期日のある仕事をすることの大変さを体感したのは、本当にここ最近のことなんです。みんながあれだけ「両立、両立」と言っていたのは、こういうことなんだと初めて体験しているところで、いろいろなことを考えさせられていますね。

「なぜ、両立ってこんなに大変なんだろう」と、自分の中で一生懸命に消化している最中。で、今の私は、子育てと仕事の両立は全くできていません!子育てをしながら、この日までにこれをしなければいけないということが発生すると、育児と家事がボロボロになるんですよ。ご飯も雑になるし、掃除も今までよりもできなくなるし。とにかく、いろいろなことが滞って、両立なんてとてもじゃないけどできていない状態です。

竹田こもちこんぶさん
布団を全部出して、押し入れの中で遊ぶ子どもたち。

自分の中で、どこに問題があるんだろう、どうやったら両立できるようになるんだろうと考えた時に、ジェンダーの領域に入ってきちゃうんです。ジェンダーについていろいろ勉強して、そこからヒントを得ています。結局、女性が仕事をしながら、家事育児をするのは無理な話、“無理ゲー”ですよ。だから、夫をうまく絡めていかないと、とてもじゃないけど両立はできないと思います。

もっと言うと、夫だって手が空いていないと回らないわけですから、次は社会ですよね。今は育休などいろいろ言われていますが、会社の仕組み、働く人の環境など社会の構造自体を変えていかないと。女性が抱えている、仕事・育児・家事をバランスよくするというのは到底できないと思うんです。

家事育児って、賃金も発生しないし、どうしても後回しにされがちだけど、人が生きる上でものすごく重要なことですよね。男性も女性も、同じようにそれをこなしていけたらいいんじゃないかなと思います。私たちはまだまだ、バランスがよくない状態で暮らしているなと感じますね。

――世の中の、子育てを頑張っているママやパパに向けて、こもちこんぶさんから伝えたいことを教えてください。

こもちこんぶさん:子育ては、決して雑務ではないし、自分自身が停滞するものでもないです。むしろ、自分という人間を何倍にも成長させる、とても豊かな生活の一部であると思うんです。また、育児をしていた経験は、後々の人生に必ず生きてくるということを私のネタ動画や書籍を通じて伝えたいですね。

写真提供/竹田こもちこんぶさん
取材・文/内田あり、たまひよONLINE編集部

●この記事は個人の体験を取材し、編集したものです。
●記事の内容は2023年9月の情報で、現在と異なる場合があります。

<プロフィール>
竹田こもちこんぶさん

お笑い芸人、TikToker。大学在学中から演劇を始め、病気になったことがきっかけで芸人の道へと歩み始める。劇団仲間の夫と結婚し、夫の故郷である静岡県富士市へ移住。35歳で長男、38歳で次男、40歳で三男、42歳で四男を出産し、現在は第5子となる男の子を妊娠中。TikTokのフォロワー数は約34万人。

皆様、本日も家事育児お疲れ様です。

竹田こもちこんぶさんの初書籍「皆様、本日も家事育児お疲れ様です。」が、 KADOKAWAより、8月30日に発売。

竹田こもちこんぶさんの書影

竹田こもちこんぶさんのTikTokはこちら。

竹田こもちこんぶさんのインスタグラムはこちら。

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。