1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 夏まで待てない! 5月28日は花火の日

夏まで待てない! 5月28日は花火の日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


江戸時代、隅田川で初めて打ち上げられた花火

1733年5月28日、八代将軍徳川吉宗が、前年に大飢饉とコレラで亡くなった多くの人の霊を慰めるために、東京・両国の川開きで、初めて花火を打ち上げました。これが年中行事となり、現在の花火の日となりました。 
 
日本の花火は作りがとても精巧で、世界的にも美しいと定評があります。夜空に浮かび上がる美しくも幻想的な花火を見ていると、誰もが幸せな気分になれる不思議な魅力がありますよね。そんな花火を子どもにも見せてあげたい。と思うのが親心。
でも、花火大会に子どもを連れていくのは大変……。

子連れの花火大会、近くで見る? 遠くで見る?

ウイメンズパークの口コミランキング“花火大会の困った”によると、いちばんの難題はトイレ問題。

「トイレの行列で、待てずにおもらし…」
「簡易のトイレしかなく、狭い上に和式しかなくさせるのに大変だった」

と、結局は解決策がないまま覚悟の上で行くしかないようです。

「人混みでベビーカーを押せず、ずっと抱っこ」
「帰りの電車が超混みで帰宅が深夜」

などの混雑問題。

「花火の音を怖がってギャン泣き」
「ねむくてグズグズ」

などなど、楽しいはずの花火大会で親も子もクタクタなんてことも。

近くで大迫力の花火を見せてあげたいけれど、混雑する人気の花火大会では、穴場のスポットを見つけたり、少し遠くてもマンションの屋上から眺めたりと、子どもに無理のない範囲で楽しむ方が正解かもしれませんね。(文・井上裕紀子)

■文中のコメントは、2016年7月28日~2016年7月31日、全国のウィメンズパーク会員3,943名に行った「花火シーズン到来!今年の夏、花火大会に行く?」というアンケートを元にしています。

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

■おすすめ記事
こんなにいるの?! 「二番目に好きな人と結婚しました」ママ禁断の質問!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事