1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ドナーミルクでNICUの赤ちゃんをサポート!「母乳バンク」とは?

ドナーミルクでNICUの赤ちゃんをサポート!「母乳バンク」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aliseenko/gettyimages

「母乳バンク」は、ドナーから提供された母乳(ドナーミルク)を適切に冷凍、低温殺菌処理し、検査と安全確認を徹底して行い、必要とする赤ちゃんに適切なタイミングで提供するために作られました。
2017年10月に「日本母乳バンク協会」を立ち上げ、「母乳バンク」の施設運営と普及に尽力されている昭和大学医学部小児科学講座主任教授、水野克己先生にお話を聞きました。

こちらもおすすめ→えっ、夏場は母乳の味がまずくなる!?母乳中のママ、ここに注意!

母乳バンクはなぜ必要なの?

「日本母乳バンク協会」は、水野先生が2013年に江東豊洲病院小児内に設けた「母乳バンク」が母体です。現在も日本で唯一の「母乳バンク」として、成果を積み重ねていらっしゃいます。そもそも、「母乳バンク」は何のために必要で、どのように使われているのでしょう?

母乳にはたくさんのメリットがあります

「母乳には、栄養以外にも生きた細胞や免疫物質などの成分が豊富に含まれ、とくに、早産などで小さく生まれた赤ちゃんには生後できるだけ早い時期から母乳を与えることがとても大切です。出生体重1500g未満の赤ちゃんに起こりやすい壊死性腸炎(えしせいちょうえん)などの病気も、母乳を与えることで予防できることがわかっています。また、母乳は消化・吸収しやすいため、平均で3~4日早く点滴をはずすことができ、点滴が原因の感染症リスクの低下、体重増加が順調になる、慢性肺疾患も減るなど、メリットがたくさんあるのです」(水野先生)

NICUでは、「もらい乳」を行っていました

「とはいえ、産後すぐのママの体に母乳を出す準備がまだできていない場合もあります。実は、日本の多くのNICUでは、いろいろな理由でお母さんが母乳をあげられない赤ちゃんに、ほかのお母さんから分けてもらった母乳を与える『もらい乳』が行われていました。赤ちゃんを救うための『もらい乳』ですが、殺菌処理をしていない母乳には感染症の恐れがまったくないとはいえません」

世界中でスタンダードな「母乳バンク」

「提供された母乳が原因による感染症を防ぎ、母乳のメリットを赤ちゃんに届けるには、母乳専用の低温殺菌装置を備え、安全性をしっかりチェックする施設が必要になります。この機能を担うのが『母乳バンク』なのです。
ヨーロッパで100年以上の歴史がある『母乳バンク』は、欧米社会では広く普及しており、今もその数を増やしています。ここ数年でオーストラリア、中国、フィリピン、インドなど、新しく取り入れた国も多く、世界中で「母乳バンク」は、新生児医療を助ける役割を果たしています。
日本でも、2022年を目標に全国の総合周産期医療センター、またはその近隣拠点に『母乳バンク』をつくることを目指し、2018~19年には2カ所に新設される予定。協会がそのお手伝いをしているところです」

ドナーミルクの提供や利用はどのように行なわれているの?

ドナーになって「母乳バンク」に母乳を提供、赤ちゃんにドナーミルクを提供してもらうなどは、実際にはどのような形で行われているのでしょうか。

ドナーミルクを提供しているのはどんなお母さん?

ドナー登録・母乳の提供は次のような手順で行われています。各ステップで、ドナーとして母乳を提供するのに不適格な要件(輸血歴や健康状態など)はないか、感染を防ぐためのチェックを行います。

①日本母乳バンク協会のウェブサイトからドナー申し込み
②来院検査
③ドナー登録
④採乳・冷凍・発送


「これまでに40人以上の方がドナー登録してくださいました。ドナー登録をされたお母さんは、ご自身のお子さんに優先的に授乳し、余った母乳を搾乳し、母乳バッグに採乳、冷凍。1~2週間に1回のペースで、冷凍した母乳をクール便(冷凍)で母乳バンクに送ってもらっています。
自身のお子さんが入院中で母乳をあげられない・亡くなられた・母乳がたくさん出すぎて余ってしまう…など事情はさまざまですが、母乳バンクの趣旨に賛同して、善意でご協力いただいています。
なかにはお子さんが1才過ぎまでドナーを続けてくださった方もいますが、大半は生後6ヶ月くらいまで。ドナー募集を始めてからたくさんの応募があり、現在は募集を一時ストップしていますが、ドナーさんが卒業される都度、再開する予定です。
登録のしかたなど詳しくは、協会ホームページでご案内しています。ぜひ、ご覧ください」

→日本母乳バンク協会

1500g未満で生まれた赤ちゃんに提供

「ドナーミルクは、現在は江東豊洲病院に入院中の赤ちゃんへの利用がメインになっていますが、埼玉県、奈良県、沖縄県などにも提供するようにしました。出生体重1500g未満で、お母さんの母乳をあげられない場合に限定して、だいたい月に3人くらいです。
ドナーミルクは『母乳バンクから病院への提供』という形になり、利用するにはご両親の同意と病院の倫理委員会の承認が必要です。そのため、ほかのNICUに入院中の赤ちゃんに利用するには、主治医の先生から倫理委員会に働きかける必要があり、提供までに時間がかかるなど難しい部分もあります。このような取り組みがあることを広く知ってもらえると、今より使いやすくなることでしょう。そうなるように、広報活動も頑張っています」

関連:「アメリカは日本よりも母乳育児を推奨!?」山田ローラさんの日米子育てリポート

「新生児医療や育児ミルクがどんなに進化しても、母乳は人間の赤ちゃんを病気から守り、健やかに育むために最適な乳であることに変わりはありません。お母さんが自分の母乳をあげられない場合でも、母乳が必要な赤ちゃんにはドナーミルクを選択できるように、『母乳バンク』の普及を進めています」と水野先生。

そして、日本母乳バンク協会からは「愛ラブ子育てシリーズ」が出版されています。母乳育児のためになる情報満載で、妊婦さん向けのシリーズ①に続いて、0~6ヶ月の赤ちゃん&ママのためのシリーズ②も出ました。「母乳バンク活動」への小さな支援にもつながりますので、ぜひ手に取って見てくださいね。(取材・文/四辻深雪、ひよこクラブ編集部)

→「愛ラブ子育てシリーズ」

■監修/水野克己先生
昭和大学医学部小児科学講座主任教授。母乳育児専門家(国際ラクテーション・コンサルタント)の資格を持つ小児科医。

■おすすめ記事
【動画】ママの体がつらいときに。隙間時間で超簡単エクササイズ。

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事