1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 夏の3大風邪!?赤ちゃんが感染しやすいプール熱・手足口病・○○を医師が解説

夏の3大風邪!?赤ちゃんが感染しやすいプール熱・手足口病・○○を医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Cunaplus_M.Faba/gettyimages

とくに夏になると発症する赤ちゃんが多い感染症、知っていますか? 保育園に通っている子も、そうじゃない子も感染しやすい3つの感染症について、小児科医の山中龍宏先生に解説してもらいました。

関連:子どもの病気はいつも突然!冷静に対処するための心構え

咽頭結膜熱(プール熱)とは?

咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)は、高熱を伴い、結膜炎の症状が出る夏風邪の一種で、アデノウイルスが原因。プール熱とも呼ばれます。
目やにや唾液からも感染するため、プールで集団感染することもあります。赤ちゃんが感染することは少ないのですが、きょうだいが感染してうつしてしまうことがあります。

どんな症状?

発症すると39~40度の高熱が出て、のどが赤く腫(は)れて痛みます。耳やあごの下のリンパ節も腫(は)れる、目の充血、涙目、目やにが出るなど結膜炎の症状を伴ったり、下痢や嘔吐が起こることもあります。

かかってしまったら?

治療は対症療法が中心で、安静を心がけ、必要に応じて解熱鎮痛薬を使います。目の症状には点眼薬が使われることがあります。食事はのどごしがよく消化がいいものを与え、水分を十分にとるようにしましょう。

手足口病(てあしくちびょう)とは?

手足口病は、口の中や手足に発疹(ほっしん)や水疱が出る感染症で、A群コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどが原因で起こります。

どんな症状?

口の中の粘膜や歯肉、唇の内側などに赤い小さな発疹ができ、同時に、または少し遅れて、手のひらや足の裏などに小さな水疱ができます。38度前後の熱が出ることもあります。

かかってしまったら?

特効薬はありません。安静にして自然に治るのを待ちます。食後は湯冷ましなどで口の中を洗い流したり、シャワーで洗い流すなど、患部を清潔にしましょう。口の水疱はしみるので、刺激の少ない水分を中心に与えます。
まれに無菌性髄膜炎を併発するので、高熱が続いたり、嘔吐があった場合は再受診しましょう。

ヘルパンギーナとは?

のどにたくさんの水疱ができる、夏風邪の一種です。A群コクサッキーウイルスやエコーウイルスなどが原因で起こります。

どんな症状?

39度前後の高熱が出て、のどの奥に小さな水疱が数個~数十個できます。水疱がつぶれると、唾液を飲み込むのもつらいほど痛みがあり、食欲が落ちます。水疱は1週間ほどで治ります。

かかってしまったら?

解熱鎮痛薬で熱や痛みを和らげて、自然に治るのを待ちます。離乳食は、のどごしのいいものを少しずつ与えます。水分をとれないときや高熱が続くときは、再度受診しましょう。

関連:管理職にこそ知ってほしい!0歳児は月に2.5日、保育園を病欠する

赤ちゃんが感染症にかかると、ママやパパにもうつる可能性が高いです。赤ちゃんが使ったタオルや衣類、食器などは別にするなどの注意をしましょう。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修/緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る