1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんの感染症 ヘルパンギーナの症状とケア【医師監修】

赤ちゃんの感染症 ヘルパンギーナの症状とケア【医師監修】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
かわいい赤ちゃんは鼻をしかめ、パパの食事を食べたくない
Milkos/gettyimages

ウイルスや細菌が赤ちゃんの体に入り込み、発熱、せき、鼻水、発疹などを引き起こす感染症。ヘルパンギーナは、のどの奥に水疱ができ、強く痛みます。生後0ヶ月~3歳ごろまでの赤ちゃんが、かかりやすい病気の症状やホームケアをまとめました。


赤ちゃんの病気ヘルパンギーナって?

のどの水疱がつぶれると、つばを飲み込むのすらつらい痛みが伴い、食欲も低下。

ヘルパンギーナの主な症状

・発熱
・のどに水疱

ヘルパンギーナになりやすい月齢・年齢

生後6ヶ月~

ヘルパンギーナになりやすい季節

夏~秋

関連:ヘルパンギーナで保育園は何日休む? 登園許可は必要?

赤ちゃんのヘルパンギーナ のどの奥に水疱ができ、強く痛みます

夏風邪のウイルスによって起こる病気。感染経路は咽頭分泌物に含まれるウイルスの飛沫感染(空気感染)や便に排泄されたウイルスの経口感染です。突然39度前後の高熱が出て、のどの奥(のどちんこの根元付近)に小さな水疱が数個~十数個できるため、のどが腫れて痛みます。のどの痛みが原因で唾液を飲み込むのがつらくなり、よだれとなって出てきます。
2~3日して水疱が破れると、さらに痛みが強まります。不機嫌で、食欲も低下し、吐くこともありますが、せきや鼻水などの症状はありません。熱は2~3日で下がり、水疱も1週間ほどで治まります。合併症として、発熱初期に熱性けいれんを伴うことがあります。ごくまれに髄膜炎を合併することがあるので、経過中の何回も繰り返す嘔吐や頭痛には注意が必要です。

関連:夏の3大風邪!?赤ちゃんが感染しやすいプール熱・手足口病・○○を医師が解説

赤ちゃんのヘルパンギーナ 治療&ホームケア

口の中が痛むので、熱いもの、酸っぱいもの、刺激の強いものは避け、薄味でやわらかく、のどごしのいいものを少しずつ与えましょう。安静にしていれば自然に治りますが、高熱が出たり、水分もとれないほどのどが痛む場合は、受診をしましょう。高熱が出ても元気であれば、ぬるめのシャワーはOKです。

代表的な薬

・解熱鎮痛薬(アンヒバ、アルピニー、カロナールなど)

関連:夏に注意したい7つの感染症、ウイルスの変化で症状も変わる!?流行予測&最新情報


監修:横田俊一郎 先生
横田小児科医院 院長
東京大学医学部付属病院小児科に入局、社会保険中央総合病院(東京都新宿区)
小児科部長などを経て、1993年より神奈川県小田原市で開業。外来診療を中心に、ありふれた病気、健康増進のための医学、子育て支援をテーマに勉強を続けています。

■赤ちゃん 感染症
突発性発疹(とっぱつせいほっしん)
インフルエンザ
はしか・麻疹
水ぼうそう・水痘(すいとう)
おたふくかぜ・流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)
風疹(ふうしん)
りんご病・伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)
RSウイルス感染症
ヘルパンギーナ
手足口病(てあしくちびょう)
アデノウイルス感染症・咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)・プール熱
溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)

赤ちゃんがかかりやすい病気・症状別・予防接種・お薬ガイド

▼参照:『最新!赤ちゃんの病気新百科』

※表記している、月齢・年齢、季節、症状の様子などはあくまで一般的な目安です。
※この情報は、2019年4月のものです。

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事