1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 外出先は?夜間は?うんちは?おむつはずれの“コレ、どうする?”を解決

外出先は?夜間は?うんちは?おむつはずれの“コレ、どうする?”を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Uliana Petrosian/gettyimages

「お出かけ先や就寝中は、トイレにどう誘ったらいいの?」など、日中のおうちでのおむつはずれは順調だけれど、外出先や夜間はどうすればいいのか、悩んでいませんか? また、「おしっこはトイレでできるけれど、うんちはおむつの中でしたがる」という子もいますよね。おむつはずれの3つの壁“お出かけ先”“夜間”“うんち”の進め方とコツを、小児科医の若江恵利子先生に聞きました。

関連:おむつ卒業の近道には法則あり!?「トイレでおしっこ」を進める秘策に迫る

“お出かけ先”“夜間”“うんち”のおむつはずれ、どう進める?

まずは、お出かけ先でのトイレの誘い方について聞きました。おむつはずれの進み具合を踏まえてチェックしてくださいね。

1~2歳代は余裕があるときに誘えばOK!

 「おうちに比べて、お出かけ先のトイレは使い勝手や雰囲気が違って落ち着かないものです。また、お出かけ中は楽しいことに夢中で“おしっこが出そう”なことに気づかず、おもらししてしまうケースもあります。外出先でおもらしすると、ママ・パパがあわてて片づける様子や、周囲の反応を目の当たりにするため、子どもにとっては嫌な経験になることもあります。1~2歳代は余裕のあるときだけ誘い、子どもが嫌がるなら無理強いはNG。3歳ごろまでは、おむつをはかせて出かけるのが安心です」(若江先生)

5歳ごろまで“おねしょ”は当たり前!夜は紙おむつで

夜ぐっすり眠る子が主流になる1歳・2歳。おむつはずれがうまく進んでいるからと、布パンツで寝かせたらおもらし多発…なんてことも。
「夜間に起こしてトイレに誘うのはNG! 夜はおむつをはかせて寝かせ、就寝前と起床後にトイレに誘う習慣をつけましょう。しだいに朝、目が覚めるまでおしっこを我慢できるようになります。排尿機能がきちんと整うのは5歳ごろ。それまでは“おねしょ”をすることは当たり前だと思って。日中のおしっこがトイレでできて、自分から『おしっこ』と言えるようになったら、就寝前と起床後にトイレに誘ってみましょう」(若江先生)

うんちのおむつはずれは個人差大!早い場合は1歳代でできる子も

うんちのタイミングや落ち着く姿勢には個人差が大きいのも事実。夜間やうんちのおむつはずれはどんなふうに進めたらいいのでしょうか?
「おしっこと違い、うんちは力まないと出ないので、“出す”“出さない”は自分である程度のコントロールができる反面、リラックスしていないと出にくいことも。落ち着く姿勢や場所など、子どもなりのこだわりもあるため、その意思を尊重して無理強いしないようにしましょう。1~2歳代は出したいときに出せればOK! 日中のおむつがはずれてから、2~3歳を目安にトイレでうんちするように誘ってみるといいでしょう」

日中、おうちにいるときのおむつはずれが、お出かけ先や夜間、うんちのおむつはずれにもつながっていくようですね。おむつはずれは一進一退がつきもの。「昨日はできたけれど、今日はダメ…」ということもあるかもしれませんが、子どもは一歩ずつ前進しています。様子を見て、時にはお休みするなどして、あせらず進めていけるといいですね。(取材・文/茶畑美治子・ひよこクラブ編集部)

監修/若江恵利子先生
医療法人恵徳会あさかクリニック理事長。小児科医。東邦大学大森病院新生児科、愛育病院小児科を経て、栃木県で開業。

参考/「1才2才のひよこクラブ」2017年夏秋号「ストレスフリーのおむつはずれ」より

関連記事
3日で完了!?米国流おむつはずれのスゴ技

■おすすめ記事
<PR>いつやる?どう進める? トイレトレーニングは1歳・2歳が始めどき

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事