1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【赤ちゃんのせき】止まらない、寝られないときの対処法7&NGポイント

【赤ちゃんのせき】止まらない、寝られないときの対処法7&NGポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ysuel/gettyimages

赤ちゃんがせきをしていると、見ているだけでつらくなってしまいがち。少しでもラクにさせてあげるには、どうすればいい? 受診したあとや様子見のときに役立つ、寝かせ方や食べさせ方など“おうちケア”の方法を、小児科医の山中龍宏先生がわかりやすく教えてくれました。

関連:“赤ちゃんのせきが止まらない!”受診の目安は?考えられる病気は?

“おうちケア”のポイントは7つ!

症状が悪化しないように、便利グッズなども使って環境を整えましょう。赤ちゃんがなるべく快適に過ごせるように工夫を。

ポイント1:抱っこのしかたを工夫する

せき込んだら、たて抱きにするか、座らせて背中をやさしくトントンしてあげて。寝かせた状態より、上体を起こしたほうが、せきがラクになります。

ポイント2:室内環境を整える

1日3回程度、5~10分を目安に換気し、室内の空気をきれいにして。空気が乾燥するとせきが悪化しやすいので、加湿器を使うのも手です。お部屋に、お湯を張った洗面器を置いても加湿効果はあります。その場合、赤ちゃんの手が届かない場所に置くようにして。また、ぬれたタオルや洗濯物を、室内干ししてもOK。

★これはNG! 部屋を暖めすぎて空気を乾燥させる

お部屋の温度を上げると空気が乾燥するので、せきがひどくなってしまいます。お部屋は、加湿しながら暖めるように心がけましょう。

ポイント3:呼吸音の確認をする

呼吸音がするときは、息を「吸うとき」と「吐くとき」の、どちらでするのかを確認しておいて。また、音が胸のどのあたりで聞こえるか、胸に手をあてた感じはどうかなど、家での呼吸音やせきの様子も把握しておき、受診時に医師に伝えましょう。

ポイント4:のどごしのいい離乳食を与える

元気で食欲があれば、離乳食はいつもどおりでOK。冷たいものを避けて、のどごしがいいものを少量ずつ与えて。

ポイント5:こまめに水分補給させる

のどをぬらすと、たんがきれやすいので、湯冷ましや麦茶をスプーンで少量ずつ与えて。

★これはNG! 柑橘類・冷たい飲み物は逆効果

柑橘類(かんきつるい)の果汁や冷たい飲み物は、のどに刺激を与えせきが出やすくなるので避けて。

ポイント6:症状を見て入浴させる

普段よりぬるめのお湯にサッと入れて。のどが湯気でしめると、一時的に呼吸がラクになる効果も。ただし、せきがひどいときやゼーゼーするときは入浴を控え、湯でしぼったタオルで体をふいてあげて。

ポイント7:上体を少し高くする

寝かせるときは、枕やクッションを背中にあてて、上体を少し高くすると呼吸がラクに。ベビーラックに座らせても。

関連:赤ちゃんのせきの原因と対処法

せきが出たときのおうちケアは、赤ちゃんがラクに呼吸できるようにサポートしてあげることが大切なようですね。普段と違うせきや呼吸音がする場合、受診は緊急を要することがあります!普段から赤ちゃんがどんな呼吸をするか、観察しておくと、冷静な判断ができるでしょう。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
赤ちゃんの平熱って何度?高熱が出たらどうするの?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事