1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんが吐いた【0~1歳】症状別 受診の目安とホームケア

赤ちゃんが吐いた【0~1歳】症状別 受診の目安とホームケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

paylessimages/gettyimages

赤ちゃんは胃が未発達なためおっぱいやミルクをよく吐きます。ただ、ウイルスや細菌感染などで吐くこともあるので注意して。吐いたら、必ず吐いたものを確認しましょう。

赤ちゃんが吐いた なぜ吐くの?

赤ちゃんは胃の入り口の締まりが緩いためによく吐きます。母乳やミルクをタラタラと流れるように吐くのは溢乳(いつにゅう)といって心配ありません。げっぷと一緒に吐くことも。

赤ちゃんが吐いたとき 気をつけることは?

吐いたものを確認して。緑色だったらすぐ病院へ

 吐いたときは、どんな色のものを吐いたのか確認します。もし、緑色のもの(胆汁)を吐いたときは腸閉塞(ちょうへいそく/腸回転異常)の疑いがあるので、大至急病院へ行きましょう。

何度も大量に吐くときは脱水症状に気をつけて

 吐く回数や量が多いときや、発熱や下痢を伴う場合は、脱水症状が心配です。少量ずつ何回かに分けて水分補給しましょう。水分がとれないときは、すぐに受診しましょう。

赤ちゃんが吐いたとき ホームケアのポイント

1.吐きけが治まったらこまめに水分補給

 吐いてから30分~1時間は何も与えず様子を見ます。吐かなければ、湯冷ましや麦茶、赤ちゃん用イオン飲料などを10~15分おきに与え、さらに吐かなければ、徐々に量を増やして。

2.おっぱい・ミルクの再開は、通常の1/3~1/2の量から

 吐きけが治まってから1~2時間たち、水分を与えても吐かなければ、おっぱいやミルクを通常の1/3~1/2から再開します。胃腸に負担がかかるのでミルクの濃さは変えないで。

3.離乳食はお休みして、様子を見ながら与えて

 離乳食はお休みにします。吐きけが治まり、食欲が回復してきたら、消化がいい炭水化物や野菜類など、赤ちゃんが食べられるものを少しずつ与えましょう。

4.吐きけがなく、ほかの症状もなければ、おふろもOK

 吐きけが治まり、発熱や下痢などほかの症状がなく、赤ちゃんが嫌がらなければ、おふろに入れてもOK。時間はいつもより短めにします。

赤ちゃんが吐いたとき 受診の目安は?

 吐いた回数や量が少なく、元気なら大丈夫。授乳後に噴水のように吐くことが数日続く、下痢などほかの症状がある、嘔吐が続くなどのときは受診しましょう。
頭を強く打ったあとに吐いたときは大至急受診を。

赤ちゃんが吐いたとき こんな症状はすぐに受診して

□高熱が出てぐったりする
□10~30分間隔で激しく泣き、血便が出る(腸重積症)
□緑色のものを吐いた(腸回転異常)
□頭を強く打ったあとに吐いた


監修:松井潔 先生
神奈川県立こども医療センター 総合診療科部長
1986年愛媛大学医学部卒業後、神奈川県立こども医療センターに勤務。2005年より現職。専門各科と連携しながら、総合診療科で治療に努めていらっしゃいます。

赤ちゃん【0~1歳】症状別 受診の目安とホームケア
熱が出た
吐いた
下痢をした
せきが出た
肌にトラブルがある
鼻水・鼻詰まりがある
便秘気味

生後0歳~1歳 赤ちゃんの発育発達、生活とお世話のポイント、親子のコミュニケーション

■おすすめ記事
赤ちゃんの冬の嘔吐。気をつけたいことは?

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事