1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 1日中母子2人きりの生活…密室育児は赤ちゃんの成長によくない?

1日中母子2人きりの生活…密室育児は赤ちゃんの成長によくない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tatyana_tomsickova/gettyimages

1日中、家で赤ちゃんと2人きりでいいのか、赤ちゃんのために外に出たほうがいいのか…悩むところですね。どうするのがよいのか、乳幼児の心理に詳しい、臨床心理士の帆足暁子先生に聞きました。

関連:心配?不安?みんなの産後のココロとカラダ

OKかNGかは、密室かどうかでなくママの気持ち

赤ちゃんが生まれると、これまでの生活が一変し、ママは育児や家事に大忙し。「気づいたら、今日も赤ちゃんと一日中、家で2人きりだった」というママもいるでしょう。「私以外とかかわらない密室育児だと、赤ちゃんの成長によくないのでは・・・」と心配になるのかもしれません。

ママがハッピーなら赤ちゃんもハッピー

「赤ちゃんの心の成長にとって大切なのは、ママがハッピーであること。研究者の間でも、母親の精神状態や満足度が、子どもとの関係に大きく影響することが指摘されています。
たとえば、ママが赤ちゃんと2人きりの生活がうれしくて、家の中で料理や手芸なども楽しめるようなタイプなら、わざわざ外に出かけなくてもいいのです。でも、実際は多くのママが、赤ちゃんと2人きりの生活に疲れを感じて、外出することも面倒になっているのではないでしょうか」(帆足先生・以下同)

気持ちが落ち込みやすいママは意識して外出を

「産後は気分が落ち込みやすく、何もする気が起きないときもあるかもしれません。ママがつらい気持ちで過ごしていると、赤ちゃんもネガティブな感情を受け取ってしまいます。とくに、気持ちが落ち込みがちなママや、イライラして子どもにあたって手を出してしまいそうなママは、意識して外出を心がけたほうがいいでしょう。
だからといって、無理をして毎日出かける必要はありません。出かける日と出かけない日、ママの中でちょうどいいバランスを大事にしてください。どうすれば自分がニコニコしていられるか、考えてみましょう」

育児を楽しめるようにまわりの力を借りて

「赤ちゃんと過ごしていてハッピーにならなければ、子育て支援センターや保健センターに行き、スタッフと話してみるといいでしょう。ほかのママと話したければ、自治体によってはママ友づくりを支援するイベントもあります。
また『1人になってリフレッシュしたい』と思ったら、一時保育やベビーシッターサービスを利用する手も。ママ自身が育児を楽しめるように、まわりの力を借りながら、毎日過ごしてくださいね」

赤ちゃんと2人きりで「疲れた」と思ったら・・・

母子2人だけの時間ばかりで、「育児が楽しくない・・・」と思ったら、ぜひ、周囲にSOSを出しましょう。助けを借りることは、恥ずかしいことでも、いけないことでもないのですから。

子育て支援センターや保健センターで相談する

育児や赤ちゃんの発達などで悩んでいることがあれば、子育て支援センターや保健センターで専門の相談員や保健師に相談しましょう。

ほかのママと話ができる場所に行く

児童館のほか、最近は自治体が主催するママ友づくりのイベントもあります。近所の公園へ行ったり、習い事を始めたりしてもいいでしょう。

保育園の一時保育やベビーシッターサービスを利用する

理由を問わず、赤ちゃんを預けることができます。自治体によっては、補助金がでるところも。1人の時間をつくってリフレッシュをしてもいいですね。

「密室育児」は否定的な意味で使われることが多いですが、大事なのはママの気持ちなんですね。少しでもつらい気持ちを感じたら、1人で抱え込まずに、まわりの人の手を借りてください。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■参考:『ひよこクラブ』2018年3月号「ネットの育児情報 ひよこクラブの掘り下げ解説」より

■監修/帆足暁子先生
ほあしこどもクリニック副院長。保育士資格・幼稚園教諭Ⅰ級免許を持つ臨床心理士。クリニックで育児や心理相談に応じる一方、保育者の養成にも携わられています。

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事