1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 1歳~1歳6ケ月 ねんね・寝かしつけの「これが知りたい!」

1歳~1歳6ケ月 ねんね・寝かしつけの「これが知りたい!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AGrigorjeva/gettyimages

生まれてから日々成長を重ね、節目の「1歳」を迎えた赤ちゃん。これまでお世話を頑張ってきたママにはうれしくもホッとする時期ですが…1歳を過ぎると「遊びたい」「まだ寝たくない」など赤ちゃんの意志が強くなり、寝かしつけでのイヤイヤも増えてくるよう。1歳~1歳6ケ月ごろの赤ちゃんのねんね・寝かしつけについて、「ひよこクラブ」の人気連載「すくすく成長日記」でおなじみ、小児科医の若江恵利子先生に聞きました。

関連:9ケ月~2歳 離乳食・幼児食&授乳の気がかりQ&A

1歳~1歳6ケ月 赤ちゃんの変化と寝かしつけ法

1歳を過ぎると、赤ちゃんにも自我の発達が表れ、「やりたい」「やりたくない」という意思がはっきりしてきます。まだ「ダメ」と言い聞かせてもわからない時期なので、ママには赤ちゃんが納得したり、うまく気をそらせたりできるような「交渉術」が必要に。また、この時期は卒乳・断乳する子も増え、寝かしつけに時間がかかるようになる場合も。ママやパパはお気に入りの入眠儀式を見つけるなど、寝る前の時間の使い方を工夫してみて。おっぱい・ミルクを卒業した後は、朝まで起きることなくぐっすり眠れるようになる子が多いようです。

1歳~1歳6ケ月ごろ ママやパパの「交渉術」が寝かしつけをスムーズにする!

就寝時に赤ちゃんがグズグズしたときは、無理に寝かしつけしようとせず、「まだ寝たくないんだね」と気持ちを代弁してあげて。その上で、「お布団の中でママやパパと歌おう」など提案をすると、スムーズに布団に入ってくれる場合もあります。寝る前だけ読んでもらえる絵本を決めるなど、ママやパパは赤ちゃんが布団に入りたくなる工夫をしてみて。

1歳~1歳6ケ月ごろ ママの「割り切り」が寝かしつけをスムーズにする!

赤ちゃんがどうしても寝てくれないときは、ママやパパが添い寝をしながら眠ってしまうのもひとつの方法です。赤ちゃんは、ママやパパが本当に寝てしまって相手をしてくれないとわかると、あきらめて寝る場合も。その際は、赤ちゃんが動き回って危なくないように、寝室を片づけ、ドアを開けて外へ出ていかないよう安全な環境作りを。

1歳~1歳6ケ月ごろ 赤ちゃんの寝かしつけの悩みについて教えて!

1歳を過ぎると、やはり寝るときのイヤイヤに手こずるママやパパが多く、「どうしたらいいの!」という切実な声が聞こえてきます。この時期の赤ちゃんの寝かしつけの悩みについて、若江先生に聞きました。

Q 昼夜ともに寝つきが悪いです。スムーズに寝かせるには?(1歳2ケ月・女の子)
A 生活リズムを整えつつ、日中はたくさん遊ばせてみて
起床、離乳食、お散歩、お昼寝、おふろなどを毎日同じ時間にすると、睡眠のリズムができやすいものです。また、寝つきが悪いのは、体力があまっている可能性も。日中はたくさん外遊びをしたり、同年代の子と遊ばせたりするなど、適度に疲れさせるのもポイント。お昼寝を早めに切り上げたり、絵本を読んだりなどの入眠儀式を作るのも効果的です。

Q 寝室に入るとギャン泣き…。どうしたらいい?(1ケ月・男の子)
A どうしても寝つかない場合は就寝時間をずらしてみても
まだ遊びたくて泣いているようなら、パパにも協力してもらってリビングの照明を消し、ママは寝室で本を読んだり寝たふりをしてみたりして。暗いリビングに行ったとしても、すぐに戻ってくるでしょう。どうしても起きていたいようなら、就寝時間を少し遅くしてみても。ただし、起床時間は一定にし、3回の食事と外遊びの時間は確保するようにしましょう。

1歳~1歳6ケ月ごろ 赤ちゃんの睡眠中の気がかりについて教えて!

夜泣きが続いていたり、寝相が悪く布団をはいでしまったり…赤ちゃんのことが気になって、まだまだ熟睡できないママも多いよう。この時期の赤ちゃんの睡眠の疑問・気がかりについて、若江先生に聞きました。

Q 夜中に起きてしまいます…。いつごろまで続くの?(1歳1ケ月・男の子)
A 1歳代の赤ちゃんにはよくあること。2歳を過ぎると治まってきます
赤ちゃんは睡眠のリズムが未発達なため、夜間に起きるのはよくあること。1歳代の子どもの約30%は夜中に起きてしまうようです。多くの場合、2歳を過ぎると治まりますが、3歳でもときどき起きることがあるよう。ママは熟睡できず大変ですが、おしりをトントンするなどですぐ寝てくれるなら問題ないと考えて。

Q 夜中に布団をはいで、手足が冷たくなってしまいます…。(1歳4ケ月・女の子)
A 布団の中が暑いのかも。手足が冷たいのは心配いりません
赤ちゃんは通常、手足は冷たいものなので心配いりません。布団をはいでしまうのは、暑いからとも考えられるので、布団を薄手のものに替えるといいかもしれません。寝冷えが心配な場合、寝る前に暖房で部屋を暖めておき、明け方の4時ごろに入タイマーをセットしておくのがおすすめ。スリーパーを着せるのもひとつの手です。

1歳~1歳6ケ月ごろのねんね・寝かしつけの悩みは、赤ちゃんの成長過程に要因があるものが多く、2歳を過ぎると落ち着く場合が多いよう。ママは赤ちゃんの昼寝時に体を休めるなどして、もう少しの間、頑張りましょう。(取材・文/前田ユリ・ひよこクラブ編集部)

監修/若江恵利子先生
医療法人恵徳会あさかクリニック理事長。小児科医。東邦大学大森病院新生児科、愛育病院小児科を経て、栃木県で開業。

参考/「ひよこクラブ」2017年12月号「赤ちゃん39人のすくすく成長日記」より

関連:夜泣きに香川県のうどんCM?わが家の寝かしつけソング教えます!

■おすすめ記事
<PR>いつやる?どう進める? トイレトレーニングは1歳・2歳が始めどき

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事