1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 意外と知らない? 女の子赤ちゃんのおまたのふき方・洗い方

意外と知らない? 女の子赤ちゃんのおまたのふき方・洗い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

poplasen/gettyimages

女の子赤ちゃんの”おまた”の正しいふき方・洗い方を知っていますか? 性器まわりの話は、ママ友だちにもなかなか聞きづらいですよね。 小児科医の黒澤先生がわかりやすくまとめてくださいました。

おむつ替えでのふき方は「やさしく」が大前提

女の子のおまたは、おしっこのときもうんちのときも、毎回ふいてあげましょう。やさしくふくのが基本です。

おしっこのときはこすらずにふく

「おしっこのときも、やさしくおまたをふいてあげるのが基本。デリケートなので、こすったり、力を入れてふくのはダメ。おしりふきをやさしく当てるようにふきましょう」(黒澤先生・以下同)

うんちのとき:①まずは肛門周辺を前から後ろにむかってふく

「おまたにうんちがつかないよう、前から後ろへふきます。脚を上げ、おしりふきでおまたから肛門に向かって汚れをふき取って。尿道口や膣口にうんちが入らないよう注意」

うんちのとき:②ふともものつけ根をしっかりふく

「肛門まわりをふいたら、汚れのたまりやすい太もものつけ根をふきましょう。最後に腰を軽く浮かせて、おしりに残った汚れをなでるようにていねいにふき取ればOK。ふき取ったあとは、おしりやおまたを乾かしてから新しいおむつをつけます」

洗うときは「手」でやさしく洗いましょう

おまたはとてもデリケートなので、手でやさしく洗いましょう。割れ目よりさらに内側の膣口のほうまでは洗う必要はありません。

おまた全体と割れ目を少し開き洗う

「よく泡立てた洗浄料をおまたにつけ、手でやさしく洗います。割れ目は指を使って少しだけ開き、片方の手でなでるように洗います」

割れ目の内側のひだもなでるように洗う

「割れ目の内側のひだも、洗浄料の泡をつけてなでるように洗います。割れ目を強く開かないと見えない膣口まで洗う必要はありません」

肛門まわりやふともものつけ根も洗う

「泡立てた洗浄料で、肛門まわりを洗います。太もものつけ根は汚れがたまりやすいので、しわをのばして洗います。洗うのが終わったら、おまた→太もものつけ根→肛門周辺の順に、洗い残しがないように、しっかり洗い流します」

女の子の性器は男の子に比べて複雑な構造ですが、やさしくあわてずにケアをすれば大丈夫。清潔な状態を保てるように、ふき方・洗い方をママ・パパで共有できるといいですね。(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■監修:黒澤照喜先生
小児科医。東京大学医学部卒業。都立小児総合医療センターなどを経て、現在は帝京大学医学部附属溝口病院小児科に勤務。3人のお子さんのパパです。

■おすすめ記事
きょうだい子育てのコツ【兄×妹編】

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事