SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【動画】赤ちゃんのうんち時のおむつ替え 女の子のおまたの正しいふき方教えます!

【動画】赤ちゃんのうんち時のおむつ替え 女の子のおまたの正しいふき方教えます!


赤ちゃんはうんちの回数も多いので、おむつ替えが頻回。
おむつかぶれを防ぐために、正しい手順をぜひマスターしましょう。スムーズなふき方を知っておけば、あわてることもありません。
コロナ禍で両親学級を受けられなかったママ・パパも、ぜひ参考にしてください。

おまたのふき方1・脚のつけ根のうんち汚れを落とす

脚のつけ根についたうんちを、つけていた紙おむつのきれいな部分や、おしりふきを使って落とします。

おまたのふき方2・割れ目をやさしくぬぐいましょう

割れ目(外陰部)を指でそっと広げ、おしりふきを使って、おなか側から背中側へ向かってやさしくぬぐいます。
汚れが残りやすい部分なので、きちんとケアをしてあげましょう。

おまたのふき方3・肛門や背中をふく

肛門や腰まわりの汚れを、おなか側から背中側へ向かってふき取ります。
赤ちゃんのうんちはゆるめなことが多く、背中まで汚れてしまうことがあるので、その部分もしっかりふきましょう。

ちなみに…うんちをふきとるのが大変なときの対処法は?

ちなみに…うんちをふきとるのが大変なときの対処法は?


ぬるま湯を入れた霧吹きを使って流すか、ぬるま湯をたっぷり含ませたティッシュで洗い流すようにふくと、肌をこすらずに汚れを落とせます。
浴室でシャワーを使ってもOK。

おむつかぶれになったときはどうする?

おむつかぶれになったときはどうする?


かぶれているときは肌になるべく刺激を与えないように、こすらず、座浴やシャワーで流すとGOOD。そのあと、やわらかいタオルで水分をとって。
おむつが汚れているとおむつかぶれが悪化するので、こまめに替えましょう。

■監修

平田かおりさん(保健師・助産師)

●参考/ひよこクラブ 2020年9月号「授乳 沐浴・おふろ 着替え・おむつ替え お世話の大変をラクにします!」
●撮影/キセキミチコ(KISEKI inck)
●人形協力/坂本モデル
●文・動画制作/たまひよ編集部

■おすすめ記事
上手に“ごろんの姿勢”ができたら、仕上げみがきがラクになる!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。