1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. やっぱり心配…予防接種の副反応は何が起こる?気になる症状を小児科医が解説

やっぱり心配…予防接種の副反応は何が起こる?気になる症状を小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kmrep/gettyimages

予防接種は、病気に対する免疫をつくるために、赤ちゃんの体内に異物(ワクチン)を入れるので、発熱や腫(は)れなどの反応が見られるのは、ごく自然なこと。重篤な副反応はごくまれです。でも、症状によっては受診が必要なことも。副反応にはどのようなものがあるのか、小児科医の山中龍宏先生に聞きました。

ワクチン接種による副反応は主にこの4つ

★[発熱]

生ワクチンに多い副反応。弱めた病原体で作られているので、「予防接種で発熱する=自然感染すると重症化する可能性が高い」と推測されます。

★[赤く腫れる]

接種部位が赤く腫れたり、発疹(ほっしん)が出たりすることがあります。痛みやかゆみを伴うこともありますが、患部を冷やすと少しよくなることも。ただし、BCGの場合、接種後1週間以内に赤く腫(は)れたら受診してください。

★[けいれん]

発熱による熱性けいれんの可能性もありますが、必ず受診を。初めてのけいれんの場合は、救急車を呼んでください。長時間続いたり、繰り返し起こったりする場合も、至急受診を。

★[下痢]

接種後、ゆるいうんちになっても、機嫌と顔色がよく、食欲もあるなら大丈夫。ほとんどの場合、2~3日で治まります。

一見、副反応っぽい「まぎれ込み」って何?

「まぎれ込み」とは、ワクチン接種後に病気にかかり、その症状が副反応に見えること。接種後、気になる症状が出たら安易に「副反応だから軽く済む」と思わず、受診しましょう。

「副反応は自然なこと」とわかっていても、赤ちゃんに異変が起こるのは心配ですよね。普段の赤ちゃんの様子をしっかりチェックしておけば、「この様子はおかしい…」と気づきやすいかもしれません。心配なときは、予防接種を受けたかかりつけ医を受診しましょう。(文・ひよこクラブ編集部)


■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
どうせならあかちゃんが喜ぶプレイマットが買いたい!プレイマットを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る