1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [5~11ヶ月]おすわり~はいはい期!赤ちゃんのハートをつかむお世話のコツ15

[5~11ヶ月]おすわり~はいはい期!赤ちゃんのハートをつかむお世話のコツ15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

gpointstudio/gettyimages

おすわりやはいはいをするなど、動きが活発になり、目が離せなくなる5~11ヶ月ごろ。情緒も発達し、ママとのかかわりが大切になります。この時期の赤ちゃんが喜ぶ、お世話の秘訣はあるのでしょうか? 親子のコミュニケーションもどんどん生まれる、この時期のお世話のポイントを、小児科医の山中龍宏先生に教えていただきました。

赤ちゃんのハートをつかむには?

まずは、このころの赤ちゃんの心と体の成長、様子を知って、毎日のお世話の中で、赤ちゃんをよく観察してみましょう。

「生活習慣」に関するお世話のポイント

□動きたくてじっとしていない時期。お世話は赤ちゃんに話しかけながら手早く済ませて。

日中に眠る時間が減ります。毎日、同じリズムで過ごすことをめざしましょう。

□歯が生えたら、離乳食後や就寝前に歯磨きの習慣づけを。ぬらしたガーゼや乳歯用歯ブラシで始めましょう。

おすわりやはいはいをするなど、動きが活発になり、目が離せなくなります。情緒も発達し、ママとのかかわりが大切になります。

昼寝の時間が短くなり、夜の睡眠時間がさらに増えます。

□なかなか寝なくて苦労することも。寝かしつけはあせらず、心にゆとりを持って。

□夜泣きが続いている赤ちゃんもいるでしょう。でも、もうしばらくつき合ってあげてください

「遊び・お散歩」に関するお世話のポイント

□赤ちゃんは何でも口に入れたがります。小さなものや危険物は手の届かない場所に保管して。

はいはいで、お部屋中を探索することも。安全対策を万全に。

□1日1回は、公園などで、外遊びを。

□近くに公園がなければ、ベビーカーなどでお散歩を。

□お散歩は、赤ちゃんの五感を刺激します。おすわりができるようになると、手を使って遊べるように。手指を動かす遊びで発達を促して。

「授乳・離乳食」に関するお世話のポイント

□離乳食スタートから1カ月くらいたち、慣れてきたら1日2回食に。

□離乳食タイムは「食事が楽しい」と感じることが大切。笑顔で楽しく!

□小食や好き嫌い、遊び食べなどが気になることも。でも、しからずに赤ちゃんのペースで進めて。

関連:わが子のおすわり・はいはい、コレで本当に大丈夫?小児科医に聞きました

離乳食が始まったり、昼寝の時間が短くなったり、行動範囲が広がったり・・・。赤ちゃんが日中に元気に過ごすようになると目が離せないから、家事や息抜きの時間帯も見直しが必要かもしれませんね。ママのイライラは赤ちゃんに伝わります。たまには市販のお弁当で夕食を済ますなどして、気持ちにゆとりを持つように工夫できたらいいですね。(文・ひよこクラブ編集部)


■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る