SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 【医師監修】[5~11ヶ月]おすわり~はいはい期!赤ちゃんのハートをつかむお世話のコツ15

【医師監修】[5~11ヶ月]おすわり~はいはい期!赤ちゃんのハートをつかむお世話のコツ15

gpointstudio/gettyimages

おすわりやはいはいをするなど、動きが活発になり、目が離せなくなる5~11ヶ月ごろ。情緒も発達し、ママとのかかわりが大切になります。この時期の赤ちゃんが喜ぶ、お世話の秘訣はあるのでしょうか? 親子のコミュニケーションもどんどん生まれる、この時期のお世話のポイントを、小児科医の山中龍宏先生に教えていただきました。

赤ちゃんのハートをつかむには?

まずは、このころの赤ちゃんの心と体の成長、様子を知って、毎日のお世話の中で、赤ちゃんをよく観察してみましょう。

「生活習慣」に関するお世話のポイント

□動きたくてじっとしていない時期。お世話は赤ちゃんに話しかけながら手早く済ませて。

日中に眠る時間が減ります。毎日、同じリズムで過ごすことをめざしましょう。

□歯が生えたら、離乳食後や就寝前に歯磨きの習慣づけを。ぬらしたガーゼや乳歯用歯ブラシで始めましょう。

おすわりやはいはいをするなど、動きが活発になり、目が離せなくなります。情緒も発達し、ママとのかかわりが大切になります。

昼寝の時間が短くなり、夜の睡眠時間がさらに増えます。

□なかなか寝なくて苦労することも。寝かしつけはあせらず、心にゆとりを持って。

□夜泣きが続いている赤ちゃんもいるでしょう。でも、もうしばらくつき合ってあげてください

「遊び・お散歩」に関するお世話のポイント

□赤ちゃんは何でも口に入れたがります。小さなものや危険物は手の届かない場所に保管して。

はいはいで、お部屋中を探索することも。安全対策を万全に。

□1日1回は、公園などで、外遊びを。

□近くに公園がなければ、ベビーカーなどでお散歩を。

□お散歩は、赤ちゃんの五感を刺激します。おすわりができるようになると、手を使って遊べるように。手指を動かす遊びで発達を促して。

「授乳・離乳食」に関するお世話のポイント

□離乳食スタートから1カ月くらいたち、慣れてきたら1日2回食に。

□離乳食タイムは「食事が楽しい」と感じることが大切。笑顔で楽しく!

□小食や好き嫌い、遊び食べなどが気になることも。でも、しからずに赤ちゃんのペースで進めて。

離乳食が始まったり、昼寝の時間が短くなったり、行動範囲が広がったり・・・。赤ちゃんが日中に元気に過ごすようになると目が離せないから、家事や息抜きの時間帯も見直しが必要かもしれませんね。ママのイライラは赤ちゃんに伝わります。たまには市販のお弁当で夕食を済ますなどして、気持ちにゆとりを持つように工夫できたらいいですね。(文・ひよこクラブ編集部)


■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

監修/【小児科医】山中龍宏 先生

初回公開日 2018/09/15

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

育児中におススメの本

最新! 初めての育児新百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ新百科シリーズ)

つわりで胃のムカムカに悩まされたり、体重管理に苦労したり、妊娠生活は初めての体験の連続ですね。この本は、そんなあなたの10ヶ月間を応援するために、各妊娠月数ごとに「ママの体の変化」と「おなかの赤ちゃんの成長」を徹底解説!トラブルや小さな心配を解決できます。陣痛の乗りきり方や、産後1ヶ月の赤ちゃんとママのことまでわかりやすく紹介します。

初めての育児 新百科

Amazonで購入

楽天ブックスで購入


赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。