1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [予防接種]流行してからじゃ遅い!インフルエンザワクチン接種の注意点を小児科医が解説

[予防接種]流行してからじゃ遅い!インフルエンザワクチン接種の注意点を小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

scyther5/gettyimages

インフルエンザは感染力が強く、重症化すると気管支炎や肺炎、さらに、命を落とす危険もあるインフルエンザ脳炎・脳症を併発することもあります。ワクチンを接種しても、感染・発症することがありますが、重症化を予防するために積極的に接種を。
インフルエンザワクチン予防接種のポイントを、小児科医の山中龍宏先生に聞きました。

効果が出るのは約2週間後!接種の注意点は?

12~2月に流行するインフルエンザ。ワクチン接種は、2~4週間隔で2回必要です。また、効果が出るまでに接種してから2週間ほどを要するので、11月上旬までには1回目を受けるようにしましょう。

卵アレルギーのある人は要相談!

インフルエンザワクチンには鶏卵由来の成分が含まれているので、重度の卵アレルギーなら「受ける・受けない」を慎重に考えなくてはなりません。接種する、しないは自己判断せず、事前にかかりつけ医に相談してください。

接種可能な月齢は医療機関で異なることも

インフルエンザワクチンは、生後6ケ月から接種できます。しかし、医療機関の方針によっては、1歳からの接種を推奨しているところもあるので、かかりつけ医に確認してください。また、ママやパパは、感染して赤ちゃんにうつしてしまわないように、積極的にワクチン接種を。

接種後の発熱や発疹、アレルギー症状が出たら受診を

接種した部位が少しだけ赤く腫(は)れる、発熱、発疹(ほっしん)などが現れることがありますが、ほとんどの場合、自然に治まります。インフルエンザワクチンは鶏卵の成分が含まれていますから、接種後、アレルギー症状が出たら、すぐに受診してください。

インフルエンザワクチンの早わかりチェックリスト

[定期or任意]
☑任意接種

[ワクチンの種類]
☑不活化ワクチン

[接種方法]
☑皮下注射

[接種回数]
☑毎年2回

[次の別の予防接種との間隔]
☑中6日以上

[接種時期]
☑ 6ケ月以降、2~4週間の間隔で2回接種
(13歳以上は通常1回)

[防げる病気]
☑インフルエンザ、インフルエンザ脳炎・脳症など

インフルエンザワクチンを接種して、感染を予防することはとても大切。それに加えて、普段からの手洗いや、流行期の外出は控えるなど、赤ちゃんを守る対策をしていきたいですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
1歳からの英語は早すぎない?日本語への影響は?など気になる疑問にお答えします!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事