1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 暖房をつけた瞬間の悲劇… 妊娠5週から始めた妊娠線対策の結果 ~夫婦のじかん大貫さんの「ママ芸人日記」#1

暖房をつけた瞬間の悲劇… 妊娠5週から始めた妊娠線対策の結果 ~夫婦のじかん大貫さんの「ママ芸人日記」#1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年3月に男の子を出産した、お笑いコンビ「夫婦のじかん」の大貫さん。イラストレーター兼漫画家としても活躍中です。よしもと芸人・イラスト業・ママと毎日大忙しの大貫さんによるのコラム連載「ママ芸人日記」、第1回は妊娠線についてです!

関連:【女芸人の妊娠事情】パチンコ営業、居酒屋レポート…大貫ミキエさんインタビュー

暖房をつけた瞬間の悲劇… 妊娠5週から始めた妊娠線対策の結果

よくモデルさんなんかが妊娠すると、「このクリームすごく良いです!これで妊娠線が予防できました!」というSNS投稿を見かけます。
独身時代からこういう投稿をよく目にしていたので、妊娠線は予防するもの!というなんとなくの認識がありました。

いざ自分が妊娠してみると、ズボラな私には結構面倒なものでした…。
というのも、妊娠線予防クリームはお腹が大きくなり始める5ヶ月頃から塗り始める人が多かったりしますが、私が最初にネットで調べた際に、「5ヶ月」を「5週」と勘違いしてしまったのです。
妊娠5週というと、かなりの初期。
そのとき私は既に9週くらいだったため、慌ててクリームを塗り始めました。
今思えば慌てる必要は全くなかったのですが…。

そうして妊娠5ヶ月の頃には、クリームを塗ることに疲れてしまっていました。
毎日塗っているけど、妊娠線なんてできる気配もないし…もう塗らなくていいか…と、それまで使っていた高級クリームを毎日塗るという習慣をやめ、思い出したときに激安クリームをささっと塗るという習慣へシフトしていったのです。

そして季節は冬。
妊娠も臨月に差し掛かろうという時期、こたつやガウンだけではとうとう寒さも堪え切れなくなり、暖房のスイッチを入れました。

やっぱり暖房は暖かいな~と呑気にポカポカ気分になっていたとき、悲劇は起こりました。

ピリッ!!

お腹で何かが避ける感覚が…。
えっ…なんだろう…お腹が痛痒い…!
そっとお腹を確認しようとした瞬間…

ピリリッ!ピリ!ピリッ!!

またもやお腹に異変が…!

すぐさまお腹を確認すると、下腹部辺りに赤い妊娠線らしきものが…!
そして、確認している最中もピリピリ痛い…!

慌てて妊娠初期に使っていた高級クリームを塗りたくりました。
しかし時既に遅し…。

下腹部には既に数本の妊娠線が…。

慌てて妊娠線について調べ、妊娠5ヶ月頃から塗る傾向にあるという事実をそこで初めて知りました。
そして出産までの間、毎日高級クリームを塗りたくる日々。

あのときのピリッとした感覚は、忘れられません。

妊娠線って、いつの間にかできてしまっているものだと思っていました。
暖房を付けた瞬間にピリピリ皮が破れ始めるなんて、聞いたことありません。

本当に妊娠、出産は人それぞれ。

妊娠線ができてしまって悲しい…と一瞬は思いましたが、よくよく考えるとビキニなんてここ10年くらい着たことがありませんし、着たいと思うことも着る機会もこの先ないだろうなと思いました。
妊娠線ができても、息子を生んだ思い出にもなるし、何をそんなに嫌がる必要があったのかと、ふと我に返ったりもしました。

臨月に慌てて高級クリームを塗りたくったことが功を奏したのか、産後1年経った今では、ほぼ目立たなくなっている妊娠線。

なんだかそれはそれでちょっと寂しい気持ちもします。

関連記事:【芸人夫婦の育児生活】漫才ネタにはならないレベルだけど面白いことがいっぱい転がっています

夫婦のじかん大貫さん プロフィール

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属/夫婦お笑いコンビ「夫婦のじかん」の嫁担当。イラストレーターとしても活動中。相方は元・トンファー山西章博。息子(2018.3生)と夫との3人暮らし。2019年3月にコミックエッセイ「母ハハハ!」(PARCO出版)を発売。

■おすすめ記事
今日の不安もいつかは思い出♪ママも一緒に育っていく絵日記に思わずほろり

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事