1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 授乳
  5. 3分でわかる、赤ちゃん誕生から1才でこんなに変わる「親の生活」

3分でわかる、赤ちゃん誕生から1才でこんなに変わる「親の生活」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
monkeybusinessimages/gettyimages

赤ちゃんが生まれたら、ママ・パパの生活はガラッと変わります。大人中心の生活だったのが、赤ちゃん中心の生活に!
また、赤ちゃんの成長段階によっても、ママ・パパの生活は変わります。
赤ちゃんが成長するにつれて、ママ・パパの生活がどう変わっていくのかを、保健師・助産師の平田かおり先生に聞きました。
これから赤ちゃんが生まれるプレママ・プレパパはもちろん、赤ちゃんが生まれたばかりで「これからの生活、どうなっていくんだろう…」と想像を巡らすママ・パパへ。これを読めば生活の見通しが立って、心構えができます。

関連: 生後0歳~1歳 赤ちゃんの発育発達、生活とお世話のポイント、親子のコミュニケーション

0歳台前半は赤ちゃんのお世話で精いっぱい

まずは、赤ちゃんが0~4カ月ごろの、ママ・パパの生活について見ていきましょう。

0カ月ごろ…ママは体力が回復せず、お世話で精いっぱい!

ママは産後の体力が回復途上。常に寝不足で、授乳に慣れるのに精いっぱいです。ホルモンバランスは不安定で、気持ちもぐらつきやすく、産後うつを発症しやすい時期でもあります。家事はもちろん、赤ちゃんのお世話でも、どんどんパパや家族を頼りましょう。自治体の育児支援サービスや、民間の家事代行サービスなどを頼るのもおすすめ。

1カ月ごろ…出産祝いのお返しやお宮参りなどのイベントも

赤ちゃんの体重が増えて重くなるため、抱っこでけんしょう炎になったり、肩が凝ったりする人もいます。また、ママ・パパが出産祝いのお返しやお宮参りなど、育児以外のことでも忙しい時期です。

2カ月ごろ…ママは体形が戻ってくるころ

里帰りをしたママは、自宅へ帰って新しい生活がスタートするころ。子宮が元に戻り、体形が妊娠前に近づきます。パパは赤ちゃんをおふろに入れるなど、活躍のシーンが広がります。

3~4カ月ごろ…赤ちゃんとのお出かけで、気分転換しやすく

首がすわってくるので、赤ちゃんのお世話がしやすくなり、一緒に出かけるのがラクに。赤ちゃんと一緒にお出かけすることで、ママ・パパのリフレッシュになります。一方で、寝返りが始まると目が離せなくなります。自分で移動し始めるので、室内の安全対策はしっかりと。

0歳代後半は 少しずつ生活に余裕が

次に、赤ちゃんが5カ月ごろから1歳ごろの、ママ・パパの生活について解説します。

5~6カ月…ママの負担が徐々に減り、パパ1人でお世話も!

赤ちゃんにおもちゃなどを渡せば、少しの時間ならうつぶせの姿勢で遊んでくれるようになるので、ママの自由時間がつくりやすくなります。また、パパもお世話に慣れてくるので、ママの負担が減る場合も。離乳食を始める時期ですが、手作りが面倒なときは、ベビーフードを活用してみて。

7~8カ月…お出かけがしやすい時期。一人遊びも増えてラクに

おすわりが安定すると、一人遊びできる時間が増えたり、児童館で楽しめたりするように。離乳食や昼寝の時間が決まってくれば、お出かけもしやすくなります。ただし、ずりばいなどで動き回るようになるので、目が離せなくなってきます。

9~10カ月…離乳食を1日3回にしたい時期。負担が増

1日3回の離乳食がスタートし、離乳食作りがさらに大変に。大人の料理からの取り分けや、ベビーフードなどを活用することで負担減に。身近な人への愛着が強くなることで、人見知りや後追いが激しくなる場合も。その場合は、ママへの負担が大きくなりがちです。

11カ月~1才…生活リズムが大人に近づき、旅行に行きやすくなる!

1日3回の離乳食作りに、だんだんと慣れてくるころ。生活リズムが大人と同じになってくるので、日中のお出かけや、泊まりがけの旅行に行きやすくなります。

※本記事で紹介したのは、一般的な目安です。赤ちゃんの成長には個人差があります。

関連:1歳ごろまではたくさん抱っこを!赤ちゃんにスキンシップが大切な理由

赤ちゃんが成長するにつれて、ママ・パパがラクになってくることも増えれば、新たに大変になることも出てきます。
(取材・文/ひよこクラブ編集部)

■監修/平田かおり先生(保健師・助産師)
助産師として、病院で分娩介助や育児指導をするほか、保健師としても保健センターや子育て広場にて、検診や育児相談、電話相談業務に携わる。双子を含む、男子4人のママです。

ひよこクラブ2020年1月号

別冊付録「赤ちゃん図鑑」では、赤ちゃんの成長と、ママ・パパの生活にフォーカスを当てています。その時期にしか見られない赤ちゃんの“あるある生態”と“ママ・パパとの生活”が、かわいいイラストでまとまっています。

■おすすめ記事
添い乳って危ないの?安全に行う方法は?医師に聞く

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/