Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 仕事
  4. シンプルライフ研究家マキさん 育児で忙しいママたちが楽になるための3カ条

シンプルライフ研究家マキさん 育児で忙しいママたちが楽になるための3カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


11歳と6歳の娘さんのママである、シンプルライフ研究家のマキさん。家事の考え方やアイデア、暮らしぶりがとても人気があるママです。
今回マキさんに「育児で忙しいママたちのために」、毎日がぐっと楽になる3つのヒントを教えていただきました。

1・持たない


マキさんの暮らしぶりをのぞいていると、使っている道具が本当に少な目。

「今の家は2LDK・59平米。物が多ければ多いほど、収納スペースが必要になって暮らしがどんどん窮屈に。だからなるべく“持たない”暮らしを心がけています。」

「洗剤は、たくさん持たず何にでも使える1つだけ」


「例えば、この洗剤は洗濯用の無添加の石けんですが、洗濯の他もにお皿を洗ったり、シンクを洗ったりすることに使っています。それぞれディスペンサーに入れて分けて管理」

2・ストックしない


「物は収納の定位置を決めないと、どんどん増えていきます。とくに日用品は増えがちなので、我が家は“引き出しのこのスペースにだけ"と決めました。ここに入る以上は買いません。赤ちゃんがいるときはおしりふきなども、よく重複買いしていたので、これで管理が楽になりましたね。」

3・しまいこまない


「子どもがダイニングテーブルで使う折り紙やペンなどは、バッグにいれて椅子にかけておきます。しまいこむと、どうしても管理が雑になったり、遊ばないおもちゃが増えてしまいます。
子どものおもちゃが散らかって大変というご家庭は、子どもがよく使うものだけでも、しまいやすい特等席に置くと、自分で出して自分でしまうができてすごく楽になると思いますよ。」

お皿もしまわず見える収納に


「お皿や食器、よく考えたら手前にあるお皿をいつも使っていた!なんていう経験はありませんか?食器はたくさんあるとしまいこんでしまい、いざ使うときに取り出しにくかったりします。だから、わが家は取り出しやすいように、毎日使っている必要なものだけしか持ちません」

マキさんProfile

シンプルライフ研究家として活躍中、11歳と6 歳の娘、夫と4人暮らし。広告代理店で働くワーキングマザー。暮らしのヒントをつづったブログ「エコナセイカツ」(https://www.econaseikatsu.com/)が人気を呼び、著書も多数。現在セミナーで多くの主婦たちに講演を行っている。

■撮影/小山志麻
■構成・文/坂井勇太朗(たまごクラブ・ひよこクラブ編集部)
■動画撮影時期/2019年9月

■おすすめ記事
そのおもちゃ、大丈夫? 知っておきたい安全・安心なおもちゃの選び方

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。