Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 行事・イベント
  4. 知っておきたい贈り物マナー。ママ友や先生に贈る時は?

知っておきたい贈り物マナー。ママ友や先生に贈る時は?

子供の女の子のためのギフトボックス。図書館で贈り物を与えるために笑顔のアジアの女の子の手に赤い弓を持つ白いボックス。 記念日とお祝いのコンセプト
Wand_Prapan/gettyimages

お祝いや日頃の感謝、お礼の気持ちを込めて渡したい贈り物。できるだけ相手に喜んでもらえるように、失礼がないようにと思うと、マナーが気になりますよね。今回は相手別・シーン別の贈り物のマナーについて、マナーコンサルタントの中川裕美子さんに紹介してもらいました。

中川裕美子
マナー&コミュニケーション講師。
OL時代に役員秘書を担当し、儀礼手配に勤しむ日々を過ごす。現在は、おもてなしの教育を担当。
SONORI

贈り物マナーの基本

贈り物をするときには、基本として「心構え」「品選び」「留意点」の3点を大切にしましょう。この3つは誰に対しても、どんなシーンでも共通するポイントとなります。

【心構え】贈るときのキーワードは「こころ」

品物を贈るときに最も大切なことは、「こころを贈る」ということです。相手にどのような思いや気持ちを届けたいのか。品選びの前に、自分の気持ちを整理しておくと良いでしょう。

【品選び】「より良い関係づくり」になる品を

より良い関係となるように、品選びをしましょう。品物を選ぶときには以下のような点を大切するとよいですね。
・相手が困惑しない程度の品であること
・自慢につながるようなものはNG
・見栄張と思われるようなものはNG
・ケチ(お金を惜しむ)はNG

【留意点】相手と周囲との関係に、十分な配慮を

贈り物をするときには、関係する人、周囲の人へ事前に伝えておくとよいでしょう。「相談なしに一人で贈るなんて!」といったような誤解や悪評を避けられます。また、相手に渡すタイミングも気を配りたいところです。

ママ友への贈り物マナー

ここからは、相手とシーン別に贈り物マナーをご紹介します。まずは、ママ友へ贈るときについてです。

日頃のおすそ分けやお礼をするとき

「日々の信頼関係」が続くように、親しみと感謝の気持ちを贈り物に託すと良いでしょう。おすそ分けをするときには、「返却不要の入れ物で贈る」「お返しに相手が悩まない程度の品にする」「お返しを期待しないで贈る」のがコツです。

土産品をお渡しするとき

相手と相手のご家族にも配慮するのが基本です。「相手のご状況やアレルギー、苦手な品などに配慮する」「自慢となるようなお土産はNG」「悩むようであれば、お菓子や飲み物等で小分けにできる品にする(相手が扱いやすい)」などが気をつけるポイントとなります。

お祝いをお贈りするとき

喜びを分かち合えることに感謝しましょう。「祝福の気持ちを素直にもつ(嫉妬、義理の意識を捨てる)」「相手の嗜好を最優先する」「喜ぶ様子や見返りを求めない」「親しい間柄のときは、ママ友として推奨する便利品を贈る」などがオススメです。

親戚への贈り物マナー

「郷に入っては郷に従え」と昔からいわれます。まずは、ご親戚やご主人が大切にしている伝統や習わしを尊重して、贈るようにしましょう。

お中元・お歳暮等のごあいさつのとき

ご親族同士の習慣や地域性等を尊重した贈り方がベストです。それが不明のときは、信頼できる方に教えてもらうと良いでしょう。お品物、価格、贈る時期、お届けの仕方などを具体的に確認すると安心ですね。

結婚、還暦等のお祝いのとき

日ごろのお付き合いの程度から、品物、価格、贈り方などを考えてみましょう。親戚間の中では「ケチらず出しゃばらず」という頃合いを見つけることが肝心です。お祝い事は、事前にわかることが多いので、できるだけ早めに検討し始めると良いでしょう。

お見舞いや励ましのとき

相手のお心と状況を、慰めたり励ましたりできる品を選ぶようにしましょう。贈り物に手書きの手紙を添えると、誠実な気持ちが誤解されずに届くかもしれません。お付き合いの度合いによっては、タブー品のマナーを過度には気にせず親戚として堂々と贈れると嬉しいですね。

先生への贈り物マナー

最後に習い事や学校など、子どもの先生に対する贈り物マナーについてご紹介します。

親として一人でお贈りするとき

先生への敬意を大切にして贈りましょう。「『お礼』『ごあいさつ』等を書いた熨斗紙をつけて贈る(目的の明確化)」「訪問・手渡しする」「教え子側らしく謙虚な物にする」などの礼儀を大切にすると良いでしょう。

子どもと一緒にお贈りするとき

感謝を届けることを優先しましょう。子どもからの手紙や絵に、先生は大喜びしてくれるはずです。子どもと相談しながら、楽しみながら手配をしましょう。過度な準備負担は、かえって先生を悩ませますので、要注意です。

ママ友と一緒にお贈りするとき

早めに相談し始めて、穏やかに贈りましょう。さまざまな意見が出るかもしれません。ママ同士で折り合いをつける、大人の関係が期待されます。「誰かに任せきり」といった無責任さにも要注意です。せっかくの贈り物の機会が台無しにならないように、協力し合える関係の中で、仲良く贈りましょう。

今回は、贈り物のマナーを相手とシーン別にご紹介しました。どのようなときにも、贈り物をするときは「こころ」が大切です。悩み過ぎずに、相手に届けたい思いを品に託して、堂々と贈りましょう。

■おすすめ記事
おすすめの赤ちゃんとの遊び方

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。