Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 赤ちゃんのお世話
  4. 赤ちゃんの「夕寝」の大切さ 夕寝は夜の睡眠の敵じゃない! 米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント

赤ちゃんの「夕寝」の大切さ 夕寝は夜の睡眠の敵じゃない! 米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタント

かわいい愛らしい白人のブロンドの幼児は、昼間にベビーカーで眠っています。子供のヘルスケアと幸せな子供時代の概念
Kyryl Gorlov/gettyimages

今回は「赤ちゃんの夕寝」について。日本人初の米国IPHI公認・乳幼児睡眠コンサルタントの愛波文さんが、赤ちゃんや子どもの睡眠について米国NYから情報を発信!
「愛波文さんのぐっすりねんねROOM#17」。
夕寝とは、夕方に寝ることを指します。赤ちゃんが夕寝すると、「今日は夜の就寝が遅くなっちゃうかも…」と、心配になるママやパパもいることでしょう。けれど、赤ちゃんの月齢によっては夕寝が質のいい睡眠に一役買ってくれているとか⁉ 夕寝の正しいし知識を、愛波さんが教えてくれました。

1才6カ月以降は夕寝が夜の就寝に響くことも

「16時以降に赤ちゃんを寝かしてしまうと、夜眠れなくなる」

「赤ちゃんに昼寝をさせすぎると、夜寝てくれなくなってしまう」

こんなことを言われたり、育児書の記述を見かけたりしたことはありませんか?

確かに、月齢によっては夕寝(昼寝)が長すぎると、夜の就寝に影響が出てくることはあります。

1才6カ月以降で、16時ぐらいまでぐっすり寝てしまった場合、夜の就寝が22時と遅くなってしまうことはよくあります。
このように就寝時刻が遅くなってしまう場合は、16時まで昼寝をさせてしまうのは避けたいもの。
でも、16時まで昼寝をしていて、20時には寝てくれるという場合は、無理して起こす必要はありません。また、風邪をひいていたり、体調が悪かったりするときは、いつもより寝ると思いますので、そのまま寝かせていても大丈夫です。

9カ月くらいまでは夕寝が必要!

月齢別の活動時間の目安とベストな睡眠時間の一覧表(画像:愛波 文さん提供 

一方で、赤ちゃんの月齢によっては夕寝がものすごく大事です。

9カ月くらいまでは夕寝が必要だと思ってください。16時以降に夕寝をしても問題ありません。

9カ月を過ぎて、夕寝がなくなってくると昼寝が16時ぐらいまでになることがありますが、その場合でも19時30分や20時くらいにまた眠くなりますので、寝かせてしまってOKです。

お子さんの月例に適した活動時間(起きていられる時間)を確認していただき、活動時間が大幅にオーバーしてしまわないように寝かしつけることで、その月齢に適した睡眠をとることができます。

活動時間がオーバーしてしまうと、ストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌し、脳が興奮状態になってしまいます。
興奮状態のわが子を見て、私たち親は「まだまだ元気だわ!」と思ってしまうのですが、実は疲れすぎている状態。疲れすぎる前に寝かせることがとても大切です。

月齢が上がるとともに活動時間も延びていきますので、上記の表を確認していただき、徐々に延ばしていってくださいね。

夜のねんねトラブル防止に、夕寝が有効

夕寝によって、夜のねんねトラブルが改善することもあります。

夜泣きや寝ぐずりなど、夜のねんねトラブルがある場合、夕寝をしていないことが大きな原因になっていることがあります。

夕寝をしないまま就寝時のセルフねんね(ねんねトレーニング)を教えていってしまうと、泣きが激しくなったり、夜泣きをしたり、セルフねんねで寝ついても1~2時間で起きてしまったり、というようなことがありますので、ぜひ夕寝をさせてあげてください。

夕寝はとても大切なのですが、1日の終わりで赤ちゃんも親も疲れてくる時間帯です。夕食の準備もあり、なかなかゆっくり寝かしつけができないこともあると思います。

夕寝はそもそもセルフねんねを教えていくのがとても難しいため、「寝かしつけはどんな方法でもいいです!」とコンサルテーションではお伝えしています。授乳、抱っこ、添い寝、おんぶと、何でもOK。
「何をしても寝てくれない!」という場合は、暗い涼しい寝室でゆっくりと授乳したり、お散歩に出かけたり、抱っこでベランダに出たりするのでもOKです。

夕寝をさせてあげることで、夜のねんねトラブルを防止することができます。
「赤ちゃんに夕寝させると、夜寝てくれなくなってしまう」と怖がらず、9カ月ごろまではぜひ夕寝にチャレンジしてみてくださいね。

文・監修/愛波文さん 構成/ひよこクラブ編集部

愛波 文さん(あいばあや)
Profile
乳幼児の睡眠コンサルタント 『ママと赤ちゃんのぐっすり本』(講談社)著者。 日本人初 乳幼児の睡眠コンサルタント。APSCアジア/インド代表。IPHI日本代表。Sleeping SmartJapan株式会社代表取締役社長。Sleeping Smart Consulting LLC代表。慶應義塾大学卒業。2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。現在、2人の男の子の子育てをしながら、企業やイベント講演、子どもの睡眠に悩む保育者のコンサルティング、日本人向けに睡眠を専門とするSleeping Smart®子育てサロンと睡眠・育児について配信を行うぐっすりLIVEを運営。IPHIと提携し、オンラインで妊婦と乳幼児の睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。

■Instagram:aya_aiba

■Twitter:@sleepingsmartJP

■Home Page:公式サイト

■YOUTUBE:ママと赤ちゃんのぐっすり本 愛波文チャンネル

■おすすめ記事
【動画】災害から赤ちゃんを守るために今日から始めたい5つのこと

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。