Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 子ども用箸は何歳から使う? 選び方は?【管理栄養士】

子ども用箸は何歳から使う? 選び方は?【管理栄養士】

子どもが食事をスプーンやフォークで上手に食べられるようになってきたら、気になるのが「箸の始めどき」。箸の使い始めや、どんな箸を選んだらいいのかなどについて管理栄養士の中村美穂先生に聞きました。

Q 箸の使い始めはいつごろ? 

A 子ども自身が、スプーン・フォークを使ってある程度食事ができるようになり、箸に興味を持ったら子ども用箸の始めどきです。ただし、箸を使うには高度な手指の動きが必要。3才代でスタートしても、正しく使えるようになるのは5~6才ごろが目安です。あせらずに取り組みましょう。

Q 箸の正しい持ち方をおさらいしたい!

A 箸の正しい持ち方を大人がおさらいして、手本を見せながら、練習しましょう。箸の真ん中より少し上を正しく持たせて。上の箸は親指の腹で軽く押さえ、人さし指と中指の2本で挟みます。下の箸は親指のつけ根ではさみ、薬指の横腹にのせて支えます。

Q 子ども用箸の選び方は?  

A 子ども用箸は、子どもの手に合う長さのものを選びましょう。子どもの手の長さ(手首から中指の先)の1.2倍の長さが目安です。または、手の長さより3㎝くらい長いものを選びましょう。木製でつやがないものが持ちやすいです。

Q 最初は矯正箸を使ったほうがいい?

A 子どもが箸を正しく使えるようになるのは5~6才になってから。矯正箸は、その前段階で子どもの手指の機能を補助するもの。必ず使わなければいけないというわけではありません。子どもが箸で食べることで気分が盛り上がってよく食べるなど、メリットがあれば持たせてもいいでしょう。

Q 練習をするときに気をつけることは?

A 箸の持ち方は、間違って身に着けてしまうと直すのにとても苦労します。使いたがるようなら、2才代でも危なくない範囲で使わせても構いませんが、スプーンやフォークが上手に使えるようになるまでは、無理に持たせないほうがおすすめ。箸の前段階として、スプーンやフォークで手指の動きや力加減などをしっかり学んでおくことが大切なのです。箸を正しく使えるよう、あせらずじっくり練習していきましょう。

監修/中村美穂先生(管理栄養士) 
保育園栄養士として、乳幼児の食事作りや食育活動に従事。現在は離乳食教室を定期的に開催。2人の男の子のママでもあります。

イラスト/関 祐子 取材・文/ひよこクラブ編集部

大人でも正しい持ち方ができない場合があるほど、高度な手指の動きが必要になる箸使い。目安として3才代に使い始めても、正しく使えるようになるまでは長い道のりが。あせらずじっくり取り組めるといいですね。

『ひよこクラブ』の「とじ込み付録 離乳食1年生 自分で食べる編」特集では、箸の前段階にあたる「手づかみ食べ・スプーン&フォーク食べ」について詳しく解説しています!

■おすすめ記事
赤ちゃんの100人に6~7人が発症する “食物アレルギー”って遺伝が原因なの?

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。