SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 幼稚園・保育園
  4. 妊娠中から保活はなぜ必要?ポイントは?【専門家】

妊娠中から保活はなぜ必要?ポイントは?【専門家】

妊娠中の女性は、オフィスで頭痛を引き起こす
Milatas/gettyimages

保活とは保育園にはいるための活動のこと。「産後でいいでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、都心や大きな都市では希望通りの園に入るために、さまざまな活動が必要となります。そのため、自由度の高い(一人で動き回れる)妊娠中が良いということに。もしあなたが妊婦なら、今から保活のノウハウを知っておきましょう。

妊娠中に保活をした方がいいのはなぜ?

保活は役所に行ったり、資料を見たり、見学に行ったり…、時間がとてもかかります。「それくらいなら産後でもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、産後は驚くほど時間がないもの。

たとえば、産後1カ月は外出を控えたいし、慣れない育児で調べる時間は少ないし、時間通りに外出できないことも…。情報収集と見学はできるだけは、できるだけ妊娠中にしておいたほうがいいんです。(※)

※新型コロナウイルス感染症の環境により、通常とは運営が異なる場合があります。地域の情勢や施設の運営状況に合わせて、健康と安全を優先して保育園見学などのスケジュールをご検討ください。

激戦区でもそうでなくても、1人で動ける妊娠中に情報収集を

保活を産後にする場合、「産後すぐは赤ちゃんとのお出かけが難しい」や「赤ちゃん連れで保育園の見学はたいへん」、「見学予約が1~2カ月先になる」ことがあり、スケジュールの組み立てが難しいことも。

一方、妊娠中は単身で動けるので、スケジュールの都合をつけやすいのが利点。産後の入園申し込みをスムーズに進められるよう、妊娠中の今から保活を始めましょう。

妊娠中に情報収集するときのポイント

妊娠中に情報収集するときのポイントは主に下記の3つです

①いつ入園させるか…0才4月入園にするか、それ以降にするか(ただし1~3月生まれは0才4月入園が難しい場合も)

➁どこに入園させるか…認可園と認可外園、どちらに預けるか、通園できる&自分に合う園はどこかなど

③どうやって入りやすくするか…自分の住んでいる自治体の状況はどうなのか(指数と選考方法をチェック)

このポイントに合わせて調べると、効率よく、保活ができるでしょう。

監修/山下真実さん 文/たまごクラブ編集部

妊娠中や産後は予期せぬトラブルがあるもの。

先輩ママの中には「緊急帝王切開になり、産後の見学が思うようにいかなかった」「妊娠中から保活を始めていたのにも関わらず、見学が1カ月半先と言われ、出産予定日ギリギリの見学になってしまった」「待機児童が多いことを知らず、産後バタつき、準備不足もあり0才入園がかなわなかった」などスムーズにいかなかった経験をした人も。

ぜひ早めに保活を初めて、保育園にスムーズに入れるよう対策をとりましょう。

参考/「たまごクラブ」2020年8月号「初めての保活」

山下真実さん
Profile
ここるく代表取締役 2児(9才と3才)のママ。人気レストランを託児つきで利用できるサービス「ここるく」を起業。子育てと仕事のアドバイスに定評がある。

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。