SHOP

たまひよ会員

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 体のトラブル
  4. [妊娠10週の口コミ]ふくらんできたおなか。服や妊娠線ケアどうしてる?★先輩ママ体験まとめ

[妊娠10週の口コミ]ふくらんできたおなか。服や妊娠線ケアどうしてる?★先輩ママ体験まとめ

更新


妊娠10週目になり、おなかのふくらみを感じ始めた人もいるのではないでしょうか。体にピッタリとした服だと、おなかを締めつけてしまう場合もあるので、そろそろマタニティ用の下着や服の準備を始めると安心です。とはいえ、まずはなにから準備すればいいのか悩んでしまう人もいるでしょう。先輩ママたちの声では、下着から用意したというケースが多く、着心地のよさや産後も使えるという基準で選ぶのがおすすめ、というアドバイスもありました。
また、この時期に気になるのが、「妊娠線のケア」。ケアをすれば必ずできないというわけではありませんが、早めにスタートしておくとよいかもしれません。ここでは、おなかが少しずつふくらみ始めてきた妊娠10週目に役立つ情報をチェックしておきましょう。

おなかのふくらみには個人差が

少しずつおなかのふくらみを感じ始める人も多いこの時期、「赤ちゃんによるものなのか、それとも脂肪や便秘によるポッコリなのか…」と、いまいちピンとこないという妊婦さんもいるようです。また、1人目の妊娠時よりも、2人目のほうが早い段階からポッコリしやすいという声もありました。おなかがふくらみ始める時期については、もともとの体質やこれまでの出産経験によってそれぞれ個人差があるようです。ほかの人とはあまり比較せずに、自分のおなかが少しずつふくらんでいく様子を見守っていけるといいですね。

【はじめての妊娠時との違い】
2人目妊娠中です。もうすぐ11週ですが、おなかが出てきたような気がします。1人目のときは、この時期ではまだ目立たなかった気がします。

【脂肪によるポッコリ?】
現在、4カ月の初妊婦です。妊娠前からわりとやせているのですが、腹筋があまりなくもともとおなかがポッコリとしているため、変化がよくわかりません。おなかが出てきたのか、ただのデブなのか…。

マタニティ服選びと着る時期

アンケート結果

Q.マタニティグッズは何を準備した?
下着 92.5%
ボトムス 70%
パジャマ・ルームウェア 59.6%
タイツ 54.7% 
ワンピース 55.9%
その他 9.1%

※2022年2月実施。妊娠中~2歳までのお子さんをお持ちのママ(n=8,607)

おなかの変化やつわりの症状などから、いつもはいていたパンツやスカートの締めつけが、だんだん苦しく感じるようになってきたという妊婦さんも多いのではないでしょうか。妊娠3~5カ月頃はそんな理由からマタニティ服の着用を始める人が多いようです。
たまひよWEBでは、先輩ママたちがどんなマタニティグッズを準備したのか聞いてみました。
その結果、一番多かったのは「マタニティ下着」で、なんと92.5%もの方が購入したとの結果に。「締めつけがツラくなってきて一番に下着を購入した」との意見が多くみられました。特にブラは産後のことも考えて、この頃から少し大きめの授乳用ブラやワイヤーなしのカシュクール型のものを購入する方が多いようです。
購入したマタニティグッズで次に多かったのはボトムスで70%という結果に。やはりこちらもおなかが大きくなるにつれ、必要と考える方が多いようです。同じ理由でワンピースも55.9%と人気。ゆったりとしたワンピースやボトムスは妊婦さんの強い味方ですね!
その他、衣類以外のグッズとしては抱き枕やクッション、骨盤ベルトなど大きなおなかを支えたり楽に過ごすためのグッズに加え、妊娠線のケアをするためのクリームと答えた方も多かったです。

【4カ月後半からマタニティジーンズを】
マタニティジーンズは4カ月後半からはいています。体を締めつける服だと、つわりがひどくなるため、妊娠8週目くらいからゆったりしたものばかり着ていました。体重が増えていない時期でも、徐々に骨盤が広がってきたようで、ふだんのパンツはだんだんはけなくなってしまいました。

【機能的なものを選ぶのがおすすめ】
ラクなのはだんぜんカップつきのタンクトップやキャミソールでした。特に、産後も使えるカシュクール型は授乳もしやすくて便利です。中期以降どんどんサイズが変わるので、今はカップつきインナーだけ買って、つわりが治まるころにほかのものを買いそろえてもいいと思います。

【ボトムスはやっぱり必要だった】
下着とボトムスとルームウェアを買いました。ボトムスはなくても大丈夫かなと思ってましたが、いよいよおなかが大きくなってくるとやっぱりマタニティ用が楽だしワンピースだと冷えてしまうしで、買って正解でした。

【タイツをたくさん買い足しました】
寒い時期が妊娠期間だったのでおなかや足を温めてくれるレギンスは必須でした。でも普通のタイツだとおなかが苦しくなってしまうので、マタニティ用のレギンスやタイツは重宝しました。仕事中も履かなくてはならないため、何足も買い足しちゃいました。

【妊娠線ゼロで過ごせました】
いろいろ買いましたが、おなかが大きくなると下着やボトムスが苦しくなるので、マタニティ用を買って良かったです。あとは妊娠して乾燥がひどくなったので、保湿用のボディークリームもとても活躍してくれました。そのおかげか妊娠線なしで乗り切れました!

【快眠を助けてくれる抱き枕】
睡眠はすごく大事なので抱き枕がおすすめ。おなかが大きくなるにつれて横向きでしか寝られなくなり、抱き枕を使うと横向きが安定して寝やすかったです。あと、パジャマは前開きのほうが授乳が楽。産前産後両方で使えるパジャマがいいと思います。

「妊娠線ケア」のスタート



赤ちゃんの成長とともに、これからどんどん大きくなっていくおなか。そこで気になってくるのが「妊娠線の予防」です。しかし、いつからどんなものを使えばいいのか悩んでしまう人も多いようです。先輩ママの体験談によると、中期ごろまでにはケアを始める人が多いようです。また、専用のクリームではなく市販の保湿クリームやオイルでもOKという意見も。妊娠線ができるorできないには個人差もあり、しっかりとケアをしていても妊娠線ができてしまった人もいるようですが、そろそろ考えはじめてみてはいかがでしょうか。

【しっかりと保湿することが肝心】
1人目のときは、雑誌で紹介されていたクリームを購入して塗っていました。2人目のときは、少しでも安いものを!と思い、自宅に余っていた保湿剤や、薬局などで売っている安い保湿剤を塗っていました。保湿ができていればいいので、なにを使ってもさほど変わらないかなと思います。

【つわりがひどい場合は無臭のものに】
私自身はつわりで8カ月になってもにおいに敏感だったため、無臭のものしか選べませんでした。ワセリンは無臭ですし大きいものでもかなりお安く手に入ります。後期で手足の乾燥が出たときも、よく活用していました。

これから少しずつ大きくなっていくおなか。いつもの下着やボトムスだとちょっときついなと感じたら、早めにマタニティ用に切り替えてみるとよいでしょう。たくさん種類があるので、どれがいいか迷った場合は、先輩ママの口コミを参考にすると選びやすいかもしれませんね。

■他の週数の記事を読む
[妊娠9週]ガマンは禁物!妊娠初期の働き方
[妊娠11週]便秘で苦しい、夜眠れない・・・少しでも解消する方法

※投稿内容は投稿者の個人的な見解・体験に基づくものですので、あくまでもアドバイスとして参考にしていただき、症状などについては医療機関にご確認ください。

※文中のコメントは、たまひよアンケートとベネッセが運営していた女性向け口コミサイトへの投稿を再編集したものです。

■おすすめ記事
【パパ育児のススメ】ママへの思いやりと赤ちゃんの成長を楽しむことがカギ!

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。