1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 妊娠・出産・育児でいくらかかる?【妊娠・出産 お金の話】

妊娠・出産・育児でいくらかかる?【妊娠・出産 お金の話】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Milatas/gettyimages

従来は、妊婦健診や分娩入院費にはまとまった費用が必要でしたが、最近は国や自治体の助成が拡大してきました。自己負担がどのくらいになるか最新情報を入手しましょう。(※文中に登場する先輩ママDATAは、278人に対して行ったアンケートをもとにしたものです。)

妊婦健診費

妊娠・出産にかかる費用には健康保険が使えないため、妊婦健診には1回あたり3000円~5000円が、検査が多いときには1万円を超える額の負担があります。先輩ママDATAによると、自己負担額の平均は約5万8000円です。

 国が望ましいとする妊婦健診の回数の15~16回分をトータルすると、かなりの負担です。しかし、最近では妊婦さんの経済的な負担を減らすため、公費で助成されるようになりました。ただし、助成の内容や金額は自治体によってさまざまです。妊娠届を提出し、母子健康手帳とともに「妊婦健康診査受診票」をもらったら、助成内容をしっかり確認しておきましょう。国が「無料化」を掲げているため、妊婦健診費はゼロと考えている人もいますが、初回の健診費用や基本的な助成項目以外は自己負担になることに注意が必要です。

マタニティ・ベビー用品費

マタニティ・ベビー用品は最低限用意し、必要に応じて買いたそう

 先輩ママDATAによると、マタニティ・ベビー用品費にかかったお金の平均は約13万円です。特に初めての赤ちゃんの場合、つい、いろいろと揃えたくなりますが、マタニティ用品や新生児期のベビー用品は使う期間が短いものです。不況の折から、これらを安く賢く揃えようとするママが増えてきました。

 マタニティウエアは、チュニックやAラインのワンピースなど妊娠前に着ていたものをうまく使い回しながら、ボトムや肌着などどうしても必要なもののみ買うケースが多いようです。ベビー用品はお下がりやレンタル、リサイクル、オークションなどの利用も目立ちます。肌着類など、新生児期は頻繁に洗濯をするために、数枚だけで十分だったという声も。最初は最低限用意し、必要に応じて買いたしていくといいかもしれません。

分娩入院費

分娩入院費には健康保険が適用されません。出産には、40万円前後のまとまった費用が一度に必要ですが、健康保険に加入している人は、健康保険から42万円(産科医療補償制度に加入していない産院での出産なら40万4000円)の出産育児一時金が給付されるので、実質的な負担は数万円程度が一般的です。

 また、現在は出産育児一時金が健康保険から産院に直接支払われる制度(直接支払制度・受取代理制度)が原則となり、ママが準備すべき分娩入院費はいっそう減る傾向にあります。ただ、一方でサービスを重視する産院での分娩入院費がやや高くなってきており、結果として、出産育児一時金ではたりず、差額を払ったというママも増えているようです。

【注意】早めに産院に確認しておきましょう

 出産育児一時金の直接支払制度をあてにして、分娩入院費を用意していなかったという人もいます。産院には、分娩入院費の総額がいくらか、直接支払制度を導入しているかを早めに確認しておきましょう。直接支払制度を導入していない場合は、退院時に立て替える費用を用意しておきましょう。

里帰り出産費

パパの交通費や実家での生活費、お礼も考慮しましょう

 里帰り費用には、ママの交通費のほか、パパが通う交通費も含まれます。遠方への里帰りの場合は、情報収集をして、割引などをうまく利用しましょう。ママの実家に滞在する場合でも、多少なりとも生活費やお礼は用意したいものです。
先輩ママDATAによると、平均は約5万8000円です。

出産内祝い

出産祝いをもらったら内祝いのお返しをしましょう

 親族や友人などからの出産祝いは、何かと物入りのこの時期、とてもありがたいものです。でも、お返しとしての内祝いは送りましょう。費用の目安は、いただいた金額の3分の1から2分の1です。いただいてから1~3週間以内には相手に届くよう、手配しましょう。
先輩ママDATAによると、平均は約8万1000円です。

イベント行事費

赤ちゃんの成長を願う行事が目白押しです

 お七夜、お宮参り、お食い初め、初節句など、赤ちゃんの成長を願うお祝い事がしばらく続きます。これらの行事には何かと費用がかさみます。ママやパパの実家の援助もあるかもしれませんが、あまり頼りすぎることなく、自分たちの無理のない範囲で行いたいものです。
先輩ママDATAによると、平均は約10万1000円です。


監修:畠中雅子 先生
ファイナンシャル・プランナー
「たまごクラブ」をはじめ、多くの雑誌などでのマネー相談やセミナー講師などで幅広く活躍。3人のお子さんのママで、子育て中の家族にピッタリのアドバイスをしてくださいます。


監修:守屋三枝 先生
特定社会保険労務士
企業や個人の社会保険・労務相談をはじめ、キャリアデザインセミナー等の企業研修トレーナーとしても活躍されています。3人のお子さんのママでもいらっしゃいます。

■妊娠・出産 お金の話
妊娠・出産・育児でいくらかかる?
妊娠・出産で健康保険が適用されるケース
「もらえる」&「戻る」お金を確実にゲットするためのポイント
出産育児一時金
児童手当(子ども手当)
児童扶養手当
乳幼児の医療費助成
未熟児養育医療制度
高額療養費
確定申告(退職者の所得税還付申告・医療費控除)
出産手当金
傷病手当金
育児休業給付金
失業給付金

妊娠・出産 お金の話

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事