Benesse

オンラインショップ

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. ほぼすっぴん!私のアパートにイケメン部長が…【小説「ご懐妊!!」Vol.11】

ほぼすっぴん!私のアパートにイケメン部長が…【小説「ご懐妊!!」Vol.11】

『ご懐妊!!』Vol.11
スターツ出版文庫の大人気小説『ご懐妊!!』が、たまひよWEBにて連載中。「たまごクラブ」でもおなじみの産科医・大浦訓章先生のひと言解説もお見逃しなく。

●これまでのあらすじ
広告代理店で仕事に打ち込む佐和。悩みといえば、上司のイケメン鬼部長・一色が苦手なことくらい。それなのに、お酒の勢いで彼と一夜を共にしてしまい、後日、妊娠が判明!不安と途惑いの中、佐和はある決心をし部長に「赤ちゃんがいます」と告げた……、部長の答えは「結婚」、どうする佐和?


三ヵ月

 そんな和泉さんのお言葉に甘えて、今週、私は休みをもらっている。そして、この件の冒頭に戻る。ベッドで身体を丸めて呻いていたわけ。
 休み初日の月曜日、二十二時過ぎに部長が私のアパートを訪ねてきた。行くとは言われていたけど、ろくに片づけられないまま、初めて部屋に通すことになり、誠に遺憾(いかん)であります。
 私は眉毛しか描いてない顔に部屋着。ひどい有り様だ。やっぱり遺憾であります。
「ほら、生きてるか?」
 そんなことはお構いなしの部長は、いつもの調子で私にコンビニのビニール袋を手渡す。私はベッドの上でそれを受け取った。
 中身はスポーツドリンクがたくさんと、ゼリーやプリン、アイスクリームもある。
 あー、普段なら嬉しいラインナップだ。でも今は見るだけで胸が悪くなってしまう。
「和泉さんが、おまえはインフルエンザだと俺に言ってたぞ」
「あ、はい。表向き、それで部長には言っといてくれるって……」
 彼は真顔で頭をかく。
「悪いことしたな。和泉さんには、あとで丁重に謝罪しよう」
「はい。それはもう」
「あと、これ見ろ」
 部長がクリアファイルをベッドに載せる。それは新居候補の間取りや写真の資料だ。
「わぁ、ありがとうございます。さすが、仕事が早い」
「当たり前だ。俺を誰だと思ってる」
 新居はこの土日にふたりで見に行くつもりだったんだけど、私の体調を考えて、部長がひとりで探しに行ってくれた。
 私たちは何軒分もの資料をベッドに並べて、チェックを始める。
「会社が新宿だからな。通勤のしやすさと、住環境の静かさ重視だ。中古マンションだが、築浅ばっかり選んできたぞ」
「こことかいいですね。駅から遠くないし、公園も近くにあるみたい」
「間取りも悪くないよな。2LDKだ。子ども部屋も取れる。あ、でも……」
 彼は言いよどんで黙った。
「なんですか?」
「なんでもない」
「気になるじゃないスか!」
 食い下がる私に、部長は歯切れ悪く小声で言う。
「いや……子どもが増えたら……このマンションは手狭だなと……思っただけだ」
 子どもが増えたら……その言葉に、私は頬がかあっと熱くなるのを感じた。
「あはは、……気が早いなぁ」
「そ、そうだよな! うん、梅原さえよければ、ここにしよう。俺が先に移り住んで、おまえは体調がよくなったら引っ越してこい」
 彼は早口で言い、話を打ち切った。私もなんだか恥ずかしいので、助かった……。
「ところで、体調はどうなんだ?」
「よくはないですけど、部長と話してたら、ちょっと紛れました。ありがとうございます」
「腹で育てるのと産むのは、代わってやれないからな。俺にできることは……する。言ってくれ」
 部長、なんだか優しいですね。こうして向き合っていると、あの夜感じた、ぐらっとくる引力を感じてしまう。優しいキスが胸をよぎる。
「あ! 思い出したぞ!」
 私の胸の高鳴りを無視して、部長が大きな声を出した。バッグから分厚い本を取り出す。
「これも読んどけ」
 彼が出した本には『プレママさんが読む本』というタイトルがついている。
 プレママ? ああ、妊婦ってことか。
「妊娠の経過と出産、育児までが簡単にまとめられてる。どうせ梅原のことだ。こんな気の利いた本は買ってないだろう」
「やー、確かに買ってないです。こんな本があることも知らなかったです」
「ちなみに俺はもう、ざっと目を通した。おまえが持っておけ」
 自信満々に本を押しつけてくる部長に、私は「はぁ」と気のない返事。
 もしかして、部長、ちょっと浮かれてませんか? いや、そんなことないよね。仕事バリバリ精神で妊娠に挑むと、こうなるんだよね。
 彼が帰っていき、私は久しぶりに少し楽な気持ちになっていた。
 すごい。部長と話したら、身体が楽。もしかしてお腹の赤ちゃんが『パパが来た!』って、つわりを緩めてくれたのかな?
 なーんて、私らしくもなくロマンチックな思考。そもそも、赤ちゃんがつわりを緩められるなら、もっと早くそうしてくれて当然だ。だってこのまま私が食事できなきゃ、ベビーだっておまんま食い上げなわけだもの。
 ベッドに横になる。
 部長が次に来てくれるのは土曜日。今週は忙しいから、夜に来るのは難しいみたい。
 この調子なら、次に部長に会うときには結構元気になっちゃってるかもしれない。そしたら、引っ越しの相談をしよう。
 来週はクリスマスなんだし、できたてカップルとしてデートでもすべきかな。
 うふふとにやけながら、眠りにつく。吐き気は減っていて、私はすっかり油断していた。

つづく
【小説「ご懐妊!!】次回をお楽しみに


大浦先生アドバイス

妊娠初期、胎芽は卵黄嚢から栄養をもらっています。胎盤が形作られるまで、ここから栄養をもらうため、母体が食事ができなくても赤ちゃんの発達には問題ありません。食べられるものを好きなだけ食べてください。3日たっても食べられなかったり、改善しない場合は主治医に相談してください。夏や暑いときには脱水に気をつける必要があります。水分もとれないときは医師に相談してみてください。

著者/砂川雨路  イラスト/くにみつ 監修/大浦訓章先生

この小説はスターツ出版文庫から刊行されている『ご懐妊!!』より掲載しています。たまひよWEB版は産婦人科医大浦訓章先生の監修のもと一部改訂しております。


砂川雨路
Profile
群馬県出身。東京都在住。著書に、『愛され新婚ライフ~クールな彼は極あま旦那様~』『クールな御曹司の本性は、溺甘オオカミでした』(ベリーズ文庫)、『僕らの空は群青色』(スターツ出版文庫)などがある。現在、小説サイト「Berry's Cafe」「ノベマ!」にて執筆活動中。『ご懐妊!!』(スターツ出版文庫)は現在3巻まで発売中。テキストリンクなどもはれる。

大浦 訓章先生
Profile 
南流山レディスクリニック院長 慈恵医大卒。産婦人科准教授、同大付属病院総合母子健康センター産科部門長、東京母性衛生学会理事、日本周産期新生児学会評議員・副幹事長、日本周産期新生児学会新生児蘇生法委員などを歴任。「たまごクラブ」でも監修をつとめる。

南流山レディスクリニック

ご懐妊!!3~愛は続くよ、どこまでも~

OLの佐波は、苦手な超イケメンの鬼部長・一色とお酒の勢いで一夜を共にしてしまう。しかも後日、妊娠が判明! 迷った末、彼に打ち明けると…。大人気シリーズ、ついに3巻発売!

■おすすめ記事
妊娠週数に合った情報をLINEにお届け!専門家の監修付きで安心♪<こどもちゃれんじ>のWelcomebabyはこちら→

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。