SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 妊娠・出産
  3. 出産
  4. 無痛分娩
  5. 【専門家に聞く】無痛分娩のここが気になる! いきみ感はなくなる? 吸引分娩・鉗子分娩は増える?

【専門家に聞く】無痛分娩のここが気になる! いきみ感はなくなる? 吸引分娩・鉗子分娩は増える?

病院助産師でホールド、支持を母に生まれたばかりの赤ちゃんは、愛情を込めてハグの赤ちゃんと妻を父します。現代の配達区に幸せな家族。
※画像はイメージです。
gorodenkoff/gettyimages

無痛分娩についてクローズアップ。「いきみ感はなくなるの?」や「吸引分娩・鉗子(かんし)分娩が増えるの?」について入駒慎吾先生に聞きました。入駒先生は、産婦人科医と麻酔医のダブル専門医の資格を持っていて、現在はLA Solutionsの代表として無痛分娩を行う産院に対し、より安全性を高めるためのコンサルティングを手がけています。

無痛分娩をするといきみ感はわからなくなるもの?

――無痛分娩を経験したママから、「麻酔を始めたと、赤ちゃんを出したいという、“いきみ感”がわかりにくくなった」と聞いたことがあります。いきみ感はわかりにくくなるものですか?

入駒先生(以下敬称略) 硬膜外に注入する局所麻酔薬の濃度によりますね。濃いとわからなくなる人もいると思います。また、“うるしの上塗り”と一緒で、何度も注入すると、薬の濃度が局所的に濃くなりますから、力が入れにくくなったり、張りがわからなくなったりするかもしれません。ただ、万が一、いきみ感がわからなくなっても、どのタイミングでいきめばいいかは助産師さんがモニターを見ながら「今よ!」と教えてくれるはずです。

麻酔の効きのよさといきみ感には関係があるの?

――麻酔の効きがいいと痛みは感じなくなるけど、いきみ感もわかりにくくなるものでしょうか?

入駒 そうとは言い切れません。通常、無痛分娩の場合、硬膜外という背骨の中のスペースにカテーテルを入れ、その先端からお薬が出るわけですけど、その先端がいいところにあるかどうかで効きのよさは決まります。妊婦さんの体質によるものではありません。ただ、カテーテルの先端は医師からも見えない場所。ブラインドで進めていくので、技術ももちろん関係しますが、運による要素も多分にあります。

通常、いいところにカテーテルが入っていると、トータルの麻酔薬の量が少なくて済むはずなので、つまりは“いいあんばい”で、痛みはほぼないけど、張りの感覚もあるし、力も入るということが起こり得ます。逆にちょっと麻酔の効きが悪いなぁと、継ぎ足し継ぎ足しで注入すると、その部分の麻酔の濃度が高まり、張りもわかりにくく、力が入りにくくなることもあります。もちろん、効きがいい=いきみ感がなくなるパターンもあるかと思いますが、いろんな事例があるので、一概にはなんとも言えません

無痛分娩だと、吸引分娩や鉗子分娩が増えるのは本当のこと

――無痛分娩だと、吸引分娩や鉗子分娩が増えると聞きますが、どのくらいの確率でしょうか? また、鉗子や吸引が増える理由を教えてください。

入駒 そうですね。海外のエビデンスでは10%増えるといわれています。ただ、これは自然の陣痛が来た状態からなので、日本で行われることが多い誘発から始める計画無痛分娩だと10%以上かもしれません。

通常どんなお産でも、赤ちゃんが出口まで来ているけどそれでも出てこず、苦しそうで早く出したほうがいいという場合に吸引分娩や鉗子分娩が選ばれます。ただ、無痛分娩の場合、麻酔の影響で、通常のお産だと最後に出る火事場のばか力が失われてしまうので、赤ちゃんが出てこない場合は、それをサポートする形で吸引分娩や鉗子分娩になることが多いですね。

最後に麻酔を切ることで、どこからかその火事場のばか力が戻ってくると考える医師もいるようですが、それはないと思います。無痛分娩で鉗子分娩や吸引分娩を選択するのは、下から出そうなんだけど、パワーがたりず、止まってしまったとき。あと少しのところで出られるので、お手伝いする感じです。いずれにしろ、医師がお母さんと赤ちゃんのために安全に行うことなので、心配しないでくださいね。

監修/入駒慎吾先生(LA Solutions)取材・文/江原めぐみ、ひよこクラブ編集部

単に「いきみ感がなくなる」や、「吸引分娩や鉗子分娩が増える」と聞くと、心配になってしまいますが、こうした理由をちゃんと知っておけば、むやみに不安になる必要はありませんね。これから無痛分娩を受ける人、検討している人、ぜひ正しい知識を持って、お産に臨みましょう。

入駒慎吾先生(いりこましんご)

Profile 
1971年熊本県生まれ。1997年島根医科大学(現・島根大学)卒業。産婦人科専門医と麻酔科専門医、MBAの資格を保持。「無痛分娩の安全性と質の向上」を掲げて、2017年にLA Solutionsを立ち上げ、世界初の無痛分娩コンサルティング業に従事する。

■おすすめ記事
お子様の月齢に合わせた遊びをセットでお届け。0歳むけ<こどもちゃれんじ>

妊娠・出産

更新

妊娠・出産の人気記事ランキング

関連記事

妊娠・出産の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。