SHOP

会員登録

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【専門家監修】鶏肉とナスのエスカベッシュ/簡単常備菜レシピ

【専門家監修】鶏肉とナスのエスカベッシュ/簡単常備菜レシピ


家事や子育てで忙しいママは、毎日の献立を考えるのもひと苦労。また、働くママにとって家に帰ってからの夕食づくりは、子どもたちの「おなかすいた~!」との闘い!
「少しでもごはんをつくる時間を減らしたい」「レシピのマンネリ化から抜け出したい」と悩めるママを助けてくれるのが"常備菜"! 今夜おかずにもう一品、お弁当のおかずに、休日や空いた時間にパパッとつくれる旬の常備菜レシピを、ケータリングでも大人気のフードクリエイター・MOMOEさんに教えてもらう連載企画。

第4回目は、食卓の主役になるスペイン風の南蛮漬け「エスカベッシュ」をつくります。「魚」ではなく「鶏肉」でつくるからスタミナ満点! これからの季節のじっとりとした暑さを吹き飛ばしましょう♪
第3回目「【簡単常備菜レシピ】豚しゃぶとオクラの大葉ポン酢和え」はこちら

「鶏肉とナスのエスカベッシュ」のつくりかた



【材料:つくりやすい量】
・鶏むね肉……1枚
・しょうゆ……大さじ1(鶏むね肉の下味用)
・酒……大さじ1(鶏むね肉の下味用)
・ナス……3本
・揚げ油……適量
・薄力粉……適量
・糸唐辛子……お好みで(ない場合は省いてOK)

<つけダレ>
・玉ねぎ……1/4個
・にんにく……1片
・水……400cc
・白ワイン……150cc
・砂糖……大さじ4
・米酢……150cc
・塩……小さじ1
・レモン……少々
・ローリエ……1枚(ない場合は省いてOK)

(白ワイン→調理酒、米酢→穀物酢でも代用可能)
※写真に水400ccは含まれていません

①鶏むね肉の下ごしらえ&つけダレづくり



まずは鶏むね肉の下ごしらえ。皮をはずし、酒としょうゆに20分つけて下味をつけます。
つけダレは玉ねぎを千切り、にんにくは刻んでから、<つけダレ>のすべての調味料を合わせて火にかけ、沸いたら火を止めておきます。

②鶏むね肉とナスを揚げる



鶏むね肉はひと口大にカットし、薄力粉をつけて揚げ油で揚げます。ナスは乱切りにし、隠し包丁を入れて素揚げします。隠し包丁は火のとおりをよくし、つけダレに漬けるときに味が染み込みやすくなります。

③つけダレに漬けこめばできあがり



①でつくったつけダレに、揚げたての鶏むね肉とナスを漬けこみます。粗熱が取れたら冷蔵庫に入れても大丈夫。盛りつけ時に、糸唐辛子をお好みで飾って完成です。数時間漬けておくと、味が馴染んで、より一層おいしくなりますよ。

「鶏肉とナス茄子のエスカベッシュ」できあがり!



梅雨で雨つづき「ジメジメした日が続くなあ…」そんなときこそ、お酢の力を借りて元気になれるエスカベッシュをメニューに取り入れてみて。冷蔵庫でひと晩寝かせれば、鶏肉とナスにじゅわっとうまみが染み込みます。子どもはつけダレの甘みをそのまま、大人は糸唐辛子をたして大人味に仕上げれば家族みんなで楽しめます。

夏が近づくと食卓を飾る機会が増える南蛮漬けも、お肉でつくればマンネリからも脱出! たっぷりつくれてボリューム満点だからパパも子どもも大満足の一品です。冷蔵庫で3日を目安に食べきってくださいね。
(文・八木あゆみ)

監修/MOMOE さん

※この記事は「たまひよONLINE」で過去に公開されたものです。

初回公開日 2017/6/24

育児中におススメのアプリ

アプリ「まいにちのたまひよ」

妊娠日数・生後日数に合わせて専門家のアドバイスを毎日お届け。同じ出産月のママ同士で情報交換したり、励ましあったりできる「ルーム」や、写真だけでは伝わらない”できごと”を簡単に記録できる「成長きろく」も大人気!

ダウンロード(無料)

■おすすめ記事
【専門家監修】お金の専門家がアドバイス! 消費税アップ目前、値上げに負けない家計管理術

赤ちゃん・育児

更新

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事

ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。