SHOP

内祝い

  1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 歩き始めたばかりの子どもがたっぷり遊べる、シンガポールの室内プレイグラウンド3つ【鈴木ちなみ】

歩き始めたばかりの子どもがたっぷり遊べる、シンガポールの室内プレイグラウンド3つ【鈴木ちなみ】

更新

リバーサイドのプレイグラウンドからの眺めもすてきでした。

タレント・モデルの鈴木ちなみさんは1才の子のママ。移住先のシンガポールから育児生活をリポートします。連載の第6回は「シンガポールの子ども向けお出かけスポット」をテーマにお届けます。

初めてのプレイグラウンドは、安全に遊べる環境と眺めのよさも魅力

初めてのボールプールも楽しそうでした。

みなさんこんにちは! 2022年6月にシンガポール移住を発表した鈴木ちなみです。12月のシンガポールは雨季ということもあり意外と涼しい日もあるんですよ〜。ただスコールも多いので晴れている日でも折り畳み傘の持ち歩き必須です。バスに乗っていて急に土砂降りになるシーンでも、傘をさっと出してバスを降りるシンガポーリアンを見ると「さすがだな〜私はまだまだシンガポールが攻略できていないな~」と思ったり・・・。

今日はシンガポールのお出かけスポットをいくつかご紹介しようと思います。子どもがつかまり立ち真っただ中のころから室内遊戯施設に遊びに行くようになりましたが、遊び場の選択肢が増えるのって楽しいですよね。お散歩のときやショッピングモールへ行ったついでに遊具の遊びを楽しんでいます。

まずクラークキーという街のショッピングモールの中に入っている施設『The Polliwongs』。こちらは子どもと初めて出かけた屋内プレイグラウンドですが、リバーサイドの眺めがとてもよく観光気分も楽しめました。
はいはいや歩き始めた低年齢の子が遊ぶエリアと、大きな子が遊ぶエリアが分けられていたので安心して子どもを遊ばせることができました。同伴する親の待合スペースもカフェのような雰囲気で椅子とテーブルが完備されていたので、大きくなったら子どもを遊ばせてママ友さんとおしゃべりしながら待つのも楽しそうだな〜と思いました。

シンガポールの室内プレイグラウンドは靴下の持参が必須ということで、滑り止めがついている靴下を履かせて遊ばせました。持って行くのを忘れてしまった場合は購入することができるそうです。わが子にとって初めてのボールプールも大興奮でした。

ヨーロッパから輸入した木のおもちゃで遊べる空間

いろんな木のおもちゃに触れられるのが楽しいです。

次に紹介するのは木のおもちゃいっぱいの室内プレグラ『Better Play』。シンガポールではプラスチックのおもちゃを見かけることが圧倒的に多いので「こんなにもたくさんの木のおもちゃをどうやって集めたの?」とたまたま居合わせたイギリス人のオーナーさんに聞いたところ、「いい質問だね! ほとんどヨーロッパから輸入したよ!」と教えてもらいました。オーナーさんはお子さんをモンテッソーリ教育の幼稚園に通わせていることもあり、木のおもちゃに幼少期から触れることを大切にしているんだとか。

たくさんのおもちゃに興味津々!

木のおもちゃが並ぶ優しい空間です。

子どもも並んでいるたくさんのおもちゃに次々に手が伸びたり、ほかの子が遊んでいるおもちゃに興味を示して楽しそうでした。こちらはこじんまりとしたスペースでしたが、こういったところで子どもが気に入ったおもちゃを購入してみるのもアリだな〜と思いました。

デパートの室内無料プレイグラウンドで遊んだあとはお買い物も

最後にご紹介するのはパラゴンショッピングセンター5階にある無料の室内プレイグラウンド。こちらはオーチャードという日本の銀座のような場所にあり、子どもたちのオアシスになっていました。平日にもかかわらず子どもたちが入れ替わり遊んで楽しんでいました。わが子も遊具の階段を上ったり、滑り台にもチャレンジしたり。歩き始めたばかりでしたが十分に楽しめる場所でした。
すぐ隣にはマザーケアという子ども用品店があるので遊んだあとにお買い物するのもおすすめです。

年間を通して暑い日が多いシンガポールは屋内遊戯施設が充実

デパートの入り口には大きなクリスマスツリーもありました。

日中暑いということもあり屋外だけでなく屋内の遊戯施設が充実しているのがシンガポールの特徴なのではないかと思います。
これからも子どもの成長とともにシンガポールのお出かけスポットを開拓していきたいです!

今月のちなみセレクション

ちなみさんが海外子育て生活で見つけたお気に入り♪を紹介します!

【お気に入り①】オーガニックのベビーフード

左/Only Organicのビーフボロネーゼパスタ・量もあるので子どもも満足感があるようです。 右/Bellamy’s Organicのフルーツペースト・子どもの緊急時にさっとあげることができます。キャップがついてるのもうれしいポイントです。

成長に合わせて食べられるものも増えてきましたが、出先でも子どもに安心・安全なものを食べさせたいときに重宝しています。

【お気に入り②】家族でクリスマスイベントへ

ガーデンバイザベイで開催されている「クリスマスワンダーランド」というイベントに遊びに行きました!子どもにとって初めてのサンタクロースとの対面でしたが、私のほうが楽しんでいたように感じています(笑)。

文・写真/鈴木ちなみ 構成/たまひよONLINE編集部

●記事の内容は記事執筆当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

鈴木ちなみ(すずきちなみ)

PROFILE
1989年生まれ。2008年モデルデビューし、ファッション雑誌「with」の専属モデルに。フジテレビ『めざましどようび』のリポーターをはじめ、テレビ番組やCM、映画などに出演。20年に結婚。21年9月、第1子出産。

鈴木ちなみインスタグラム 

YouTube「ちな日和」

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事
ABJマーク 11091000

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第11091000号)です。 ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→ https://aebs.or.jp/

本サイトに掲載されている記事・写真・イラスト等のコンテンツの無断転載を禁じます。