1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 「小1の壁」ってどんな壁?ママたちがぶつかった【長期休み・行事・PTA】

「小1の壁」ってどんな壁?ママたちがぶつかった【長期休み・行事・PTA】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで長期のお休みはお正月休みくらいしかなかった保育園児のママは、長期の休みも初めてだし、平日に行われる行事や保護者会などにとまどうのではないでしょうか。
ワーママはその壁をどう乗り越えているのでしょう?

小1の壁体験談 第3弾は、【長期休み・行事・PTAの壁】についてご紹介します。

→第1弾:「小1の壁【通学・送迎・学童】編」はこちら
→第2弾:「小1の壁【プリント・持ち物・宿題】編」はこちら

夏休みの壁!学童保育はあるものの、夏休みは長すぎる

学童クラブを利用している家庭なら、夏休みも通えるので子どもの居場所がないということにはなりません。
でも、学童クラブに通う子以外は自由に遊んだり、旅行に行ったりするので、それを知った子どもに不満を言われることも。また給食はなくなるので、毎日のお弁当作りも大きな壁に。

気分転換のために早帰りさせて留守番を経験させたという家庭もありますが、それはそれでルールづくりが必要です。「誰かが来ても出ない」「電話はとらない」「火は使わない」など家庭ごとに約束をしましょう。

「何年も続くわけではないので、両親が交代で休みをとったり、祖父母宅に泊まりに行かせたりしました」という家庭が多いよう。また、子どもだけで行けるキャンプツアーなども今は充実しているので、検討してみては。

行事の壁!ほとんどは土曜だけれど平日にあるものも

運動会、学芸会、学習発表会などの大きな行事は、土曜日に行われることがほとんどだし、最近は授業参観も特定の日を決めずに「学校公開の1週間の間の可能な時間帯に参観してください」というスタイルをとっているところもあり、以前より参加しやすくなったといえるでしょう。

とはいえ、給食試食会などは平日の開催。保護者会や個人面談もほとんどが平日の昼間に行われ、行きたいと思っても、なかなか参加できないのが実情。
パパと交替で行きましたという人もいますが、“どうせ勤務時間は行けないから…”とあきらめずに「学校に働きかけて夕方遅めなど働いていても参加しやすい時間帯での開催を頼んだ」というママも。

PTAの壁!平日の昼間に学校へ行く機会が多すぎ

保護者会ですらなかなか出られないのに、PTAの仕事なんてムリ!
小1ママのほとんどがそう思います。けれども、PTAは役員以外にもいろいろな係があり、土日や朝、夜などにできるものもあるので、それは積極的に参加してみては。

「PTA活動には夜のパトロール、朝の読み聞かせや挨拶当番などもあり、それは出勤前や帰宅後にできるので積極的に受けました。いつもバタバタしていると『あの人は忙しいらしい』という印象づけにもなり、仕事への理解度もアップ」

というママや

「必ず一度は役員をと言われたので広報を引き受けました。意外とパソコンスキルの低いママが多かったので、パソコン作業は一手に引き受ける代わりに、平日の昼間に学校へ行く仕事は免除してもらいました。やってみると楽しいこともあり、いい経験でした」

などの声もあるので、チャレンジしてみては。

関連:PTA役員って実際どうなの? 選ばれたらどうする?
関連:実録!ママたちが体験した「PTA事件簿」

お子さんが小学生という新たな環境に入るように、ママも小学生ママという新たな環境に慣れていく時期ですね。(文・bizmom編集部/イラスト・黒猫まな子)

■参考:「bizmom(ビズマム)」2018年冬春号 特集「祝『仕事復帰』応援ハッピーガイド」
■監修:普光院亜紀さん(「保育園を考える親の会」代表)

働くママ向け雑誌「bizmom」2018年冬春号には、「『小1の壁』6大悩みはこうして乗り切れ!」など、4月にお子さんが小学校に入学する家庭向けの特集も充実♪ ぜひチェックして!

<Amazonで詳細を見る>

■おすすめ記事
知っておこう!小学校入学前に準備するもの、入学後に購入するもの

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事