1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 離乳食[完了期]1歳〜1歳6ヶ月ごろ★パクパク食に進めるタイミングは?

離乳食[完了期]1歳〜1歳6ヶ月ごろ★パクパク食に進めるタイミングは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FlairImages/gettyimages

1歳を過ぎたら、いよいよ離乳食の総仕上げ!最後のステップに入ります。1歳〜1歳半のころは、咀嚼(そしゃく)の基礎を固める大事な時期。食べる意欲を育てながら、3回食を定着させましょう。今回は、大人に近い食べ方を覚える「1歳〜1歳6ヶ月の離乳食」に進めるタイミングの見極め方をご紹介します。

関連:離乳食完了期(1才~1才6カ月ごろ)の進め方! 与えてOKな食材一覧

ステップアップのタイミングは?

★奥の歯ぐきでかんで食べられるようになればOK

口の中に取り込んだものを舌で奥へ動かして、バナナのかたさのものを奥の歯ぐきでかんで食べられるようになればOK。また、スティック状のゆで野菜、食パンなどを前歯でかじり取れることもスタートのサイン。また、このころは立っちができたり、指で小さなものをつまんだりできるようになります。運動機能の発達は、スプーンを口に運んで食べるといった、連続した動作を行うのに大切なこと。自分で食べられる体勢が整った証しです。
1歳~1歳6ヶ月ごろの離乳食へのステップアップは、1歳ごろが目安です。小食の子も、しっかり奥歯でつぶして食べている様子が見られたら、ステップアップしましょう。

[1歳〜1歳6ヶ月の離乳食]進めてOKのサイン4つ

赤ちゃんに次のような変化が見られたら、次のステップに進めるサイン。奥歯でかんで食べる、大人と同じ食べ方の練習を始めましょう。

食べ物を前歯でかじり取って食べられる

スティック状のやわらかくゆでた野菜や食パンなどを、前歯でかじり取って食べることができる。

唇を前後左右上下に動かして食べる

唇を一瞬、ねじるように動かし、左右の頬がふくらむ。この動きができれば、咀嚼の基礎ができたことに。

手づかみ食べが上手に。スプーンへの興味も

自分の手でつかんだり、まだ上手にできなくても、スプーンやフォークで食べ物を口に持っていこうとする。

立っちが上手になるなど、 運動機能が発達してきた

手や指の動きが器用になっていることや、体全体がしっかりしてきていることは、食べる動きを助ける条件に。

こんなときは、まだ9~11ヶ月ごろの離乳食で 練習を!

赤ちゃんが以下のような状態だったら、"パクパク食”にはまだちょっと早いかも。もう少し「9〜11ヶ月の離乳食」で奥の歯ぐきでしっかりかんで食べる練習を続けて。

□口を動かして奥の歯ぐきでかんで食べていない
□まる飲みしている

先に進めるよりも、かむ基礎をつくることが大切。バナナくらいのかたさにして、歯ぐきでか
む練習を続けましょう。

関連:保育園に学ぶ!”よく食べる”離乳食のための環境作り&上手な食べさせ方

頑張ってきた離乳食も、残り半年ほど。遊び食べや好き嫌いなど悩みも多いころですが、その子に合った食べ方で、1日3回の食事を楽しむことを優先しましょう。(たまひよONLINE編集部)

■監修:太田百合子先生
管理栄養士。東京・こどもの城にて長きにわたり乳幼児の栄養指導を行う。現在は東洋大学、東京家政学院大学(聖心女子専門学校)などの非常勤講師として活躍されています。

■参考:『すぐわかる! 離乳食』(ベネッセコーポレーション 刊)より抜粋。情報は書籍掲載時のものです。

■おすすめ記事
30秒でわかる! スタートから幼児食までの大きさ変化「離乳食タイムライン♪」

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事