1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [予防接種]約95%の乳幼児がかかるロタウイルス胃腸炎を防ぐワクチンとは?

[予防接種]約95%の乳幼児がかかるロタウイルス胃腸炎を防ぐワクチンとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chameleonseye/gettyimages

ロタウイルスは、とても感染力が強く、5歳までに約95%の乳幼児が感染するといわれています。感染すると、激しい下痢や嘔吐を伴うロタウイルス胃腸炎を引き起こします。接種できる期間が決められているので、早めに接種を開始したいワクチンです。
そんなロタウイルスワクチンについて、小児科医の山中龍宏先生に解説してもらいました。

関連:赤ちゃんが下痢になってしまう原因は? 通院が必要な症状とは?

ロタウイルスワクチンは2種類。接種前後の注意点は?

ロタウイルスワクチンには「ロタリックス」「ロタテック」の2種類あります。どちらも経口タイプの生ワクチンですが、ロタリックスは2回、ロタテックは3回と、接種回数に違いがあるので要注意。
また、どちらも生後6週から接種可能ですが、ロタリックスは生後24週まで、ロタテックは生後32週までと、接種を済ませる時期には違いがあります。

接種したあとの注意点は?

接種してから1週間をピークに、平均10日ほどは、うんちの中にウイルスが排せつされます。これによって、まれに周囲の人が胃腸炎を発症する可能性もあります。おむつ替えのあとは、しっかり手を洗って。

副反応はあるの?

海外では発熱や下痢、嘔吐などが報告されていますが、いずれも程度は軽いようです。腸重積症(ちょうじゅうせきしょう)を起こす可能性も指摘されていますが、日本での副反応の症例は調査中。
腸重積症は6ヶ月を過ぎると発症しやすいので、1回目の接種は、14週6日までに行うことが推奨されています。

ロタウイルスワクチンの早わかりチェックリスト

[定期or任意]
☑任意接種

[ワクチンの種類]
☑生ワクチン

[接種方法]
☑経口

[接種回数]
☑「ロタリックス」は2回
☑「ロタテック」は3回

[次の別の予防接種との間隔]
☑中27日以上

[接種時期]
☑ワクチンの種類によって異なる
「ロタリックス」は6~24週未満に4週間以上の間隔で2回接種
「ロタテック」は6~32週未満に4週間以上の間隔で3回接種

[防げる病気]
☑ロタウイルス胃腸炎


関連:子どもの病気 仕事や保育園はどうする?

赤ちゃんが胃腸炎にかかってしまうと、つらい下痢や嘔吐を繰り返し、おうちケアもたいへん。汚れた衣類なども注意しながら別洗いしたり、お世話するママやパパに感染する可能性も。小児科医と相談し、赤ちゃんの体調を見ながら、予防接種はなるべく受けてくださいね。(文・ひよこクラブ編集部)


■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
本当に安全な赤ちゃんのおもちゃって?おもちゃを選ぶポイントをチェック!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事