1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 赤ちゃんが発熱!体は温める?冷やす?お世話のギモンをQ&Aで解決!

赤ちゃんが発熱!体は温める?冷やす?お世話のギモンをQ&Aで解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

natapetrovich/gettyimages

「発熱」とは37.5度以上を言いますが、実際に赤ちゃんが熱を出すと、「これでいいのかな?」と迷いながらお世話をしていることはありませんか? そんなママの「気になること」を一問一答のQ&Aでスッキリ解決! 小児科医の山中龍宏先生にお答えいただきました。

関連:【赤ちゃんの発熱】受診後、様子を見るときのおうちケア&NG行動

【気がかり1】検温のしかた

Q 熱が出たとき、どれくらいの間隔で検温したらいい?

A 発熱時は、1日4回の検温が基本

熱が出ている間は、朝・昼・夕方・夜の1日4回、授乳や離乳食の前に体温を測るのが基本。熱が急激に変動している場合は、30分~1時間くらいの間隔で測るようにして。

【気がかり2】熱があるときの過ごし方

Q 発熱したら、ずっと寝かせておくべき?

A 元気なら寝かせておかなくても

症状が比較的軽い場合、赤ちゃんは動きたがります。元気があるなら、好きなようにさせてあげてOK。ただし、むやみに興奮することや、汗をかくような遊びは避けて。

【気がかり3】解熱薬について

Q 親の判断で解熱薬を使ってもOK?

A 医師の指示どおりに使って

解熱薬は、通常38.5度以上で使用することが多いですが、諸症状を考慮して、医師が処方するものです。自己判断せず、医師が指示した間隔や回数をきちんと守りましょう。

【気がかり4】体の温め方

Q 厚着して汗をさせたほうが熱は下がる?

A 熱が上がりきったら必要以上の厚着はNG

赤ちゃんは、体温を調節する機能が未発達なため、暖かくしすぎるとうまく汗をかけず、かえって体温が上がることがあります。熱の上がり始めは、寒がるので保温してあげますが、熱が上がりきってからは、必要以上に厚着をさせないで。

【気がかり5】赤ちゃんの平熱

Q 平熱がわかると発熱で受診したときに役立つってホント?

A 医師の的確な診断につながります

赤ちゃんの平熱をママが知っておくと、体調の変化を把握しやすく、診断にも役立ちます。体温は1日の中でも変化するので、朝・昼・晩の3回検温し、それぞれの時間の通常の平熱を知っておきましょう。

関連:RSウイルスは夏にも流行?! 赤ちゃんがかかりやすい4大感染症を医師が解説

普段から赤ちゃんの体温を測る習慣をつくっておくと、平熱をつかむことができるだけでなく、赤ちゃんが検温にも慣れてくれそうですね。簡単に検温できる体温計なら、健康管理の習慣づけがスムーズにできるかもしれません。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 
■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
【動画】トレエン斎藤さん、超かっこつけイケメンパパモデルデビュー!

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事