1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 絶対厳守!赤ちゃんに飲ませるミルク作りの鉄板ルール&NG6

絶対厳守!赤ちゃんに飲ませるミルク作りの鉄板ルール&NG6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LuminaStock/gettyimages

赤ちゃんのミルクは、調乳のしかたなどに絶対注意したいポイントがあります。そのルールを破ると、赤ちゃんに負担がかかる危険があることを知っておきましょう! 健やかな成長を守るために、ミルク派ママも、混合派&母乳派のママもしっかりチェックしたいポイントについて、助産師の岡本登美子先生に聞きました。

関連:低出生体重児、早産児の母乳・ミルク・離乳食の気がかり

赤ちゃんに飲ませるミルクのお約束とは?

粉ミルクを調乳するとき、保管するときに気をつけたい基本ルールは以下の6つ。これだけは守って!

【ルール1】水道水を使う。ミネラルウォーターはNG

水道水を沸騰させたお湯を使うのが基本。硬水のミネラルウォーターは赤ちゃんの体に負担をかけるので使わないで。

【ルール2】70~80度のお湯で溶かす

細菌やウイルスから守るために、沸騰したあと70~80度に冷ましたお湯を使って、粉ミルクを溶かします。

【ルール3】飲み残しは捨てる

飲み残したミルクは、冷蔵庫で保管していても、乳首を替えたとしても、雑菌が繁殖する可能性があります。必ず捨てて。

【ルール4】作り置きはNG

時間がたったミルクは、たとえ冷蔵庫で保管したとしても衛生面が心配。必ず、飲ませる直前に作りましょう。

【ルール5】濃さを勝手に変えない

必ず粉ミルクの容器に書かれている指定濃度を守って。濃かったり薄かったりすると、赤ちゃんの腎臓の負担になります。

【ルール6】缶は冷暗な場所に保管を

開封した粉ミルク缶は、高温多湿、直射日光を避けた場所で保管して。ただし、冷蔵庫や冷凍保存もNG。

関連:[新米ママハトコのドタバタ育児日記 #18] HTLV-1キャリアの私が完全ミルク育児をしてみて③

「ミルクの濃度を濃くしたり、調乳にミネラルウォーターで作ったほうが成長しそう…」確かに、そんな気もする赤ちゃんのミルク。でも、“正しい手順で作った、できたてで適温のミルクを与える”のが正しい対応です。間違ったものを与えてしまうと、赤ちゃんに負担をかけてしまいます。赤ちゃんにかかわる大人は、きちんと把握しておきたいものですね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
授乳中ママの体調管理「ここがつらいよ」Q&A

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事