1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 【新生児のお世話】赤ちゃんにうまく母乳を与える5つの手順を助産師が解説

【新生児のお世話】赤ちゃんにうまく母乳を与える5つの手順を助産師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AlekZotoff/gettyimages

生後まもなくの母乳育児は、赤ちゃんも“うまく吸えない”し、ママも“うまく与えられない”ことがほとんど。でも、基本の手順やコツをしっかりつかめば、スムーズに進みます。母乳育児を軌道にのせたいママ必見の5つの手順を、助産師の岡本登美子先生に伺いました。

赤ちゃんもママもラクな姿勢でトライして

授乳は、ママが飲ませやすい&赤ちゃんが飲みやすい体勢で、リラックスしながらしたいお世話。授乳中に腕が痛くなったり疲れやすかったりするなら、姿勢や抱き方に原因があるのかも。なるべく前かがみにならないように心がけると、比較的ラク。授乳クッションを使ってみるものいいでしょう。赤ちゃんの顔を見ながら進めてください。

STEP 1:赤ちゃんを抱っこする

抱っこして、顔を乳房に向かせます。おっぱいがたくさん出るママは、赤ちゃんの頭を乳首より上にすると、飲みすぎ防止になります。

STEP 2:乳輪部まで、しっかりくわえさせる

ママの乳房を少し持ち上げるようにすると、赤ちゃんが乳首をくわえやすくなります。乳輪部までしっかりくわえさせるのが基本です。乳房で赤ちゃんの鼻をふさがないように注意して。

STEP 3:反対側の乳房も吸わせる

1回の授乳では、前半の母乳は薄く、後半には濃い母乳が出ます。赤ちゃんは、初めクチュクチュと素早く吸い、だんだんゴクンゴクンとゆっくりしたリズムに。それが終わったら、乳房を交代します。

STEP 4:赤ちゃんの口をそっと乳首からはずす

授乳中には、乳首をくわえたまま、赤ちゃんが寝てしまうことも。無理に離すと乳首が傷つくので、赤ちゃんの口の端に人さし指を入れて、ゆっくり離すのがコツです。

STEP 4:げっぷをさせる

たて抱きにして背中を軽くたたくか、上下にさすってげっぷをさせます。
「肩に抱き上げる」
「頭を少し高くして横向きに寝かせる」
などの方法も。でも、出ないときもあります。

赤ちゃんもママも不慣れなうちは、乳頭トラブルが起きたり、ミルクをたすことも少なくありません。でも、基本の手順に沿って続けるうちに、母乳育児が軌道に乗る親子は多いです。乳房の痛みなどのトラブルでつらいときは、自己判断せず、母乳外来などに相談することをおすすめします。(イラスト・小西優子 文・ひよこクラブ編集部)


■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
正しいミルクの作り方 母乳が出なくても自分を責めすぎないで

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事