1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 横山だいすけさんが語る『映画 おかあさんといっしょ』の楽しみ方

横山だいすけさんが語る『映画 おかあさんといっしょ』の楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年春に「うたのおにいさん」を卒業後も、テレビや舞台で活躍する横山だいすけさん。『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』に、アニメ版の「ガラピコぷ~」の声優として参加した横山さんに、ひよこクラブ編集部がインタビュー。この映画への思い入れや魅力、制作秘話、親子で観るときの楽しみ方など、たっぷり伺いました!

うたのおにいさんの原点は映画だった

――声優のお仕事は何回目ですか?

横山だいすけさん:
映画の声優としては3回目になります。これまでは、『リメンバー・ミー』という映画で主人公のお父さん役を。そして日本では劇場公開されませんでしたが、DVDとして発売された『トムとジェリー 夢のチョコレート工場』で、ウィリー・ウォンカ役を演じました。

今回は3回目で、はじめてのロボット役です。ちょうど、ガラピコというロボットもメインキャラクターとして出ているので、ガラピコに近いものがいいのか、まったく別のものがいいのかと考えたりしました。まず見本として、ガラピコのしゃべっているシーンは結構見ましたね。実際に収録現場に入ってから、制作の皆さんと一緒に、「もうちょっと感情を入れてみましょう」とか、「感情を抜いてみましょう」といった感じに、感情の入れ具合を調整していきました。

――最近行われた「おかあさんといっしょ」のスペシャルステージで、現在の「おかあさんといっしょ」のお兄さん・お姉さんたちにもお会いしたそうですね。

横山だいすけさん:
はい。映画の話もしましたよ。見てもらいたいポイントをいろいろと聞いてきました!みんなから聞いたこの映画の魅力を、僕からも発信できたらいいなと思っています。

お兄さん・お姉さんたちは、公式のインタビューでも、「みんなが知っている歌を映画館で一緒に歌ったり踊ったりできるのがとても楽しみ!映画としての『おかあさんといっしょ』に新しい関わり方ができるというのが嬉しいです」と話されていて、映画化をとてもよろこんでいらっしゃったそう!

――この映画の魅力や見どころを教えてください。

横山だいすけさん:
会場のみんなと一緒に声を出したり、歌ったり踊ったりして楽しめるところでしょうね。あまりしゃべるとネタバレになりますが、「ブンバ・ボーン!」ほか、おなじみの歌もあるかもしれないし、みんながよく知っている曲が映画ならではの演出になっています。この作品は映画としては珍しく、記念写真撮影タイムもあります。

――はじめての映画にぴったりだということでおすすめもされていますね。

横山だいすけさん:
この映画は音量が大きくなりすぎないように配慮されていますし、照明も暗くなりすぎません。もし泣いてしまっても大丈夫。子どもたちにとっての「はじめての映画」を安心して体験できるあたたかい空間になっているので、映画デビューにもピッタリだと思います。子どもたちにとって”経験”にまさるものはないので、ぜひこの映画でデビューしてもらいたいですね。

僕自身も、親によく映画館に連れていってもらい、映画が大好きになりました。映画館ではなく家で見た映画ですが、ディズニー映画『青きドナウ』は僕の原点でもあります。3才から5才くらいだったと思うんですけど、ウィーン少年合唱団を見て「この人たちと一緒に歌いたいんだ」と言ったら、うちの親がびっくりしたみたいで。それが歌いたいという欲が出た、はじめての瞬間だったようです。

ママやパパに、メッセージをお願いします。

横山だいすけさん:
お子さんに「見せる」というよりも、「一緒に見て楽しむ」ということを大切にしてもらいたいなと思います。僕自身、子どもたちとふれあうときは、自分自身が楽しもう、と心から思っています。というのも、「ちょっと疲れているな、体が重いな」と思いながら頑張って楽しもうとするときと、心の底から「キミと一緒に楽しみたいんだよ、一緒に楽しもうよ」というときでは、子どもたちの反応が全然違うということに気づいたからです。

この映画は、みんなで帰りに、ああだったね、こうだったねと共有できるような作品になっていると思うので、ぜひ、家族みんなで楽しんでもらえたらと思います!

試写会の上映中、子どもたちがどんな反応をするか、ドキドキだったという横山さん。上映後、監督から「子どもたちに声を出してもらいたいところで声を出してもらえた」と聞いて安心したそうです。
「『おかあさんといっしょ』の新しい歴史の1ページが開かれる瞬間なので、僕も劇場に足を運んで、子どもたちの反応を見てみたい」と横山さん。だいすけお兄さんが横に座っていたら、びっくりしますね。(取材・文/香川 誠、ひよこクラブ編集部)


■プロフィール:横山だいすけさん
千葉県出身。2006年に国立音楽大学音楽学部声楽学科を卒業。小学校3年生から大学卒業まで合唱を続け、劇団四季で『ライオンキング』などの舞台に出演。その後、NHKのEテレ『おかあさんといっしょ』のうたのおにいさんを、2008年より2017年春まで務める。うたのおにいさんとして9年間の出演は歴代最長。現在、「だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018-19」の全国ツアー中(2019年春まで)。

■『映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険』

お兄さん・お姉さんたちが外に飛びだして様々なことにチャレンジ!歌って踊って不思議な町で大冒険を繰り広げます。“ゲストのお兄さん”として満島真之介さんも登場。みんなで一緒に「ブンバ・ボーン!」も踊れます。人形劇「ガラピコぷ~」はアニメになり、チョロミー・ムームー・ガラピコが宇宙で大冒険!新キャラクターのゴムリ役に横山だいすけ&イオ役に関根麻里がゲスト声優で出演します。みんなで楽しめるコーナーが盛りだくさんの70分。お子さんの初めての映画館体験となる“ファーストムービー”にぴったりですね。

●2018年9月7日(金)シネ・リーブル池袋、全国のイオンシネマほか全国ロードショー
©2018「映画 おかあさんといっしょ はじめての大冒険」製作委員会

■おすすめ記事
5児の父・つるの剛士さんが語る 子育ては夫婦が向き合うことが大切

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  

新着記事

新着記事をもっと見る