1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 【助産師監修】新生児の沐浴はなぜ必要?最低限そろえる基本グッズ6

【助産師監修】新生児の沐浴はなぜ必要?最低限そろえる基本グッズ6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AND-ONE/gettyimages

「生後まもない赤ちゃんは、ねんねが大半。体はガーゼでふいてあげればきれいなのでは?」
確かに、0ヶ月の赤ちゃんは、おうちで過ごす生活が中心。それほど汚れる理由はなさそうですよね。でも、そんな新生児だからこそ、沐浴が必要なのです。その理由と、沐浴の基本情報について、助産師の岡本登美子先生に伺いました。

1日1回は沐浴をさせて体を清潔にすることが大事!

新生児は、大人と一緒のおふろはNG。ベビーバスを使って、沐浴をさせます。新陳代謝が活発なので、1日1回は沐浴させ、清潔にしてあげましょう。汚れのたまりやすい手のひら、首、わきのした、股などはとくに念入りに。赤ちゃんが疲れないよう、手早く済ませます。

赤ちゃんの沐浴に必要なグッズは?

赤ちゃんだけでなく、ママやパパの使い勝手や住環境などによって、必要なグッズや便利アイテムは違うこともありますが、最低限そろえておきたい基本のグッズを紹介します。

1.ベビーバス
赤ちゃん専用のおふろを用意。沐浴を行う場所でタイプを選びましょう。

2.湯温計
温度を測ります。沐浴に適した温度は、夏は約38~39度、冬は約39~40度

3.ガーゼ
洗うのに1枚必要。体にかける大きめのガーゼ(沐浴布)もあるとベター。

4.洗面器
最後に赤ちゃんにかける「上がり湯」を用意しておくために必要です。

5.ベビー用石けん・沐浴剤
固形・液体・泡状タイプがあります。沐浴剤は洗浄力が弱いので、たまに石けんで洗って。

6.バスタオル
バスタオルは水分を素早く吸収し、肌触りのいいものを選びましょう。

関連:【新生児のお世話】ハラハラ・ドキドキの沐浴を乗り切る10ステップ&NGチェック

新生児の赤ちゃんの体は小さくてふにゃふにゃ。ママもパパも沐浴に不慣れなうちは、お湯の中で滑らせないかと緊張しがち。同じように、赤ちゃんもびくびくしながら沐浴しているかもしれません。家族みんなが沐浴タイムを安心して過ごせるように、便利グッズや必殺テクなどを探してみるのも一つの手でしょう。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:ウパウパハウス岡本助産院 院長 岡本登美子先生
長崎大学医学部付属助産師学校卒業。離島での産婦人科医院、愛育病院勤務を経て、ウパウパハウス岡本助産院、ウパウパハウスぷらざ、ウパウパ産後ケアハウス、ウパウパハウス保育園開設。

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
イクメンだと思っていませんか?“残念な夫”検定

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事