1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. [お金が貯まりだす習慣#1] 早起きは本当に貯まるのか?

[お金が貯まりだす習慣#1] 早起きは本当に貯まるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。マネーライター・FPの大上です。
昔から「早起きは三文の得」と言いますが、貯まる人は本当に早起きなのでしょうか?
その答えはYES。これまでに1000人以上の貯まる主婦を取材してきましたが、朝が遅いという人はほぼいません。

今回は、貯まる人はなぜ早起きなのか? そして、どうして早起きするとお金が貯まるのか、その理由について検証してみたいと思います。

「早起き」は貯まる習慣の基本。 家族より1時間以上早く起きます

まず、そもそも貯まる人は本当に早起きしているのかを検証すべく、全国の既婚女性に調査を実施。この調査では、単なる生活環境の違いをなるべく減らすため、「何時に起きているか」ではなく、「家族と比べてどのぐらい早い(遅い)か」で質問しました。

下の2つのグラフは、この調査から

貯まる人
=年間貯蓄額が100万円以上かつ毎月貯蓄した人


と、

貯まらない人
=年間貯蓄額が40万円未満かつ毎月は貯蓄できなかった人


の結果を表したものです。

◆調査概要
<調査対象者全体>家計に関与している25〜44歳の既婚女性(556人)。
<分析>上記対象者の中から、貯まる人=最近1年間で100万円以上貯蓄かつ毎月貯蓄を実行(115人)、貯まらない人=最近1年間での貯蓄が40万円以下、かつ毎月貯蓄の実行なし(106人)を抽出して比較。
<調査機関>(株)カクワーズ

Q あなたが普段起きるタイミングは、次のうちどれに該当しますか?

結果を見ると、貯まる人は、「家族より1時間以上早く起きる」が33.9%。「30分以上早く起きる」までを合わせると、64.3%と過半数に上っていることが分かります。

一方、貯まらない人では、「1時間以上早い」が22.6%、「30分以上早い」を合わせても4割強にとどまっています。

貯まる人は、貯まらない人と比べ早く起きる割合が2割も高めです。

また、遅く起きる割合をみてみましょう。
「家族より遅く起きる」は、貯まる人では8.7%ですが、貯まらない人は17.9%とほぼ倍。「家族と同じ」まで含めてみても、両者の差は顕著です。

貯まる人は早起き。貯まらない人は遅起き。両者の傾向は明らかと言えそうです。

なぜ、早く起きるとお金が貯まるのか?

貯まる人を取材していると、「もともとやりくりが苦手だったのに朝早く起きるようになって、お金が貯まるようになった」という話をよく聞きます。

なぜ、早く起きるとお金に良いのでしょうか?
早起きとお金の関係について、これまでの取材から言えることは、主に3つあります。

その1:焦りからくる出費を防げ、落ち着いてやりくりできる

朝、慌てて家を出て忘れ物をすれば、出先で余計な出費をしたり、時間を間に合わせるために余計なタクシーを使うことにもなります。
焦って余裕がなくなると、お金の使い方も雑に。必要かどうかの判断が甘くなり、ムダなものを買ったり、面倒くさいから、忙しいからと言い訳する出費がずるずると増加します。

貯まる人は、こうしたムダが余裕のなさからくることをよく知っています。だからこそ、朝早く起きて部屋の片付けや夕食の下ごしらえ、持ち物のチェックをするなど、日中をスムーズに回す下準備を行なっているのです。
忙しい毎日に少しでもゆとりを作ることで、買い物も「安いから」で安易に買わず、「必要かどうか」を落ち着いて考えられ、ムダな出費をしない自分を保てるのです。

その2:1人の時間を持つことで、モチベーションのキープに

家族より早く起きる理由として、「1人の時間を作りたい」と答える人も多数。たとえ15分でも、仕事や家事、育児から離れてホッとする時間を作ることで、ストレスがほどけると言います。

忙しさに煮詰まり、イライラするとお金のことを考えるのも面倒になり、家計簿も続かなくなります。

立ち止まって一息入れ、「よし! 今日も頑張ろう!」と気持ちよく毎日をスタートすることで、やりくりにも前向きに取り組める自分を維持。家計にも当然、良い影響を与えます。

その3:気になることは早めにクリアし、余計な浪費を防ぐ

日中は誰もが忙しく、やることで頭がいっぱいに。朝、家族より早く起きれば、静かな時間とスッキリした頭で動ける自分が手に入ります。
貯まる人は、この時間にお金のことを振り返ったり、家の中の気になっている問題を解決したりなど、忙しいとおろそかにしがちな細かいことを片付けるのが共通点。

気になることを放置し、問題が大きくなってから対処すると、時間も費用もストレスも大きくかかります。小さなストレスのうちにケアすることが、将来の余計な出費を防ぐことにつながるのです。

起きればわかる、その効果。 まずは30分早起きを

お金は暮らしに密着していますので、暮らしが変われば、お金の流れも変わります。あくせく節約に走らなくても、余計なムダを生まない暮らしに整えれば、お金は勝手に貯まりだしてくれます。

早起きは三文の得どころか、万金の得。

「なかなかお金が貯まらない」という人は、騙されたと思って、まずは30分早起きしてみてくださいね!

■イラスト:にわゆり
■監修・文:大上ミカ
マネーライター・FP。(株)カクワーズ代表。生活情報誌を中心に、家計管理やお金に関する情報を取材・執筆。これまでに取材した貯まる人は延べ1000人以上。数々の貯まる人の共通点を発見し、雑誌や書籍、セミナー等で貯まる暮らしを作るアドバイスも。著書に「お金が勝手に貯まりだす暮らし」(リベラル社)など。

■おすすめ記事
子どもの医療保険は必要? FPが答えます

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事