1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 成長に感謝!赤ちゃんのお祝い行事を2倍楽しむコツ

成長に感謝!赤ちゃんのお祝い行事を2倍楽しむコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kuppa_rock/gettyimages

赤ちゃんの成長をお祝いする行事は、どんなものがあるか知っていますか? 伝統行事の由来やお祝いのしかたについて、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。赤ちゃんにとっても大事なお祝い、家族みんなで楽しく過ごしましょう。

名前をお披露目する行事【お七夜】

お七夜(おしちや)は、生後7日目に赤ちゃんの名前をお披露目して、親族や近所の人に紹介する儀式です。昔は、生後1週間は生死をさまよう時期だったので、その無事を感謝する風習が生まれました。

2倍楽しむ方法は?

赤ちゃんに名前をつけ、命名書を書いてお披露目をします。最近では大勢の人を呼ぶことは減り、家族や親族で祝うのが一般的。

氏神さまに誕生を報告【お宮参り】

初宮参りともいわれるお宮参りは、神社(氏神様)にお参りします。パパ方の祖母が、赤ちゃんを抱っこする風習があります。一般的に、男の子は生後31、32日目、女の子は生後32、33日目がいいとされていますが、実際には生後20日前後を目安にすることが多いようです。

2倍楽しむ方法は?

いちばん大切なのは、赤ちゃんが元気に生きていくことを祈願すること。赤ちゃんに祝い着を着せるなら、付き添う両親、祖父母はスーツ、着物などの正装が一般的です。

食べ物に困らないように【お食い初め】

お祝い膳を用意し、赤ちゃんに食べさせるまねをさせ、一生食べ物に困らないように祈願する行事です。生後100日ごろに行います。

2倍楽しむ方法は?

ごはん、汁もの、尾頭つきの鯛、煮もの、酢のものを用意し、食べるまねをさせます。最後に、丈夫な歯になるようにと”歯固めの石”に箸をつけ、赤ちゃんの歯ぐきにそっと触れます。

★食器は離乳食まで長く使えるタイプも

▼お食い初めセット長く使える 強化磁器食器4点付き ( ベジタブル )
「お食い初め」をもっと見る

女の子のためのお祝い行事【桃の節句】

平安時代、人形に自分の厄や災いを移し、川や海に流した流しびなの行事が由来。江戸時代から女性だけのお祭りになり、ひな人形を飾るのが習わしになりました。

2倍楽しむ方法は?

ひな人形は7段飾りが定番ですが、3段や1段、つるしびな、桃の花を飾っても。1週間前くらいから飾って、3日3日が終わったらすぐにしまう地域が多いですが、飾る期間は、地域によってさまざまです。

★人気の収納五人タイプは見た目豪華でコンパクト

収納五人 三五親王芥子官女 花鼓刺繍
「ひな人形」をもっと見る

男の子の成長と健康を祈願【端午の節句】

5月5日に菖蒲を取り入れる行事は、奈良時代から宮中で行われていました。菖蒲と、武道の「尚武」の読みが同じこと、菖蒲の葉が剣の形に似ていることから、男の子のお祝い行事に。

2倍楽しむ方法は?

こいのぼりを外に、鎧かぶとを室内に飾ります。兄弟がいても、節句の飾りには厄よけの意味があるので、1人ずつ用意しますが、現実的に厳しいなら上記とは別の飾りでも。

★五月人形は飾る場所に合わせた人形選びを

収納飾り 10号青ぼかし屏風 上杉謙信
「五月人形」をもっと見る

関連:赤ちゃんの健康を祈るお宮参りはいつ誰と行くもの?服装は?

赤ちゃんを祝う行事はどれも華やかで楽しそうですね。でも、お祝いする時間帯は、赤ちゃんの機嫌がいい午前中などがおすすめ。時間も区切りをつけて長々しないように。赤ちゃんが誕生すると出産祝いをもらうこともありますが、いただいたらお返しの内祝いも忘れないようにしてくださいね。(文・ひよこクラブ編集部)

※伝統行事の意味と楽しみ方は、地域によって異なる場合があります。

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
夢中になって遊び、成長につながる! クリスマスプレゼントの選び方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事