1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. 傷口に消毒液はNG!? 赤ちゃんの転倒・出血時にやってはいけないことを小児科医が解説

傷口に消毒液はNG!? 赤ちゃんの転倒・出血時にやってはいけないことを小児科医が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tatyana_tomsickova/gettyimages

赤ちゃんは視野が狭く、体に比べて、頭が大きいのでバランスを崩して転倒しやすいもの。転倒したときには頭を打つことも多いので、もしものときは体を揺すらないようにして。とっさの正しいケアとその方法を、小児科医の山中龍宏先生に伺いました。

関連:【小児科医監修】“赤ちゃんが転んだ!出血した!”受診の目安と事故防止のコツ

冷やす、洗い流す、止血がコツ!? 正しい“とっさのケア”とは?

赤ちゃんが転倒して打撲したり、出血した場合、何かの拍子で体の一部を切って出血したら、すぐに行う“とっさのケア”。まず何をすべきか、山中先生が解説します。

打った部位が腫れたら冷やす

「患部が赤くなっていたら、冷やすと和らぎます。水で絞ったタオルなどで冷やしてあげてください」

出血があれば止血する

「清潔なガーゼやタオルで傷口を5分以上強く押して、止血をします。傷口は心臓よりも高い位置に上げてください」

切り傷を流水で洗い流す

「傷口が汚れている場合は、水道水をかけて洗い流します。洗ったら、清潔なタオルで水けをふき、傷や出血の程度を確認してください」

これはやっちゃダメ! 転倒・出血したときのNGケア3つ

一見すると、「その対処、OKじゃない?」と思えるケアの方法にも落とし穴がある、と山中先生。やってしまいがちなNGケアについて伺いました。

ぼーっとしているので抱く、揺さぶる

「頭を打って、ぼーっとしているとき頭部を揺すると、症状を悪化させることがあります。静かに寝かせ、意識がはっきりしないときは、揺さぶらずに安静にさせ、すぐに救急車を呼んでください」

ぐったりしたので、抱っこして病院へ

「ぐったりしているときに、むやみに動かすのはNGです! 静かに寝かせて、意識と呼吸を確認し、救急車を呼んでください。呼吸がないときは心肺蘇生をします」

傷口に消毒液をつける

「消毒液は、傷の治りを遅くする可能性があるので使わないでください」

関連:私って変?!娘と同じ痛みを味わいたい母【子育てなめてました日記#15】

出血したら、「消毒しなきゃ!」と思い込んでいませんでしたか? “出血した切り口に消毒薬をつけるのはダメ!”とあるように、知っているのと知らないとではケアのしかたが大違い。転倒・出血したときの正しいケアの知識、もう一度確認してみてくださいね。(文・ひよこクラブ編集部)

■監修:緑園こどもクリニック 院長 山中龍宏先生
1974年東京大学医学部卒業。同小児科講師、焼津市立総合病院小児科科長、こどもの城小児保健部長を経て99年から現職。日本小児保健協会 傷害予防教育検討会委員長、NPO法人Safe Kids Japan代表など。 

■参考:たまひよブックス「いつでもどこでもHAPPY育児生活ガイドBOOK」(ベネッセコーポレーション刊)

■おすすめ記事
【動画】災害から赤ちゃんを守るために今日から始めたい5つのこと

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事