1. トップ
  2. 赤ちゃんの子育て・育児
  3. ムーミン谷の自然と暮らしを追体験できる 「ムーミンバレーパーク」オープン!

ムーミン谷の自然と暮らしを追体験できる 「ムーミンバレーパーク」オープン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©Moomin Characters™

埼玉県飯能市宮沢湖畔に、2019年3月16日「ムーミンバレーパーク」がオープン! ムーミンの物語を追体験できる同パークには、小さな子ども連れのファミリーが安心、快適に過ごせるよう配慮もたっぷり。春の1日、原作者トーベ・ヤンソンの想いにふれながら、森と湖の穏やかな風景が広がる「ムーミン谷」での1日を過ごしてみませんか?

関連:賛否両論!おむつ着用のベビ連れで温泉旅行ってアリorナシ?

湖畔を散歩しながら「ムーミン物語」の入口へ

↑ 木々や湖を眺めながらムーミンパークエントランスへ。歩いているだけで癒される道。©Moomin Characters™

都心からおよそ1時間。埼玉県の西南部に位置する飯能市は自然と清流に恵まれた“水と緑”のまち。飯能駅からバスで10分ほど。バス停を降りてエントランスへ向かうと、2018年11月に「ムーミンバレーパーク」に先駆けてオープンした「メッツアビレッジ」(入園無料)が周囲の自然と調和した街並みをつくっています。

ここ「メッツア」は、「メッツアビレッジ」と「ムーミンバレーパーク」の2つのエリアで構成された体験型テーマパーク。「北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へ持ち帰れる場所」をコンセプトにしています。

3月16日「ムーミンバレーパーク」のオープンで、自然を感じながら、家族で1日たっぷり楽しめるスポットとなりました。メッツアビレッジをぬけて、宮沢湖畔を散歩しながら歩いていくと、ムーミンの物語が描かれた「本」のゲートが。ムーミン谷の物語のはじまりです。

↑本のゲートをくぐりぬけてムーミン物語の世界へ!©Moomin Characters™

ムーミン屋敷や「エンマの劇場」で物語の世界にどっぷり

↑水色にとんがり屋根がかわいいムーミン屋敷。©Moomin Characters™

「ムーミン谷エリア」は、ムーミンバレーパークのメインエリア。まず目に入るのは、水色のとんがり屋根がかわいい「ムーミン屋敷」。原作に忠実に再現されていて、ムーミン一家がいまにも、そこにあらわれてきそう。細部のインテリアまでこだわったつくりは、北欧の暮らしや文化が体感できママたちも楽しめます。

↑エンデの屋敷ではキャスト達による物語が演じられます。©Moomin Characters™

谷の中央にある「エンマの劇場」では、ムーミン一家やスナフキン、リトルミィたちが、ムーミン谷で起こる物語を音楽とともに演じてくれます。
ほかに、臨場感あふれる体感シアターの冒険アトラクション「海のオーケストラ号」や、写真スタジオ「ムイックフォト」も。2つのスタジオから選んでムーミン一家と一緒に撮影、オリジナルフォトフレームと一緒にもらえます(1カット台紙つき2000円・税込)。

↑小川のせせらぎと小鳥のさえずりが耳に心地よいムーミン谷。季節ごとに訪れたい場所です。©Moomin Characters™

キッズにおすすめ「ヘムレンさんの遊園地」で遊ぶ

↑「ヘムレンさんの遊園地」。ツリーハウスは細部にも遊び心たっぷり!©Moomin Characters™

ファミリーにイチ押しなのが、「おさびし山エリア」。森のなかに、ムーミンの世界をアクティブに楽しむアスレチックや遊具が点在しています。山のなかの坂道を登っていくと、物語にも登場するツリーハウス「ヘムレンさんの遊園地」が現れて大興奮! 大人もワクワクがとまらない、遊び心たっぷりのおさびし山でたっぷり遊んだ今日の1日は、きっと子どもたちの心にもしっかりと刻まれるはず。

↑里山の地形をいかしたアスレチックや遊具が。©Moomin Characters™

ドキドキの冒険好きのママ、パパには「飛行おにのジップラインアドベンチャー」をぜひ。湖の上を滑空するジップラインが体験できます。

↑湖の上を滑空するジップライン。対象年齢は小学校3年生から(身長・体重制限あり)。©Moomin Characters™

展示施設や子連れで入りやすい「ムーミン谷の食堂」も

↑3階建ての展示施設コケムス前では、ムーミンがお出迎え。©Moomin Characters™

たっぷり外で遊んだあとに今度はじっくり見たいのが、展示施設「コケムス」。ムーミンの世界観を体感できる常設展のほか、現在は、企画展「ムーミンとトーベ・ヤンソン」が展示されています。
物語に出てくるキャラクターの存在、そこに込められた想い、わたしたち日本人も近しいのではないか、と思える自然観。その言葉一つひとつに、知的好奇心が刺激され、もう一度じっくりムーミンの物語を読んでみたい、そしてこのムーミン谷をまた訪れてみたい、と思わせてくれる内容です。

↑ムーミン谷を再現した巨大ジオラマ。©Moomin Characters™

「コケムス」には、北欧の輸入ムーミン雑貨を集めたセレクトショップやカフェも併設されています。セレクトショップの売り場面積、商品数は世界最大級。ここでしか買えないムーミングッズも並んでいるので、ムーミンパークの思い出を持ち帰るのにぴったり。

↑「ムーミン谷の食堂」。テーブル間もゆったりとしたつくりで子連れでも入りやすい。©Moomin Characters™

色とりどりの花火が上がるなか、幻想的な夜の森でパーティーが行われる空間をイメージしてつくられたのが、メインレストラン「ムーミン谷の食堂」。北欧の家庭料理のほか、物語のキャラクターをイメージした料理、スイーツが食べられます。

↑ベビーチェア、テラス席もあり!©Moomin Characters™

↑「ムーミン谷の彗星」のワンシーンをイメージした本格的なハンバーグ。パン付き。1500円(税抜)。©Moomin Characters™

授乳室やおむつ交換台も。赤ちゃん連れでも安心

↑パーク内3カ所にオムツ替えシートあり。ベビーカーのまま入れるスペースが確保された箇所も。©Moomin Characters™

自然豊かな里山地形を活かしてつくられた「ムーミンバレーパーク」ですが、パーク内の道は、フラットに舗装されているので、ベビーカーでも安心です(アトラクションによっては、入り口でベビーカーを預けて入ります)。エントランス近くの「はじまりの入り江エリア」内に授乳室、パーク内3カ所にオムツ替えシートがあるほか、各女性用トイレにはベビーシートも備えられています。

↑入出場自由のメッツアビレッジには、広々とした芝生エリアが。メッツア内で買った商品のみ飲食可なので、ランチにも利用できます。

飲食の持ち込みは、離乳食のみ可。離乳食に加えて「メッツア」内の飲食店で買った商品のみ、ムーミン谷エリア中央に広がる芝生エリアで持参したシートを広げて食べることもできます。メッツアビレッジにもテイクアウトできる飲食店が多数あり、この2つの施設の入出場は自由。レストランが混雑しているときや、お天気がよい日は芝生でのんびりランチもよさそうです。

関連:埼玉のムーミン谷に親子でGO♪「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」

●DATA
ムーミンバレーバーク
〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6
入園料:人1500円(税込)、子ども1000円(税込)、3歳以下無料(園内一部有料アトラクションあり)。
当日販売もあるが、混雑時には入園制限もある。駐車場も台数制限があるため、確実に入れる事前チケットの購入、駐車場の事前予約がおすすめ。
駐車料金:平日1日1500円、土・日・祝日2500円(ともに税込、時間料金もあり)
開園時間:10時~20時
アクセス:西武池袋線飯能駅、またはJR東飯能駅からバスで約12~13分、狭山日高IC
から県道262号線経由5.4km(約12分)。
(取材・文=ひよこクラブ編集部/大武美緒子)

■おすすめ記事
この秋は親子で出かけよう!子どもとのアートの楽しみ方

子育て・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る

赤ちゃんの子育て・育児の人気記事ランキング

関連記事