1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 子どもの具合が悪そうなとき、何を食べさせたらいいの?

子どもの具合が悪そうなとき、何を食べさせたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Ritter75/gettyimages

子どもが胃腸炎や風邪のとき、ママ・パパが悩むのが食事の問題です。「食欲がないけれど、まったく食べさせないわけにはいかないし…。いったい何を食べさせたらいいの?」「さすがにいつもと同じ食事ではダメだよね? やっぱりおかゆ?」などの声が聞かれます。そこで、子どもの具合が悪そうなときの食事について、『ひよこクラブ』の人気連載「すくすく成長日記」の監修でおなじみ、小児科医の若江恵利子先生に聞きました。

関連:赤ちゃんの「初めての熱」 受診すべき熱と突発性発疹、ホームケアのポイント

食事は病気の症状によって変えましょう

子どもが病気のときの食事は、症状の程度によって変える必要があります。基本的には安静を心がけ、温かくて消化のいいものを与えましょう。適切な食事は病気の回復を助けますが、ふさわしくない食事は症状を悪化させたり、回復を遅らせたりするので注意をして。
食事を受けつけない場合は、無理に食べさせなくてOKです。1日食べなくても、栄養失調にはなりません。ただし、糖分と電解質、水は必要不可欠なので、こまめに水分補給を。イオン飲料や、医師の指示のもとで経口補水液(OS-1など)を飲ませて回復を待ちましょう。

胃腸炎の場合

嘔吐が治まったら、消化のいい炭水化物を少量から与えます。おかゆやおじや、煮込みうどんなどがおすすめです。念のため、最初の食事は炭水化物だけにして、嘔吐や下痢を再発しないか様子を見ましょう。大丈夫なら、次から消化のいい野菜や豆腐、脂肪が少ない白身魚や鶏ささ身肉などを加えていきます。つまり離乳食と同じ進め方と考えればわかりやすいですね。
避けたいのは、生のものや消化の悪いもの。ヨーグルトなどの乳製品や納豆、果物などの生もの、油を使った料理などです。果物の中でもみかんやグレープフルーツなどの柑橘類は胃腸によくないので控えて。

風邪・インフルエンザの場合

 発熱時は体から水分が失われるので、欲しがるならこまめに水分補給を。熱が下がり、子どもが「おなかすいた」などと言い出したら、胃腸炎のときと同様に、温かく消化のいいものから与えます。食欲がある程度戻ってきたら、ビタミン類を意識的に与えたいもの。鼻やのどの粘膜強化には、ビタミンAが豊富なレバーやかぼちゃ、にんじん、小松菜などを。疲労回復にはビタミンB1が豊富な豚肉やかれい、大豆などを。抵抗力の強化にはビタミンCが豊富なブロッコリーやパプリカ、いちごなどをとるのがおすすめです。

手足口病・ヘルパンギーナの場合

口やのどに水疱(すいほう)ができるのが特徴なので、症状が悪化すると唾液(だえき)さえ飲み込めなくなることがあります。水分補給を心がけ、刺激の少ないものから与えましょう。いくらトマトが好きな子でも、トマトの酸味は口やのどにしみて痛いはずです。みかんなどのかんきつ系の果物も、刺激が強すぎるので避けましょう。また、よーくかまないと飲み込めないものも、やめておきましょう。のどごしがよく、スルッと食べられるものがいいですね。たとえば、食材なら豆腐や卵、料理ならスープやシチュー、片栗粉や葛粉を使ってとろみをつけた料理も負担が少ないでしょう。

関連:小児科医が今いちばん伝えたい!ことを発信「#インスタ医療団」とは?

病気のときはとにかく安静がいちばん。ママ・パパは「栄養をつけるため何か食べさせないと…」と思いがちですが、胃腸にも安静が必要です。子どもが食べられそうなら、胃腸に無理ない範囲で、温かくて消化のいいものを与えつつ、回復を待てばOK。栄養のあるものを食べさせるのは、子どもの食欲が戻り、ある程度元気になってからで遅くはありません。(取材・文/永井篤美、ひよこクラブ編集部)

監修/若江恵利子先生
医療法人恵徳会あさかクリニック理事長。小児科医。東邦大学大森病院新生児科、愛育病院小児科を経て、栃木県で開業。指導した本に『ちょっと具合のわるいときの子どものごはん』(婦人之友社)がある。

■おすすめ記事
<PR>0歳〜1歳の絵本選び そのコツを、専門家に聞いてみた

赤ちゃん・育児

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃん・育児の人気記事ランキング

関連記事

赤ちゃん・育児の人気テーマ

新着記事